« 日本は、大量消費社会から脱却できないのか? | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-25 »

「新・競馬予想戦記」第2開催を振り返って

2/18の結果

  2勝(春望S、宇治川特別) 1分(大津特別) 3敗

  回収率 46.7%

2/19の結果

  4勝(アメジストS、フェブラリーS、琵琶湖特別、斑鳩S) 3敗

  回収率 94.0%

  今年度回収率 57.1%

  通算回収率 66.0%

 ひとまずは、フェブラリーSを勝利で飾れたのは嬉しい。

 今年度回収率も少しずつではあるが上がってきている。

 まだまだ数字的には不甲斐ないが、まだ開催は11も残っている。

 まだまだ積極的な投資をするわけにはいかない状況だが、

 このまま少しずつでも取り返していきたいです。

 

開催を振り返って

  ①投資額こそ少ないが、小倉が良かった(1回小倉開催通算 102.3%)

  ②第1開催に続いてダート中長距離が良かった(5戦通算 148.0%)

  ③オープン戦が特に悪かった(8戦通算 13.5%)

 1開催で年度回収率は約8%回復。

 そうは言っても、まだ年度回収率は50%台。

 次開催は、条件戦を複勝1点から単勝1点に変更して

 条件戦の方でリスク覚悟の投資策に変更。

 連勝系はまだまだムラが大きいので、しばらくはOP以上を継続。

 原資も目減りしてますから、減額できうる枠連を継続です。

« 日本は、大量消費社会から脱却できないのか? | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-25 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/8791580

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・競馬予想戦記」第2開催を振り返って:

« 日本は、大量消費社会から脱却できないのか? | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-02-25 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ