« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-18 | トップページ | アメリカ映画 「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」 »

日本映画 「日本以外全部沈没」

いや~、日本にもいるもんですねぇ。

こういうオバカ映画撮る人。それに出る人も出る人だよ。

日本の映画は芸術志向でつまらないと、私はよく書いている。

まさにこれは対極にあるもので、

芸術の欠片も無いタイトルを見たまんまの見事なパロディー。

内容は簡単に言うと、日本以外のほとんどの陸地が沈没して、

それらの国の国民が難民として日本に流れ込んできてどうなった、といった感じ。

ところどころに笑えない箇所(日本が以下に外国に頼っているかがわかる)

こそあるものの、全体的な内容はいたっておチープ。

ガイジン俳優のそっくりさんや、イジリー岡田、デーブ・スペクターなど

使っている俳優も基本的にはおチープだし、

特撮なんかもCGを使わずミニチュアを使うという徹底的な低予算設計。

でも、なんかおかしいんだよねぇ。

この前、海外で日本人が作った日本を自虐的に哂うショートフィルムが

注目されているというような内容のことをテレビでやっていたが、

これも内容的には似た感じに見える。

この面白さをきちんと伝えられない自分の表現力の拙さに、もどかしさを覚える。

私がもっとも面白いと思ったのは、科学者田所教授役の寺田農。

テレビではなかなか見られない見事なまでの壊れっぷりは、一見の価値あり。

でも、できれば映画館ではなくDVDやビデオが出てから自宅で観て、

思いっきり馬鹿笑いすることをオススメする。

あんなオバカ映画を静かに観るのは、正直ちょとしたストレスだ。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-18 | トップページ | アメリカ映画 「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画 「日本以外全部沈没」:

» ★「日本以外全部沈没」 [ひらりん的映画ブログ]
予定通り、「ワイルド・スピードTokyo〜」ではなく、 こちらの作品をチネチッタの公開初日2006.09.16にナイトショウ(0:00〜)で観て来ました。 「日本沈没」の超・パロディ・・・ ブラックたっぷりそうなコメディに、ひらりんは耐えられるか??? [続きを読む]

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-09-18 | トップページ | アメリカ映画 「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ