« アメリカ映画 「父親たちの星条旗」 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-11-04 »

「新・競馬予想戦記」第11開催を振り返って

9/28の結果
 1勝(奥只見特別) 1分(萩S) 7敗
  回収率 28.2%

9/29の結果
 2勝(白秋S、保津峡特別) 9敗
  回収率 60.9%
  年間回収率 59.6%
  通算回収率 64.0%

 前半の良さで調子に乗りすぎて見事に貯金を失くしてしまいました。
 年間も再び60%を割り、相変わらずの厳しい状態。
 残り2開催で、けっこう大きいのを取っていかないと80%はおろか、
 70%も難しい展開になってきました…。

開催を振り返って
  ①今開催も1600万下が良かった。
   
おそらく1000万下の馬が強制的に出させられるように
   変わったからではないかと思われる。  (11戦通算222.1%)
  ②ダート、特に長距離が良かった。
   (ダート全体:18戦通算102.3% ダート長距離:7戦通算257.3%)
  ③京都コースで高配当があったため高回収率。(27戦通算132.2%)
  ④500万下が悪かった。(13戦通算20.7%)
  ⑤芝中距離も悪かった。(17戦通算21.3%)
 今開催はいい面が少なくなかったが、購入金額も多かったために
 1度悪くなると落ちるのも早かったのでそれほどいい数字にならなかった。
 やはり前半2週と後半2週という単位で馬券戦略を考えていくのが、
 今年の私には合っているようだ。
 とはいえ、今月は口座にもあまりお金が無いし、
 開催替わりとはいっても競馬場が変わるわけではないので、
 調子のいい前半戦だからといってあまり期待はできない。
 ひとまず、条件戦は3連複1点買い、オープン以上は枠連で買うという、
 かなり消極的な入り方で様子見をしてみようかと…。

« アメリカ映画 「父親たちの星条旗」 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-11-04 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/12547035

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・競馬予想戦記」第11開催を振り返って:

« アメリカ映画 「父親たちの星条旗」 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2006-11-04 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ