« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-12-16 | トップページ | アメリカ映画 「エラゴン 遺志を継ぐ者」 »

「新・中央競馬予想戦記」 2006-12-17

中山10R アクアラインS(3上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ②スリーアベニュー
  ○ ⑭ダイワティグリス
  ▲ ⑩シュウマノチカラ

中山11R フェアリーS(2歳GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮クーヴェルチュール
  ○ ③ニシノマオ
  ▲ ⑪ビーアデビル
 本命は、メンバー中唯一の3勝馬⑮で決まり。
 しかも勝鞍も全て芝1200mで、坂さえこなせば実績がものを言うはずだ。
 対抗は、休み明けを叩いた③。
 メンバー中唯一重賞で連対した経験を持ち、時計も優秀だ。
 3番手は、1戦1勝組から中山芝1200mで勝ち上がった⑪。
 連投で挑むことになるが、中山の坂を経験しているだけに面白い1頭と見る。

中山12R 香取特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②アサクサゼットキ
  ○ ⑨マイネルキッツ
  ▲ ④ナスノフィオナ

阪神09R 高砂特別(3上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑫コレデイイノダ
  ○ ②エアオーサム
  ▲ ⑬プライベートプラン

阪神10R オリオンS(3上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ④トウカイエリート
  ○ ⑪アドマイヤカンナ
  ▲ ⑤ドリームパートナー

阪神11R 阪神C(3上GⅡ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑱オレハマッテルゼ
  ○ ⑦プリサイスマシーン
  ▲ ⑧コスモシンドラー
 本命は、今年高松宮記念を勝った⑱。
 旧阪神では(0-2-2-0)と勝鞍こそ無いものの大負けもしないなかなかの相性。
 定量戦なので、前走より斤量が2㎏減るのも嬉しい。
 対抗は、この秋GⅡウィナーまで駆け上がった⑦。
 ダートも走れるパワフルさで、阪神の坂を駆け上がれれば充分勝ち負けになる。
 3番手は、再昇級戦となる⑧。
 春には旧阪神での重賞で2着しており、昇級戦とはいえ実績もまあある。
 距離実績もあり時計も優秀なので、昇級初戦から期待はできる。

中京10R 犬山特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮ヒシワンスモア
  ○ ⑬カンペキ
  ▲ ⑭タイニーモデル

中京11R 天竜川特別(3上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ③バブルサウンド
  ○ ⑦パープルファルコン
  ▲ ⑨テイエムサッカー

中京12R 恵那特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩シゲルガンバレ
  ○ ①フラワーレインボー
  ▲ ⑥キルシュワッサー

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-12-16 | トップページ | アメリカ映画 「エラゴン 遺志を継ぐ者」 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/13092781

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2006-12-17:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2006-12-16 | トップページ | アメリカ映画 「エラゴン 遺志を継ぐ者」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ