« 日本映画 「出口のない海」 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-01 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-30

09/23の結果
 2勝(トリトンS、グリーンチャンネルC) 7敗
  回収率 22.7%

09/24の結果
 4勝(習志野特別、秋分特別、刈谷特別、朝里川特別) 1分(HTB賞) 4敗
  回収率 55.5%
  年間回収率 57.2%
  通算回収率 63.4%

 土曜日がさっぱりも、日曜日若干盛り返して年間回収率はほぼ現状維持。
 問題が無いわけではないが、ひとまず今週で開催終わりなので
 ひとまず買い方は変えず。というより、どう変えていいものかわからず…。

中山09R 芙蓉S(2歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ①ローズオットー
  ○ ⑫ランドフーガ
  ▲ ⑪マイネシャリマー

中山10R 九十九里特別(3上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ③ペネトレーター
  ○ ⑫ゴールドフォイル
  ▲ ④タイムレスワールド

中山11R ながつきS(3上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑦トラストジュゲム
  ○ ④メイショウホウオウ
  ▲ ⑥ラッキーブレイク

中京08R 美作特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②ワンマンシャチョウ
  ○ ⑤マイジョーカー
  ▲ ①ミスティックリバー

中京10R ききょうS(2歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤コウセイカズコ
  ○ ⑥マイネルサニベル
  ▲ ③カズノトップロード

中京11R シリウスS(3上GⅢ D中(メジャー))
  ◎ ③サンライズキング
  ○ ②メイショウバトラー
  ▲ ⑦アンドゥオール
 本命は、この距離で時計優秀な③。
 前走こそOP勝ちではあるが、今回もハンデ戦で斤量も標準。
 近走の勢いもなかなかのもので、これは勝負になるだろう。
 対抗は、斤量差で対抗も本命と互角以上の力を持つ②。
 ダート転向後重賞を連勝中で、今回は牝馬としては背負わされているが、
 それゆえに力は充分に認められているといえるだろう。
 3番手は、D1700m4勝の実績を持ち、時計もなかなかの⑦。
 近走は案外な成績が続いているが、数少ない中京での実績を持つ同馬。
 斤量が物語るようにここでも実力は上位と見る。

札幌10R 恵庭岳特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨クールビズティー
  ○ ④ゲイルバニヤン
  ▲ ③モンブランカフェ

札幌11R 札幌2歳S(2歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧ナムラマース
  ○ ⑨イクスキューズ
  ▲ ③ニシノプライド
 本命は、5戦連続連対中で2連勝中の⑧。
 前走は同じ条件のOPを勝ち、時計も上位なので3連勝は充分。
 対抗は、2戦2勝の⑨。
 新馬→OPと連勝で距離経験もある。
 時計も重馬場のものなので、今回は勢い込みで逆転充分と見る。
 3番手は、2戦2連対の馬のうち距離経験のある③を推す。
 時計も悪くないし、鞍上との相性も良さそうなので充分勝ち負けしてくると見る。

札幌12R 道新スポーツ杯(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑫ビッグクラウン
  ○ ⑥バンダムロッシ
  ▲ ④メテオグローリー 

« 日本映画 「出口のない海」 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-01 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/12086772

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-30:

» キャッシュフロー投資競馬はこんなにすごい! [キャッシュフロー投資競馬 極秘マニュアル]
今までいくつかのダメ商材を見てしまっていたので、「競馬商材なんてこんなもんだろうな」と思っていました。 [続きを読む]

« 日本映画 「出口のない海」 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-01 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ