« 「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(27) | トップページ | 「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(29) »

「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(28)

<27>国会中心主義の陥穽

まずは、1932年11月の国民議会議員選挙の結果から。

比較対象は、同年7月の結果です。

社会民主党     133→121

中央党         70→ 70

民主党         4→  2

国家人民党      37→ 52

ドイツ人民党      7→ 11

共産党        89→100

バイエルン人民党  22→ 20

ナチス        230→196

この選挙は、まず投票率が低かった。

年に2度の選挙ということもあり、もはや国民もうんざりしていた。

ナチスは、支持基盤が大きく揺らいだことなどもあって

第1党を維持したものの30議席以上も減らしてしまう。

また、穏健社会主義政党の社会民主党から、

急進社会主義の共産党へ票が移った。

現政権への失望は極に達していたといってもいい。

もはや、今まで通りの連立政権では多数派の確保は不可能であり、

議会運営の観点からナチス、中央党、共産党のいずれかを

政権に引き込まざるを得ない状況であった。

しかし、パーペン首相はそのいずれも拒否したため、

ヒンデンブルク大統領は側近のシュライヒャーを介してパーペンに因果を含めて

首相を変えようと考えた。

目標は、もちろん前選挙後にも候補に上がっていたヒトラーであった。

しかし、ヒトラーは条件をつけた。

以前もこの中で書いた「全権委任法」に大統領も同意するように通告したのだ。

ヒトラーは、政権の弱みに付け込んで全権の掌握を目指したのだ。

ヒンデンブルクも、さすがにそこまでの権限をヒトラーに与えるわけにはいなかった。

その後、中央党にも連立政権参加を呼びかけたがそれにも失敗し、

パーペンを再び首相の座に据えるわけにもいかず、八方塞がりになった。

やむなくヒンデンブルクは、側近よりシュライヒャーを首相に選んで

新内閣を組閣させざるをえなかった。

少数与党の議席がさらに先細るなか、

国民の失望は極右のナチスと極左の共産党、保守派の中央党という、

強力な野党3党に期待をかけていた。

この時点で、ワイマール共和国は有名無実となっていたのかもしれない。

おそらく、ナチスが止めを刺すまでも無く、

「ドイツ社会主義人民共和国」とか、中央党首班による新生「ドイツ共和国」が

ワイマール体勢の屍を越えて生まれていたのだろうから・・・。

« 「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(27) | トップページ | 「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(29) »

「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/7127240

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(28):

« 「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(27) | トップページ | 「ワイマール憲法」とヒトラー、「日本国憲法」と小泉-(29) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ