« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-01 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-08 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-02

福島09R 猪苗代特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑪ヒシハイグレード
  ○ ⑫オーロブライト
  ▲ ⑦チアズアビリティー

福島10R 白河特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ②シンボリウエスト
  ○ ⑤エイシンライトゥン
  ▲ ⑦コスモジャイブ

福島11R ラジオNIKKEI賞(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑦アサクサゼットキ
  ○ ①ブロンコーネ
  ▲ ⑩ソングオブウインド
 本命はこの距離に実績があり、かつ大崩れのない⑦。
 初OPで時計もそれなりだが、
 直線の短い福島コースではその粘り強い逃げ足が遺憾なく発揮されそう。
 対抗は、牝馬限定とはいえGⅡ2着の実績を持つ①。
 メンバー中唯一福島1800mでの勝利実績もあり、
 勝負強いところもあるので斤量に恵まれた今回は勝負になる。
 3番手は、4着以下の無い安定株の⑩。
 こちらも初OPではあるが、安定した実績から見てここでも充分勝負になりそうだ。

京都09R 御室特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑦ホッコーソレソレー
  ○ ⑤ディアチャンス
  ▲ ③ブライトトゥモロー

京都10R 糺の森特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ③ソウルサバイヴァー
  ○ ⑩ハギノプレシャス
  ▲ ⑪スナークファルコン

京都11R 米子S(3上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ③ワディラム     時計はなかなか
  ○ ⑨エムエスワールド 鞍上魅力
  ▲ ①サイドワインダー 実力上位

函館10R 北海ハンデキャップ(3上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ①オルドリーバ
  ○ ②ロングセンチュリー
  ▲ ④ウォーライクトニー

函館11R 函館スプリントS(3上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬プリサイスマシーン
  ○ ⑧タニノマティーニ
  ▲ ⑥シーイズトウショウ
 本命は近走勝ちきれない競馬が続く⑬。
 その中でも、高松宮記念4着は光っている。
 これを見ても、1200mは充分守備範囲だろうし、
 未経験とはいえ、力のいる函館の芝はこの馬には向くと思われる。
 ここはむしろチャンスだ。
 対抗は、函館1200m3勝の実績を持つ函館巧者⑧。
 休み明けを1つ叩いて上積みも望めそうだし、
 何より得意のコースなので今回は勝負駆けだろう。
 3番手は、牝馬初の同一重賞3連覇に挑む⑥。
 牝馬としてはやや厳しい斤量ではあるが、
 スピードは現役でも屈指のもの。当然逆転も充分だろう。

函館12R 恵山特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑤ナリタプレリュード
  ○ ②エアサンタムール
  ▲ ③シルクウィザード

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-01 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-08 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/10752692

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-02:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-01 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-07-08 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ