« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-01-14 | トップページ | 「ホリエモンショック」とトラブル続く東証 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-01-15

中山09R 東雲賞(4上1000万下 芝中(メジャー))

  ◎ ④コスモテナシャス

  ○ ⑪コンドルクエスト

  ▲ ①リンドーロ

 

中山10R ジャニュアリーS(4上1600万下 D短(メジャー))

  ◎ ③ケイアイカールトン

  ○ ④ヴィフォルテ

  ▲ ⑬ゼンノエキスプレス

 

中山11R 京成(3歳GⅢ 芝中(メジャー))

  ◎ ⑦ニシノアンサー

  ○ ⑤ジャリスコライト

  ▲ ②トウショウシロッコ

 本命は、前走同じ条件のOPを勝った⑦。

 時計も優秀でメンバーの中では実力上位。

 対抗は、良血馬⑤。前走は惜しい競馬だったが実力は間違いなく上位。

 3番手は、惜しい競馬の後にようやく未勝利を脱出したばかりの②。

 距離経験があり、相手なりに走る感じがあるので

 ココもいい勝負になると見るが・・・。

 

京都09R 紅梅S(3歳OP 芝短(メジャー))

  ◎ ⑩エアデュシェス   前走悪くない

  ○ ②ツルマルローズ  距離経験買う

  ▲ ⑦マルカアイチャン  勢い感じる

 

京都10R 雅S(4上1600万下 D中(メジャー))

  ◎ ⑪ゼンノパルテノン

  ○ ③クワイエットデイ

  ▲ ⑮トラストジュゲム

 

京都11R 日経新春杯(4上GⅡ 芝長(マイナー))

  ◎ ⑥トウカイトリック

  ○ ⑪スウィフトカレント

  ▲ ②エルノヴァ

 本命は、古馬相手の重賞で惜しい競馬の続く⑥。

 持ち時計に難はあるもののこの斤量ならば今回も充分勝負になる。

 対抗は、条件級ながら持ち時計トップの⑪。

 鞍上も面白いし、条件級で惜しい競馬が続いており、

 この斤量なら格上でも持ち前のスピードが活かせるはずだ。

 3番手は、鞍上強化で悲願の重賞制覇に挑む②。

 前走は惜しい内容だったし、この斤量は確かにやや厳しいものがあるが、

 実力上位で鞍上と噛みあえば逆転も充分。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-01-14 | トップページ | 「ホリエモンショック」とトラブル続く東証 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/8163919

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-01-15:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-01-14 | トップページ | 「ホリエモンショック」とトラブル続く東証 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ