« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-25 | トップページ | 日本は、結局「あの戦争」から何も学んでいないのだろうか? »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-26

中山09R 水仙賞(3歳500万下 芝中(マイナー))

  ◎ ⑫エイシンテンリュー

  ○ ⑪ジェイウォーク

  ▲ ⑭オリオンオンサイト

 

中山10R 木更津特別(4上1000万下 芝短(メジャー))

  ◎ ⑧ソリッドスライダー

  ○ ③セイングレンド

  ▲ ⑦オートゼウス

 

中山11R 中山記念(4上GⅡ 芝中(メジャー))

  ◎ ②グレイトジャーニー

  ○ ⑨カンパニー

  ▲ ⑪クラフトワーク

 本命は、前走惜しい内容だった②。

 中山も実績があり、この距離でも2勝しており充分守備範囲だ。

 対抗は、持ち時計トップの⑨。

 間隔はやや空いたが、去年このレースで2着しているし、

 芝1800m(3-3-0-2)と相性はいい。力を発揮できる状態なら逆転も充分だ。

 3番手は、1年以上の休み明けだが、

 その前には重賞を3連勝している⑪。

 間隔はやはり気になるところだが、中山コース(3-0-1-0)と相性も良く、

 力が発揮できる状態ならこちらにも逆転の目は充分にある。

 

阪神09R すみれS(3歳OP 芝中(マイナー))

  ◎ ⑨アドマイヤジュピタ  前走評価して

  ○ ③ナイアガラ       連勝の勢いで

  ▲ ⑧マイネルアラバンサ 坂もいけそう

 

阪神10R なにわS(4上1600万下 D短(メジャー))

  ◎ ⑤ハシルジョウオー

  ○ ⑯ポジティヴトライ

  ▲ ⑫スリーアベニュー

 

阪神11R 阪急杯(4上GⅢ 芝短(メジャー))

  ◎ ⑩オレハマッテルゼ

  ○ ⑬コスモシンドラー

  ▲ ⑪タマモホットプレイ

 本命は、前走惜しい内容だった⑩。

 阪神でまだ勝ったことはないが、阪神での時計もまずまずだし、

 芝1400m(1-2-0-0)と距離相性も良さそうだ。

 対抗は、連勝でいきなり重賞に挑む⑬。

 坂のあるコースに難があるようにも見えるが、時計自体はそれほど悪くない。

 斤量も他馬より軽めなので、

 そのアドバンテージを生かせれば充分上位は窺える。

 3番手は、芝1400m(3-0-0-2)とこの距離で勝星を稼ぐ⑪。

 脚質的にも渋い馬場に難はあるが、実力は上位。

 雨の降り方次第では逆転の目もある。 

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-25 | トップページ | 日本は、結局「あの戦争」から何も学んでいないのだろうか? »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/8833576

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-26:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-25 | トップページ | 日本は、結局「あの戦争」から何も学んでいないのだろうか? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ