« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-28

東京08R 鎌倉特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮スターオブニルス
  ○ ⑩サニーネイティブ
  ▲ ⑯ドラゴンアロー

東京09R むらさき賞(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮ソーユアフロスト
  ○ ⑬サンレイジャスパー
  ▲ ⑫シルクタイガー

東京10R 東京優駿(日本ダービー)(3歳GⅠ 芝長(マイナー))
  ◎ ②メイショウサムソン
  ○ ③ロジック
  ▲ ④マルカシェンク
 本命は、皐月賞よりも血統的に今回の方が向きそうな②の2冠に期待。
 父、母父ともに欧州馬といまどきの日本ではちょっと珍しい配合。
 ある意味3冠へ向けて最大の難関を突破したと考えるべきかも。
 対抗は、距離経験に不安は残るもののいまだ4着以下の無い堅実派の③。
 配合的にはスピード優位で、距離に不安はあるが、
 相手なりに堅実に走れそうなので、
 ここでの騎手変更はさほど気にする必要もなさそうだし、
 何よりもオッズ的においしいのは魅力的だ。
 3番手は、休み明けを1つ叩いた④。
 休み明けの前走も5着とはいえ上がり3ハロン33秒台の豪脚で0秒2差まで迫った。
 初の長距離輸送に不安も残るが、距離もさほど問題はなさそうだ。

東京11R 秋川特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑧ロードアルティマ
  ○ ①カラメルアート
  ▲ ④サクライナセ

東京12R 目黒記念(3上GⅡ 芝長(マイナー))
  ◎ ⑯グレートボヤージュ
  ○ ④フィヨルドクルーズ
  ▲ ⑧アイポッパー
 条件級の軽ハンデ馬の多い1戦。
 長距離戦ということで1発逆転を狙っている馬が多そうだ。
 その中で本命は、条件級だが連勝中の⑯を抜擢。
 時計も無いし、騎手も初騎乗だが左回りで5勝を挙げる左巧者。ここも勝機はある。
 対抗は、これまた条件級だが前走牝馬限定戦とはいえ
 差の無い3着に食い込んだ④。
 距離実績もいちおうあるし、最軽量52㎏も魅力的だ。
 3番手には、天皇賞4着馬⑧。
 トップハンデ57.5kgも鞍上が魅力的だし、なんといっても実績上位だ。
 また、連対率も高いのでここでも安定した力を発揮してくれることだろう。

中京09R こでまり賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮キルシュワッサー
  ○ ⑰メジログラーヴェ
  ▲ ③テイエムクリスタル

中京10R 名古屋城S(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ③ブルーフランカー
  ○ ⑭ゼンノストライカー
  ▲ ⑪ボードスウィーパー

中京11R 有松特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧ナイスハンド
  ○ ⑤プロンタテヤマ
  ▲ ⑥フレアリングベスト

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-21

5/20の結果
  4勝(小牧特別、わらび賞、邁進特別、二王子特別) 1分(秩父特別) 4敗
  回収率 70.0%

5/21の結果
  4勝(フリーウェイS、富嶽賞、白藤賞、荒川峡特別) 7敗
  回収率 48.0%
  年間回収率 51.4%
  通算回収率 63.4%

 複勝での高配当がいくつかあるものの、
 相変わらずOP以上での馬連が取れない。
 単勝がわりと当っているようなので、
 今週から2場開催でもあることだし、条件戦を単勝1点買いにしてみるが、
 OPが5戦と多いので、やはり1発馬連で当てたいところだ。

東京08R 牡丹賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥カイシュウタキオン
  ○ ③フュノンガルウ
  ▲ ⑦セタガヤフラッグ

東京10R 青嵐賞(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑦リキアイサイレンス
  ○ ④チョウカイフライト
  ▲ ⑧ヨシサイバーダイン

東京11R 欅S(3上OP D短(メジャー))
  ◎ ①チョウカイロイヤル 近走内容堅実
  ○ ⑧タイキエニグマ   1つ叩いて
  ▲ ⑮カフェオリンポス   鞍上戻って

中京09R 御嶽特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑩ナリタプレリュード
  ○ ⑥セトノシェーバー
  ▲ ⑫ドラゴンアイズ

中京10R 白百合S(3歳OP 芝中(メジャー))
  ◎ ③マイネルポライト  前走惜しい内容
  ○ ⑫ソリッドプラチナム 勝った勢いで
  ▲ ⑯マストビートゥルー 馬場経験利して

中京11R 金鯱賞(3上GⅡ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥ローゼンクロイツ
  ○ ②アサカディフィート
  ▲ ⑧タイガーカフェ
 本命は、時計上位の⑥。唯一連対率50%以上で安定感も感じさせる。
 前走はやはり距離が長かったのだろうが、この距離なら勝てそうだ。
 対抗は、連闘で2週連続GⅡの②。
 連投に不安はあるが、持ち時計3位で力さえ発揮すれば当然争覇圏内だ。
 3番手は、再昇級戦となる⑧。
 弟のフサイチジャンクが話題だが、兄にもここは力を見せてもらいたいところだ。
 中京は初めてだが時計はいいものを持っているので、
 自分の走りをすれば上位も見込める。

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-21

東京08R カーネーションC(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑯メジロレント
  ○ ⑮ホーリーミスト
  ▲ ⑤メタルビーズ

東京09R 日吉特別(4上1000万下 D短(マイナー))
  ◎ ⑦ユノナゲット
  ○ ⑮ゲイリーリボルバー
  ▲ ②ジャガーノート

東京10R フリーウェイS(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬カタナ
  ○ ④エイシンデピュティ
  ▲ ⑯ピサノグラフ

東京11R 優駿牝馬(オークス)(3歳GⅠ 芝長(マイナー))
  ◎ ⑰キストゥヘヴン
  ○ ⑬アドマイヤキッス
  ▲ ⑨カワカミプリンセス
 今年の3歳牝馬は低レベル。
 トライアルで1勝馬が権利を取ってくるあたりにもそれが現れている。
 というわけで、1勝馬の③④、500万勝馬の①⑫⑯をバッサリで、
 実質13頭立てと見る。
 その中で本命は、桜花賞馬⑰。
 連勝中で勢いがある上に、いまだ連を外していない。
 連軸にはもってこいの馬といえるだろう。
 対抗も桜花賞2着の⑬で、もはや勝負付けはほぼ決まったと読む。
 割って入れそうな馬は、3戦3勝と勢いに乗る「遅れてきた女」⑨。
 ローテーションは気になるが、勢いだけなら劣らない。
 あとは実力がそれに伴えば、
 体重変化の極端な⑬を凌駕する可能性もあると見る。

東京12R 富嶽賞(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦スプートニク
  ○ ⑪ジュラナスリング
  ▲ ④ヤナギムシ

中京09R 白藤賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②マイネルスパーダ
  ○ ⑧リキサンポイント
  ▲ ⑦バンブーウエファ

中京10R 桶狭間特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③サンライズアタック
  ○ ⑥エムオーウイナー
  ▲ ⑬ナイキフェイバー

中京11R 東海S(3上GⅡ D長(マイナー))
  ◎ ⑩マイネルボウノット
  ○ ⑦アサカディフィート
  ▲ ⑤ヒシアトラス
 本命は、唯一この距離で実績のある⑩。
 今回休み明けとはいえ、交流重賞を連続連対して勢いもある。
 D2000m以上なら実力上位と見る。
 対抗は、ダートでもいちおう実績のある⑦。
 血統は完全なアメリカ血統で、ダートも充分走る素養はある。
 前々走⑩に次ぐ3着という実績もあり、まだまだ脚は通用すると見る。
 3番手は、この距離の持ち時計トップである⑤。
 近走成績も安定しており、ここも普通に考えれば実力上位だ。

新潟10R 荒川峡特別(4上500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑤ラムタラプリンス
  ○ ⑦バンチフラワー
  ▲ ⑥シベリアンエンゼル

新潟11R 中ノ岳特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ②シャイニングピアス
  ○ ⑤ビッググラス
  ▲ ⑥ゴッドセンド

新潟12R 湯沢特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮ドルバコ
  ○ ②リキアイダンディ
  ▲ ④キクカネイチャ

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-20

東京09R ガーベラ賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑫ストームシャドウ
  ○ ④ダノンウイングス
  ▲ ①ワイキューブ

東京10R 秩父特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨グレートボヤージュ
  ○ ②カフェベネチアン
  ▲ ⑦タイムレスワールド

東京11R 立夏S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮ケージーアジュデ
  ○ ⑩シーキングザベスト
  ▲ ⑦モンテタイウン

中京09R 小牧特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧テイエムサッカー
  ○ ③マイジョーカー
  ▲ ④アドマイヤサンサン

中京10R 昇竜S(3歳OP D中(メジャー))
  ◎ ⑭フィールドオアシス 成績安定
  ○ ⑨メイショウシャフト  時計重視
  ▲ ⑦ツルマルスリー   連勝の勢いで

中京11R TV愛知オープン(3上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮テイエムチュラサン 1つ叩いて
  ○ ⑧ワイルドシャウト   連勝の勢いで
  ▲ ⑩カネツテンビー    中京は合う

新潟10R わらび賞(3歳500万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑮シルクウィザード
  ○ ⑬ピースオブレグルス
  ▲ ⑫マイイージス

新潟11R 邁進特別(4上1000万下 芝短(マイナー))
  ◎ ⑯プリティメイズ
  ○ ⑦シアトルビューティ
  ▲ ⑭ミスホーユー

新潟12R 二王子特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨ペネトレーター
  ○ ③スズサンシャイン
  ▲ ⑮ミヤコノカーン

「新・競馬予想戦記」第5開催を振り返って

5/13の結果
  4勝(朱雀S、春日山特別、飛竜特別、八海山特別) 6敗
  回収率 45.4%

5/14の結果
  5勝(八ヶ岳特別、清里特別、下鴨S、赤倉特別、五泉特別) 5敗
  回収率 68.6%
  年間回収率 51.1%
  通算回収率 63.4%

 土日ともに新潟がプラス収支も、
 相変わらず連勝式が当らず回収率の上昇は微小。
 購入額ウェイトの大きい連勝式が当らないことには、
 回収率の上昇は望めないのだが…。
 開催替わりなので、ひとまず第1週は様子見で買い方は変えず。

今開催を振り返って
 ①1000万下が良かった。(24戦通算117.9%)
 ②芝長距離が良かった。(8戦通算112.5%)
 ③1600万下で回収できず…。(11戦通算0.0%)
 ④3歳戦が相変わらず奮わない(18戦通算22.6%)
 ⑤ダート戦が悪い。
  (D短距離:11戦通算42.5% D中長距離:8戦通算32.5% D全体38.2%)
 相変わらず連勝式が奮わない。
 先週の結果でも書いたが、購入額ウェイトが大きいので、
 外したときのダメージが大きい。
 計算上は全レース馬連で買っても42%台とかなり悪いので、
 出血はそれなりに抑えているとも言えるが、
 逆に言えばそれだけ当っていないということ。
 単勝・複勝はそれなりなので、予想自体が悪いわけではないのだろうが、
 全レース単勝もしくは複勝で買うというの味気無い。
 買い方自体はもうしばらく変えられそうにないので、
 まだしばらくは大幅な上昇は見込めないかもしれない。厳しい戦いが続きます。

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-14

東京09R 八ヶ岳特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮マヤノグレイシー
  ○ ③コンドルクエスト
  ▲ ⑫キャピタルフライト

東京10R 丹沢S(4上1600万下 D中(マイナー))
  ◎ ②スマートストリーム
  ○ ⑨マイネルマリク
  ▲ ⑦タイラントシチー

東京11R ヴィクトリアマイル(4上GⅠ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥ラインクラフト
  ○ ⑱エアメサイア
  ▲ ⑪ロフティーエイム
 まず本命であるが、大崩れのない⑥には逆らえない。
 距離はぎりぎりっぽいが、牝馬限定ならなんとかなるのでは・・・。
 対抗は、4歳の双璧のもう片方⑱。
 こちらは⑥とは逆にやや短い印象もあるが、地力上位なのは前走からも明らか。
 3番手には、前走格上挑戦で重賞制覇して勢いに乗る⑪。
 鞍上も強化で陣営も気合が入っているだろう。
 近走も条件戦込みとはいえなかなか充実した内容。鞍上に期待大だ。

東京12R 清里特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ①プリンスコウベ
  ○ ⑭トーセンフレンド
  ▲ ⑨セトノシェーバー

京都09R 葵S(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩ウインレジェンド  前走惜しい内容
  ○ ⑨ゴービハインド   芝さえこなせば
  ▲ ④プレザントウインド 距離実績買う

京都10R 下鴨S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ①マヤノライジン
  ○ ⑤フェイトトリックス
  ▲ ⑧ピカレスクコート

京都11R 栗東S(4上OP D短(メジャー))
  ◎ ⑧ミリオンベル    この距離で4勝
  ○ ⑦シルヴァーゼット  近走内容充実
  ▲ ⑬ステンカラージン 持ち時計はいい

新潟10R ゆきつばき賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦テンザンジョイ
  ○ ⑧タガノアルサルディ
  ▲ ⑪ケイアイデジタル

新潟11R 赤倉特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑭フォルテベリーニ
  ○ ⑧ジャッキーテースト
  ▲ ⑪モニュメンタル

新潟12R 五泉特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪タイニーモデル
  ○ ⑫マイネシャーナ
  ▲ ②ローリーポーリー

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-13

5/6の結果
  1勝(祇園特別) 8敗
 回収率 9.3%

5/7の結果
  2勝(陣馬特別、矢車賞) 8敗
 回収率 38.1%
 年間回収率 50.7%
 通算回収率 63.5%

 今週は日曜が特に良くなかった。
 新潟が特にひどく、完敗に等しい状態。
 なんとか年間回収率は50%キープも、再び危険な状態。
 今週はひとまず当てに行くということで、
 条件戦は複勝1点買い、OP以上は原則馬複3頭BOXで行きます。

東京09R 夏木立賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③サイバーキングダム
  ○ ⑥ソングオブウインド
  ▲ ④ニシノフリーダム

東京10R 是政特別(4上1000万下 D中(マイナー))
  ◎ ⑭ハウンドコップ
  ○ ⑤ユメノシルシ
  ▲ ⑨バックオフゴー

東京11R 京王杯スプリングC(4上GⅡ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑫オレハマッテルゼ
  ○ ⑨シンボリグラン
  ▲ ③グレイトジャーニー
 本命は、前走高松宮記念を勝って勢いに乗る⑫。
 斤量はやはり気になるところだが、
 東京で4勝という高い馬場適性で乗りこなせるのではと見る。
 対抗は、鞍上に期待の⑨。
 前走こそ初のGⅠということで案外の成績だったが、
 この距離で2勝の実績を挙げている。騎手も騎手なので逆転も充分と見る。
 3番手は、近走内容の充実している③。
 左回りに実績がないのは気がかりではあるが、
 前走勝った勢いで上位食い込みに賭けてみたい。

京都09R 京都ジャンプS(4上JGⅢ 障害(マイナー))
  ◎ ⑫イブキリムジンオー
  ○ ⑬マウントフォンテン
  ▲ ⑪スプリングゲント
 本命は、休み明けを1つ叩いた⑫。
 平地でOPまで行った地脚の高さが発揮されれば上位は当然だろう。
 対抗は、前走未勝利を脱出した⑬。
 こちらの地脚もなかなかだが、障害転戦後は③③①と堅実。
 ジャンプセンスも悪くないし、斤量も軽いのでチャンスは充分と見る。
 3番手は、障害転戦ご3連勝中の⑪。
 斤量が重めなので3番手に落としたが、地脚もあるし逆転も充分だ。

京都10R 白川特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑫ヒシルーシッド
  ○ ④リキアイサイレンス
  ▲ ⑧トウカイエリート

京都11R 朱雀S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ②サイキョウワールド
  ○ ⑰クリノワールド
  ▲ ⑮マルカジーク

京都12R 御池特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑭マルトク
  ○ ②タータンフィールズ
  ▲ ⑪ヒカイアイ

新潟08R 春日山特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ④フルヴィクトリー
  ○ ⑧ヤマカツピレネー
  ▲ ⑤ロングゴージャス

新潟10R 飛竜特別(4上500万下 芝短(マイナー))
  ◎ ⑫ドルバコ
  ○ ⑩ワシントンザクラ
  ▲ ①ローズギャラリー

新潟11R 八海山特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑭カリスマサンキセキ
  ○ ③チアズヒカリ
  ▲ ①アーマメント

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-07

東京09R 陣馬特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑥チェストウイング
  ○ ⑦チョウカイフライト
  ▲ ①メジロガンバス

東京10R サウジアラビアロイヤルC(4上OP D短(マイナー))
  ◎ ⑫チョウカイロイヤル 近走内容充実
  ○ ⑥メテオバースト    鞍上戻って
  ▲ ⑩ウインセイヴァー  連勝の勢いで

東京11R NHKマイルC(3歳GⅠ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑱フサイチリシャール
  ○ ①マイネルスケルツィ
  ▲ ⑥ロジック
 本命は、去年の2歳王者⑱。
 3歳になって惜しい内容のレースが続くが、
 唯一のGⅠ馬としてこの距離では負けられない。
 対抗は、連勝でトライアルを制覇した①。
 鞍上もこの馬の全連対を稼ぐ柴田(善)騎手で相性も抜群だ。
 3番手は、名手武豊を鞍上に迎える⑥。
 今ひとつ決め手を欠くところも見られるが、
 相手なりには走れそうなのでここも少なくとも大崩れは無いだろう。

東京12R 青梅特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮グランプリオーロラ
  ○ ④スターボイジャー
  ▲ ⑫ゲイリーリボルバー

京都09R 矢車賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ④ブルーメンブラット
  ○ ⑤フェリーク
  ▲ ⑧リッカアリアラ

京都10R 高瀬川特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ③コレデイイノダ
  ○ ⑪ドラゴンアイズ
  ▲ ⑧オッティミスタ

京都11R 都大路S(4上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤スターイレブン   この斤量なら
  ○ ①ブラックカフェ    勢い感じる
  ▲ ⑩トップガンジョー  OPなら

新潟08R 早苗賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥エイプリルウインド
  ○ ①マイネルスパーダ
  ▲ ④リキサンポイント

新潟11R 大日岳特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③ケイアイボイジャー
  ○ ⑨シアトルビューティ
  ▲ ⑩メジロモーガン

新潟12R 加治川特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③エレアシチー
  ○ ⑤エイシンインパール
  ▲ ⑥シルクグラビティー

「新・中央競馬予想戦記」 2006-05-06

4/29の結果
  2勝(青葉賞、洛陽S) 7敗
  回収率 90.0%

4/30の結果
  2勝(天皇賞(春)、桃山特別) 9敗
  回収率 45.3%
  年間回収率 52.4%
  通算回収率 64.0%

 相変わらず実際に来る馬と馬券が噛み合わない。
 どういうわけかワイドが調子がいいのだが、
 ゴールデンウィークで資金補充がまだできていないので、
 もう1週買い方は変えず(というか変えられず)に行きます。

東京09R 金峰山特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥ヒカルベガ
  ○ ⑫グレートパルサー
  ▲ ②スプートニク

東京10R 府中S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧ソーユアフロスト
  ○ ⑥タイガーカフェ
  ▲ ②ヤマニンベルメイユ

東京11R プリンシパルS(3歳OP 芝中(メジャー))
  ◎ ⑦トップオブツヨシ 左回り向く
  ○ ⑮マジックアワー  前走惜しい内容
  ▲ ②ゴールドキング  距離は向く

京都09R 祇園特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦ロードアルティマ
  ○ ②グレイシアブルー
  ▲ ①マヤノスターダム

京都10R 上賀茂S(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑬スカーレットベル
  ○ ⑧サワノブレイブ
  ▲ ⑩トラストジュゲム

京都11R 京都新聞杯(3歳GⅡ 芝中(マイナー))
  ◎ ③マルカシェンク
  ○ ⑥アエローザ
  ▲ ①アペリティフ
 本命は、実績ダントツの③。
 休み明けではあるが、今日で2勝しているし、距離以外は問題ないだろう。
 対抗は、デビューから2連勝でこの距離にも実績のある⑥。鞍上も魅力だ。
 3番手は、掲示板を外したことのない①。
 重賞でも悪くない内容を残しており、鞍上とも相性が良さそうなので逆転も望める。

新潟10R 米山特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①ヒョウタンジマ
  ○ ⑬リキアイダンディ
  ▲ ⑮ニシノツキカゲ

新潟11R 新潟大賞典(4上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑤オースミグラスワン
  ○ ⑩エイシンドーバー
  ▲ ②コンゴウリキシオー
 本命は、ひとまずクラス慣れした感じの⑤。
 距離はもう少しある方が良さそうだが鞍上との相性も悪くないし、
 このメンバーなら勝負になると見る。
 対抗は、休み明けだが時計はなかなかの⑩。
 前走は⑤よりも前でゴールしているし、仕上がり次第では逆転も充分。
 3番手は、前走久しぶりに連対した②。
 馬場は平坦の方が向きそうだし、1つ叩いた上積みは大きいと見る。

新潟12R 高田城特別(4上500万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑤タイキフェアレディ
  ○ ⑭ドリームスペクター
  ▲ ⑧ゴッドヘイロー

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ