« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-04 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-11 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-05

東京09R TV山梨杯(4上1000万下 芝短(メジャー))

  ◎ ⑦ギミーシェルター

  ○ ①ナスノストローク

  ▲ ⑨グレートパルサー

 

東京10R 金蹄S(4上1600万下 D中マイナー))

  ◎ ⑮タヤスターゲット

  ○ ⑧シャーベットトーン

  ▲ ⑤ラッキーブレイク

 

東京11R 共同通信杯(3歳GⅢ 芝中(メジャー))

  ◎ ⑥フサイチリシャール

  ○ ①アドマイヤムーン

  ▲ ③マッチレスバロー

 本命は、重賞勝ち馬の3頭のうち唯一東京コースで実績のある⑥。

 GⅠ馬でもあることだし目標はまだ先ではあろうが、

 実力上位であることに間違いはない。

 対抗は、4戦4連対と安定した実績を誇る①。

 鞍上も魅力的であるし、前走も負けたとはいえ差の無い内容。評価はできる。

 3番手には、2戦2勝の③。

 距離経験は無いが東京コースも実績があるし、

 1kgの斤量差を活かせれば上の2頭に食い込む余地はあると思う。

 

京都09R 寒梅賞(3歳500万下 D短(メジャー))

  ◎ ⑨イリューシブネス

  ○ ⑫ペリー

  ▲ ②メジロシリング

 

京都10R 西陣特別(4上1000万下 D短(メジャー))

  ◎ ⑪エイシンボーダン

  ○ ⑫ビッグシャーク

  ▲ ③リーサムウェポン

 

京都11R シルクロードS(4上GⅢ 芝短(メジャー))

  ◎ ③コパノフウジン

  ○ ⑫マイネルアルビオン

  ▲ ⑭アイルラヴァゲイン

 本命は、去年秋以降成績充実の③。

 短距離なら芝ダート問わないパワフルな脚が身上だ。

 京都コースも(1-3-0-1)と悪くない。

 対抗は、②①②①でOPまで上り詰めてきた⑫。

 過去にはOPで2着の経験もあり、この斤量なら即通用すると見る。

 3番手は、休み明けを叩いた⑭。

 鞍上に安藤勝己を迎え、末の甘さを解消できれば勝機はある。

 

小倉10R 萌黄賞(3歳500万下 芝短(メジャー))

  ◎ ⑩ミヤジヒート

  ○ ⑥バロンハーバー

  ▲ ⑮ロングフラワー

 

小倉11R 吉野ヶ里特別(4上1000万下 芝中(メジャー))

  ◎ ⑪サクラランサー

  ○ ④ゲイリースティング

  ▲ ⑮アルテシア

 

小倉12R 鳥栖特別(4上500万下 芝短(メジャー))

  ◎ ②セイウンタイヨウ

  ○ ③ダイイチミラクル

  ▲ ⑧ポートクレバー

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-04 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-11 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/8505880

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-05:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-04 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-11 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ