« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-14 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2/006-10-21 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-15

東京09R 山中湖特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨ソリッドスライダー
  ○ ⑤セイングレンド
  ▲ ⑩カームブレイカー

東京10R オクトーバーS(3上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑪トウカイエール
  ○ ③ドリームパートナー
  ▲ ④チェストウイング

東京11R 府中牝馬S(3上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧ディアデラノビア
  ○ ⑦マドモアゼルドパリ
  ▲ ⑤レクレドール
 本命は、休み明けの前走も惜しい内容だった⑧。
 今回は牝馬限定戦ということもあって、次に向けてむしろ負けられない1戦だろう。
 対抗は、あえて条件級から近走内容の充実している⑦を抜擢。
 条件級にして東京1800mで1分46秒台を出しており時計は優秀だ。
 このメンバーに混じっても、この時計を出せれば充分勝負になる。
 3番手は、こちらも前走牡馬相手に好走した⑤。
 東京での実績に乏しいものの、実力上位でここは当然勝負になる。

京都09R 壬生特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩チリエージェ
  ○ ⑤シルクドラグーン
  ▲ ④ガーネットスター

京都10R 京洛S(3上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑧マッチメイト
  ○ ⑥メイショウトッパー
  ▲ ⑨アンバージャック

京都11R 秋華賞(3歳GⅠ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨アドマイヤキッス
  ○ ②ソリッドプラチナム
  ▲ ⑫カワカミプリンセス
 本命は、前哨戦のローズSを勝って春の雪辱を誓う⑨。
 鞍上、臨戦過程、実績とも文句は無く、あと必要なのはGⅠ馬の勲章のみ!
 対抗は、斤量差こそあれ同じ距離を古馬相手に勝ち上がっている②。
 鞍上が変わって不安は残るものの、京都で重賞を勝っている唯一の馬だ。
 3番手は、4戦無敗のGⅠ馬である⑫。
 今回は休み明けということで若干評価は下げたが、
 力量的には上位なので逆転は充分にありうる。

京都12R 天王山特別(3上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑪スリーアベニュー
  ○ ⑥エイシンイーデン
  ▲ ④アグネスボゾン

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-14 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2/006-10-21 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/12288592

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-15:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-10-14 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2/006-10-21 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ