« 「新・中央競馬予想戦記」 2007-02-11 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2007-02-17 »

合作映画 「ダーウィンの悪夢」

湖に石をひとつ投げ込むような些細なきっかけでも、

その波紋が湖に広がっていくようにその影響は広がっていくことがある。

「ダーウィンの悪夢」とは、たとえばそういう映画だ。

50年ほど前、誰かがアフリカのヴィクトリア湖にナイルパーチという魚を放った。

この巨大な肉食魚がまず起こしたのは、ヴィクトリア湖の生態系の破壊であった。

かつて「ダーウィンの箱庭」とまで称された多彩な生態系は、

この貪欲な巨大魚によってことごとく食い尽くされた。

しかしそれは、始まりに過ぎなかった。

ナイルパーチが湖に増えてくると、これが良質の白身魚であることから

これを輸出して財を得るものが現れた。

湖の周辺には魚の加工工場が増え始め、そこで働く者も湖の周囲に集まってくる。

いつしか彼らの集落が生まれ、そこに新たな経済活動が生まれる。

例えば、ボートで湖に乗り出して魚を捕り、それを工場に売って財を得るもの。

例えば、働き手となる若い男達の財布を狙って娼婦が生まれる。

当然彼らは結婚し、その間に子供も生まれる。

貧困から脱出するため、また飢饉や貧困で親を失った子供らも

にぎやかなこの集落に集まる。

とはいえ仕事が無限にあるわけも無く、次第に仕事にあぶれてくるものが現れる。

人が集まれば治安も乱れる。

例えば半ばフリーセックスとなっている集落ではエイズが蔓延し、

免疫力の低下により働けなくなった者が増える。

例えば貧困と飢饉で食料を奪い合う子供たちが、夜になっても町に溢れ出す。

彼らは昼となく夜となく、タバコではない(タバコも吸っているが)何かを吸っている。

それはドラッグである。しかもそのドラッグは、

ナイルパーチを輸出するための梱包材を、熱して溶かして出た煙だったりする。

ナイルパーチは、生態系だけでなく人体にも影響を及ぼし始める。

魚加工工場からはナイルパーチの中骨や頭が廃棄物として出る。

これらを油で揚げて貴重な食料として振舞う者もいるのだが、それでも残骸が出る。

それは一箇所に蓄えられ、それは腐り、有害なアンモニアガスを発生させる。

中にはそれで眼球が腐れ落ちた人も出てくる。

さて、ナイルパーチの切り身の輸出には飛行機が使われる。

ヴィクトリア湖のほとりの加工工場の程近くに空港が作られ、

そこからヨーロッパや日本にナイルパーチは輸出される。

彼らは当初、空荷でここに飛んできて、ナイルパーチを積んで帰って行っていた。

タンザニアなどアフリカには輸入するようなものなど無かったからである。

しかし貧困と飢饉がその状況を変えた。

アフリカ各地で内戦が起こるようになったのだ。

そこに目をつけたのが、ヨーロッパの武器商人である。

内戦を起こしている彼らに武器を売りつければ、自分たちは大いに潤う。

そこに、ナイルパーチを輸送している運送業者も飛びついた。

空荷で飛ぶのは燃料の無駄であるから、彼らは武器商人からの仕事を請け負った。

そうすることで彼らは、行きも金を稼ぐことができるようになるからである。

人心も荒み、中には「みんな貧困から脱出したいから戦争を望んでいるんだ」と

言う者さえ現れる。

1匹の魚が、多くの人を、自然を変えていく。

個々の問題の中には、日本で起きてるものもある。

外来魚や外来生物の問題なら、1度や2度は聞いたこともあるだろう。

幸せというパイは限られている。

タンザニアに住む彼らの幸せのほとんどが、

毎日ナイルパーチを運ぶあの飛行機とともに

ヨーロッパに運ばれて行っているのかもしれない・・・。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2007-02-11 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2007-02-17 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合作映画 「ダーウィンの悪夢」:

» 洋画 [洋画]
映画大好きです 一回見始めたらもうとまりません 仕事があろうがなんだろうがひたすら夜みちゃいます [続きを読む]

» 競馬 予想 馬券 [ただいま48連勝中!!]
始めまして、この度、ただいま48連勝中!!というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。競馬で儲けたいと思っている人には有益な情報だと思いますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

» 「ダーウィンの悪夢」 [[POT]Press Of showTa]
Screen 07-05 07/01/24 「ダーウィンの悪夢」 シネマライズ [続きを読む]

« 「新・中央競馬予想戦記」 2007-02-11 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2007-02-17 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ