« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-16 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-18 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-17

中山09R 江戸川特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑧ワキノエクセル
  ○ ③ハードオブプレイ
  ▲ ⑥ハルクバニヤン

中山10R 上総特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①マシェリク
  ○ ⑭ビッグカポネ
  ▲ ⑬グレートパルサー

中山11R セントライト記念(3歳GⅡ 芝中(マイナー))
  ◎ ②キストゥヘヴン
  ○ ⑩ニシノフリーダム
  ▲ ⑤トウショウシロッコ
 2年連続3冠馬誕生の期待がかかる今年の3歳牡馬クラシック路線。
 例年出涸らしのようなメンバーが出てくるセントライト記念だが、
 今年もその傾向は継承されている。
 というわけで、牝馬ながら桜花賞を勝っている
 いちおう実績最上位の②を本命に狙ってみる。
 芝2400mの時計も牡馬と混ざっても遜色無いし、
 メンバー中唯一の重賞馬でもあり、距離さえこなせば充分勝てる相手だ。
 対抗は、休み明けの2勝馬だが5戦して4着以下の無い⑩。
 距離経験があるのが強みで、鞍上との相性も良いので状態充分なら勝負になる。
 3番手は、古馬と混じっての1600万下で惜しい競馬をしてきた⑤。
 秋に入って実力開花ということになれば、逆転も充分と見る。

中京09R 野路菊S(2歳OP 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥タキオンプリンセス
  ○ ⑨イフウドウドウ
  ▲ ⑤ケイアイマイスキー

中京10R 新涼特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑮メイショウウーキー
  ○ ⑪イセノイチ
  ▲ ⑧シゲルダンプウ

中京11R ローズS(3歳GⅡ 芝中(メジャー))
  ◎ ③ソリッドプラチナム
  ○ ⑬アドマイヤキッス
  ▲ ⑫ステラマドリード
 本命は、マーメイドSで古馬に混じって軽ハンデの利があったとはいえ
 見事に勝ちきった③。
 持ち時計も優秀で、状態充分なら斤量が増えても3歳牝馬相手なら勝負になる。
 対抗は、桜花賞2着の世代上位馬⑬。
 鞍上も魅力的だし、成績も安定しているので
 休み明けでもそれなりに走ってくれるだろう。
 3番手は、ラジオNIKKEI賞で牡馬に混じって善戦した⑫。
 中京2000mでの勝利実績もあり、
 本番はともかくここなら地の利を生かして勝機を見出せると考える。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-16 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-18 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/11925103

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-17:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-16 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-18 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ