« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-29

新潟09R 糸魚川特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ①スペシャルフロート
  ○ ⑧クロコレーヌ
  ▲ ⑪セラフィックロンプ

新潟10R 火打山特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨サウスティーダ
  ○ ⑭イノセントワールド
  ▲ ⑰コスモミール

新潟11R 北陸S(3上OP D短(メジャー))
  ◎ ⑩オフィサー     距離向きそう
  ○ ⑤チョウカイロイヤル 新潟相性いい
  ▲ ②エイシンボーダン  安定性買う
  △ ①タイキジリオン   ダートに戻って

小倉09R 響灘特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑪クリーン
  ○ ⑨インプレスゴールド
  ▲ ⑮ラインストーム

小倉10R 小倉記念(3上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑫ソリッドプラチナム
  ○ ②サンレイジャスパー
  ▲ ①ニホンピロキース
  △ ③ニルヴァーナ
 本命は、斤量が軽ければ戦える⑫。
 今回は前走よりさらに1㎏軽いし、平坦な重賞を勝ったこともある。
 前走を見る限り復調気配と見れるし、ここはチャンスと見た。
 対抗は、前走⑫に先着した②。
 こちらも前走より1㎏減ってるし、持ち時計もトップタイだ。逆転も充分。
 3番手には、小倉での実績がある①。
 昇級後の重賞実績は今ひとつだが、
 持ち時計も悪くないしこの斤量なら充分戦えると見る。
 あとは、いまだ条件級ではあるが、
 成績の安定性と斤量、それに小倉実績で③もおさえておく。

小倉11R 若戸特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③ウイドーハンター
  ○ ⑧ナイスヴァレー
  ▲ ⑨ビクトリーフラッグ

小倉12R 筑紫特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮コウユーキズナ
  ○ ④リッカバクシンオ
  ▲ ⑭シゲルダイハッカイ
  △ ⑯エーシンアロー

函館09R UHB杯(3上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ①タニノマティーニ   函館は向く
  ○ ⑥ロイヤルキャンサー この斤量なら
  ▲ ⑧アズマサンダース  時計は優秀

函館10R 美利河特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪トレノジュビリー
  ○ ⑫サニーアンジェリカ
  ▲ ⑤ヘヴンボーン

函館11R 檜山特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑨コンゴウダイオー
  ○ ⑪リンガフランカ
  ▲ ②ゴールデンエビス

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-28

7/21の結果
 4勝(マリーゴールド賞、麒麟山特別、指宿特別、漁火S) 6敗
  回収率 53.9%

7/22の結果
 5勝(疾風特別、天草特別、北九州短距離S、足立山特別、渡島特別)
 1分(関越S) 4敗
  回収率 179.4%
  年間回収率 75.7%
  通算回収率 67.2%

 新潟が土曜、日曜ともプラス収支&小倉が日曜3戦全勝となかなかの好内容。
 圧巻は日曜小倉の足立山特別。
 今開催も出ました4ケタ単勝の1本釣り。
 再び年間回収率75%台を回復し、
 次なる目標は当然年間回収率80%台突破だ。
 今週の買い方は、全場共通で以下の通り。
 少ない投資で確実に馬を押さえていくという、せこい布陣だ。
  条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連BOX(流しの場合あり)

新潟09R 村上特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①デュポンサークル
  ○ ⑤エーシントゥルボー
  ▲ ⑪ゲイル
  △ ⑱アラビアンムーン

新潟10R 五頭連峰特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨スズカダーク
  ○ ⑫ヒカルベガ
  ▲ ⑬アブソリュート

新潟11R 新潟日報杯(3上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬カイシュウタキオン
  ○ ②ウエスタンクィーン
  ▲ ⑭ガッテンワン

小倉09R 高千穂特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮バブルウィズアラン
  ○ ⑬ウィングドフォース
  ▲ ⑤ホシノプレゼント

小倉10R 宮崎競馬100年記念(3上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ②ウインルーセント
  ○ ⑯サンライズレクサス
  ▲ ⑤セフティーステージ
  △ ⑨キングトップガン

小倉11R 青島特別(3上500万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑨ライブコンサート
  ○ ③ティアラプリンセス
  ▲ ⑪ライブリシュロム

函館09R かもめ島特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ①エアマグダラ
  ○ ⑪ケンブリッジマイア
  ▲ ③ビエナビーナス

函館10R 駒ケ岳特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪チョウカイサンデー
  ○ ⑧サインオブゴッド
  ▲ ⑦アースクリスハーン

函館11R 七重浜特別(3上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑦ケイアイスパイダー
  ○ ⑧ケイアイカールトン
  ▲ ②ヴァンクルタテヤマ

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-22

新潟09R 疾風特別(3上1000万下 芝短(マイナー))
  ◎ ⑫トミノドリーム
  ○ ④カルパントラス
  ▲ ⑨チアフルワールド

新潟10R 佐渡特別(3上1000万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑪シグナリオ
  ○ ⑦テンシノゴールド
  ▲ ⑧シルクダッシュ

新潟11R 関越S(3上OP D中(メジャー))
  ◎ ⑦ドンクール     惜しい競馬続く
  ○ ⑧マコトスパルビエロ 斤量差大きい
  ▲ ②シルクヒーロー   前走惜しい競馬
  △ ⑤ワキノエクセル   昇級の勢い買う

小倉09R 天草特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ④サンライズレクサス
  ○ ⑫デュヴァル
  ▲ ②カルナバリート

小倉10R 北九州短距離S(3上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④メイショウトッパー
  ○ ⑯キョウワロアリング
  ▲ ⑤ツルマルオトメ
  △ ⑬タニノローゼ

小倉11R 足立山特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨エルロドリゴ
  ○ ⑫ニキティス
  ▲ ⑦サダムサウンドアイ

函館09R 函館記念(3上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨マチカネキララ
  ○ ⑩モノポール
  ▲ ⑪シルクネクサス
 本命は、休み明けを無難にこなした⑨。
 休み明け前も含めて近5走は安定した内容で、
 休み明けを叩いて上がり目も期待できる。今回こそ重賞制覇の期待がかかる。
 対抗には、こちらも1年ぶりの競馬を無難にこなした⑩。
 こちらは函館に実績もあるし、休みがちな分馬体の消耗度も低そうだ。
 連対率も高く、ここも期待は充分だ。こちらも初重賞制覇の期待がかかる。
 3番手には、前走る⑨、⑩に先着して勝った⑪。
 平坦右回りの函館はどうやらこの馬に合うようなので、
 持ち時計もいいのでここでも先着は充分にあると見る。

函館10R 横津岳特別(3上500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑪アドマイヤカーネル
  ○ ④マースエンペラー
  ▲ ⑤シーレイダース
  △ ⑧サンデーコバン

函館11R 渡島特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑩オメガエンドレス
  ○ ⑧フルブラッサム
  ▲ ⑦キングフォーティ

函館12R 長万部特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪ゼットカーク
  ○ ⑩テイエムオペレッタ
  ▲ ⑦コスモラナップ

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-21

7/14の結果
 1勝(北洋特別) 2分(豊栄特別、越後S) 3敗
  回収率 88.9%

7/15の結果
 1勝(マリーンS) 1分(苗場特別) 7敗
  回収率 58.3%

7/16の結果
 3敗
  回収率 0.0%
  年間回収率 74.5%
  通算回収率 66.9%

 函館は好調持続も、小倉は明らかに狙いすぎだったし、
 新潟も投資金額ほどの見返りはなかった。
 とはいえ傾向は見えてきたので、
 今週は買い方を一新して負けを取り返しに行きたい。
 買い方は以下の通り。
  新潟:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイドBOX
  小倉:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイドBOX
  函館:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連BOX

新潟08R マリーゴールド賞(2歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ③エイシンパンサー
  ○ ④エフティマイア
  ▲ ⑦ゴールデンリング

新潟10R 麒麟山特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑤ドラゴンファイヤー
  ○ ①フサイチウィード
  ▲ ⑨ウインプレミアム
  △ ⑩スズカブルーム

新潟11R 日本海S(3上1600万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑥マックスチャンプ
  ○ ①ゴールデンメイン
  ▲ ⑨ペガサスファイト
  △ ③ジャガーノート

小倉09R 小倉サマージャンプ(3上JGⅢ 障害(マイナー))
  ◎ ⑬ワンダーシンゲキ
  ○ ④マルカフレンチ
  ▲ ⑨キングジョイ
  △ ⑩ホワイトポイント
 本命は、前々走の競走中止にもめげず前走OPで初勝利を決めた⑬。
 地脚もあるし、鞍上との相性もいいので、ここは連勝機と見る。
 対抗は、昇級戦も地脚は頭一つ抜けている④。
 斤量も恵まれているのは好条件だ。
 3番手は、障害重賞を勝っている馬の中から近走内容充実の⑨。
 距離経験もあるし、好調維持なら充分争覇圏内だろう。
 あとは、昇級初戦を無難にこなした⑩も地脚があるので無視できない。

小倉10R 西日本スポーツ杯(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ②タムロスターディ
  ○ ⑥サインゴールド
  ▲ ①マッチメイト

小倉11R 指宿特別(3上500万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑦トラベルシチー
  ○ ⑧セイウンロデム
  ▲ ⑩カネトシスティーブ
  △ ⑭エカテリーナ

小倉12R 有明特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮シゲルメルシ
  ○ ⑪ヒシワンスモア
  ▲ ⑱ウルトラストーン

函館08R 松前特別(3上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ③アドマイヤカイト
  ○ ①ラッキーリップス
  ▲ ⑦マンハッタンスカイ

函館09R 漁火S(3上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③サイレントプライド
  ○ ⑫フィールドベアー
  ▲ ⑧コスモダンスナイト
  △ ②ブレーヴハート

函館10R ラベンダー賞(2歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑧ホウザン
  ○ ②リーガルアミューズ
  ▲ ⑦アポロフェニックス

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-15

新潟09R 尖閣湾特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑤ホットカフェ
  ○ ⑩ナムラシンドバット
  ▲ ⑭フラワータキシード

新潟10R 苗場特別(3上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑩エンドレスビジネス
  ○ ⑫ジャイロスコープ
  ▲ ①タイキフェアレディ

新潟11R アイビスサマーダッシュ(3上GⅢ 芝短(マイナー))
  ◎ ⑯ナカヤマパラダイス
  ○ ⑨サチノスイーティー
  ▲ ④シルヴァーゼット
  △ ③クーヴェルチュール
 本命は、前走重賞で惜しい競馬だった⑯。
 若干時計が物足りないものの、この距離で実績を残しているし、
 前走に続けて勝負になると見る。
 対抗は、前年のこのレースの覇者⑨。
 最近はダートでも力のあるところを見せているようだが、
 重馬場実績もあるので力の要求されそうな明日の新潟でも力は発揮できそうだ。
 3番手と4番手は、バーデンバーデンCの1着&2着馬から。
 順序が入れ替わっているのは、③の斤量が2kg増えているから。
 力はほぼ同等と見る。

小倉09R 桜島特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑬インプレスゴールド
  ○ ⑥ウインルーセント
  ▲ ⑤デポジットブック

小倉10R 博多S(3上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧カネトシツヨシオー
  ○ ⑩ロックスピリッツ
  ▲ ⑨タマモサポート
  △ ②サクラオリオン

小倉11R 英彦山特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪ブレイズワン
  ○ ①トウカイブラボー
  ▲ ⑥ビクトリーフラッグ

函館09R マリーンS(3上OP D中(メジャー))
  ◎ ⑨フィールドルージュ 函館相性良い
  ○ ①キクノアロー    鞍上戻って
  ▲ ⑧タガノゲルニカ   万全なら

函館10R 登別特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ②トレノジュビリー
  ○ ⑦ヒシエンジェル
  ▲ ⑬ヘヴンボーン

函館11R 八雲特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨ジャングルテクノ
  ○ ⑦クサタロウ
  ▲ ①トップディアマンテ
  

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-14

新潟09R 閃光特別(3上500万下 芝短(マイナー))
  ◎ ④カルストントップオ
  ○ ②ディーアールボーイ
  ▲ ③タケデンバトル
  △ ⑤ダイワエンパイア

新潟10R 豊栄特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑰キングルーキー
  ○ ⑫ショウナンタキオン
  ▲ ⑩ターキーストーン

新潟11R 越後S(3上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑭スリープレスナイト
  ○ ⑨トーセンブレイク
  ▲ ⑦エアアドニス
  △ ④カリスマサンキセキ

小倉09R 有田特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①テイエムカゲムシャ
  ○ ⑥ウイングビート
  ▲ ②サクラチェリー

小倉10R 九州スポーツ杯(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③ニルヴァーナ
  ○ ⑦レットバトラー
  ▲ ④リメインオブザサン

小倉11R 対馬特別(3上500万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑤タガノプルミエール
  ○ ⑬エイシンルンナ
  ▲ ②シャルマンレーヌ

函館09R 道新スポーツ杯(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪サララ
  ○ ①ケンエンデバー
  ▲ ②ゴールドクラウン

函館10R 北洋特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑫フェラーリセブン
  ○ ④ロードアルファード
  ▲ ⑪スズカライアン

函館11R 駒場特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ①オメガエンドレス
  ○ ⑤ヒシアスペン
  ▲ ⑧ジュークジョイント
  △ ④ピサノペガサス

「新・競馬予想戦記」2007年第7開催を振り返って

7/7の結果
 3勝(福島ジャンプS、三陸特別、津軽海峡特別) 7敗
  回収率 117.3%

7/8の結果
 2勝(織姫賞、プロキオンS) 8敗
  回収率 45.9%
  年間回収率 74.9%
  通算回収率 66.9%

 日曜は思うような結果が得られなかったものの、
 土曜日はまあまあの結果で年間回収率は先週と同じ。
 重賞も久しぶりに取れた(プロキオンS)し、夏競馬の入りとしては悪くない。
 ただ、やはり回収率が高くなってくると数字を上げて行くのが難しい。
 まずは年間回収率80%目指していきたいです。

今開催を振り返って
  ①竜飛崎特別のおかげで、ダートが全体的に好調。
   (短距離:5戦通算116.7% 中長距離:14戦通算197.9% 全体:175.8%)
  ②1000万下も竜飛崎特別のおかげで好結果。(29戦通算129.8%)
  ③重賞は今ひとつだったが、平オープンで踏ん張った。
   (重賞全体:6戦通算50.0% OP:6戦通算106.8%)
  ④函館コースは、当然竜飛崎特別のおかげで好結果。(24戦通算112.9%)
  ⑤普段は好調な1600万下が、今回は悪かった。(6戦通算27.5%)
 全体で87.4%とあまり得意でないローカル開催にしてはなかなかの内容。
 3000円台の単勝を狙い打てたのはやはり大きい。
 勝率も27.6%と年間勝率(26.7%)を上回る結果で、
 まあまあ当てられているというのも私としては嬉しい。
 今週からは、開催が新潟、小倉、函館といよいよ夏競馬も本番。
 今年の小倉はそれほど悪くないものの、
 新潟が相当悪いので函館でどのぐらいカバーできるか、
 あるいは新潟で反攻をかけないと、年間回収率を下げる結果になるだろう。
 踏ん張りどころだ。
 買い目は、今年の各場の開催成績を踏まえて以下の通り。
  新潟:条件戦=複勝2点買い OP以上=枠連BOX
  小倉:全戦3連複BOX
  函館:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連BOX

日本映画「選挙」

この時期の上映は、狙って行われたものだろうと思われるが、

それにしても実にタイムリーな内容。

政党、候補者、そして有権者たる我々が、いかに選挙と向き合い、

それらが政治をどのような方向に導いているのかを、克明に記したドキュメントである。

まず明確に分かることは、

日本の選挙では組織力が非常に大きなファクターであるということである。

この映画の主人公「山内和彦」は、小泉旋風吹き荒れる2005年、

川崎市議会の補欠選挙に立候補した落下傘候補である。

普通に考えて、こんな市議会議員の、

しかも補欠選挙に落下傘候補を擁立していること自体、

私などに言わせれば相当大きな錯誤なのであるが、

しかも彼が立候補することになったのは、彼の昔の職場の同期の弟が川崎市議会議員で、

今度補欠選挙があるから公募してみてくれないかと頼まれたからだとか。

当時の川崎市議会は、自民19対民主18だったのだが、

自民の市議会議員が参議院議員に鞍替えしたために、

18対18というまったくの5分になってしまった。

そんなわけで、自民対民主の第1党を賭けた熾烈な選挙戦が、

選挙のことなど何も知らない「山内和彦」の双肩にかかってしまったのである。

同時に、川崎市長選や参議院議員の補欠選挙も行われているために、

中央のお偉方も続々とお国入りして応援演説を行う。

その中には、総理大臣(当時)の小泉純一郎の姿も見える。

まったく、たかが市議会議員選挙(だけではないのだが)ひとつにえらい力の入れようである。

もっとも、やることといえばひたすら政党名と候補名の連呼、連呼、連呼。

しかし、有権者の方もまあやかましいのが来た、程度の扱いでほとんど相手にしていない。

政党の側も、有権者が聞いてないと思うからこそ、政党名と候補者名の連呼に終始して、

街頭で政策を訴えるようなマネはしない。

果たして、鶏が先なのか、卵が先なのか…。

正直、全国でこの映画が単館系映画館でしか上映されていないのが残念である。

有権者も政治家も、この映画を観て是非とも襟を正してもらいたいと、切に願う限りである。

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-08

福島09R 織姫賞(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑤コスモリリー
  ○ ①アルコセニョーラ
  ▲ ⑥ブジュリ

福島10R 彦星賞(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑩ダイワロシナンテ
  ○ ⑨ぺディクラリス
  ▲ ⑧ホウザンフクキタル

福島11R 七夕賞(3上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨ユメノシルシ
  ○ ⑪ゴーウィズウィンド
  ▲ ⑬モリノミヤコ
  △ ⑫フォルテベリーニ
 本命は、前走福島のOP戦を勝ち上がった⑨。
 昇級戦でいきなりGⅠは厳しかったものの、今回のメンバーなら勝負になると見る。
 対抗は、福島芝2000mで唯一2勝を挙げている⑪。
 斤量にも恵まれており、得意の福島競馬場で重賞初制覇も充分と見る。
 3番手は、条件級ながら福島芝コースで2勝を挙げている⑬。
 この軽斤量で、相性の悪くない騎手と組める効果は小さくないと見る。
 あとは、間隔は空いたが持ち時計のいい⑫のスピードに期待する。

福島12R 尾瀬特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨トミノドリーム
  ○ ④ストロベリードール
  ▲ ③タケデンサンバ

阪神09R 三田特別(3上1000万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑨トロフィーディール
  ○ ②ビッグベアシチー
  ▲ ③ストロングドン
  △ ①マイネルクルーガー

阪神10R 文月特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑫サウスティーダ
  ○ ⑨アドマイヤディーノ
  ▲ ⑥ワイキューブ
  △ ④ビンチェロ

阪神11R プロキオンS(3上GⅢ D短(メジャー))
  ◎ ⑭ワイルドワンダー
  ○ ④[地]フーバーダム
  ▲ ⑮リミットレスビッド
 本命は、連勝中の⑭で決まり。鞍上が替わったのがどう出るかが不安ではあるが、
 充分戦える騎手なので大崩れはないと見る。
 対抗は、カク地ながら元中央馬で昔の阪神ダートでは実績もある④。
 今年に入ってから南関東ではかなりの実績を挙げてきている。
 時計も、昔のものだがなんとか戦えるものは持っているのでいい勝負になると見ている。
 3番手には、トップハンデながら鞍上に期待の持てる⑮。
 今年は同じ距離の交流重賞を勝っているので、斤量差はあっても戦える距離と見る。

函館09R 北海ハンデキャップ(3上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ③エプソムアルテマ
  ○ ④トゥーエニワン
  ▲ ①マイネルダイナモ
  △ ⑤サダムアカイカゼ

函館10R 下北半島特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪ヤマニンエマイユ
  ○ ⑤ファインドロップ
  ▲ ⑧ターニングリーフ

函館11R 巴賞(3上OP 芝中(メジャー))
  ◎ ⑤フィールドベアー 勢いは1番
  ○ ⑥モノポール    函館相性いい
  ▲ ③マチカネキララ  地力は上位

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-07

6/30の結果
 1勝(テレビユー福島賞) 8敗
  回収率 18.3%

7/1の結果
 1勝(陸奥湾特別) 2分(白河特別、米子S) 6敗
  回収率 33.5%
  年間回収率 74.9%
  通算回収率 66.8%

 先週に関しては、複勝だったらもう少し稼げたのかな、といった感じ。
 やはり3週目以降は弱気で行くのが正解だったということか…。
 そうはいっても、そこはやはり複勝。
 それほど数字が伸びているわけでもないというのが微妙…。
 いちおう今開催は単勝を貫く、以下のような方向で…。
  福島:条件戦=単勝2点買い OP以上=ワイドBOX
  阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連BOX
  函館:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連BOX

福島08R 福島ジャンプS(3上JOP 障害(マイナー))
  ◎ ⑧フォレストダンス 福島相性いい
  ○ ⑩アインオーセン  OP実績買う 
  ▲ ⑪ベストグランチャ 復調の兆し

福島09R 三陸特別(3上500万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑨ロータスシチー
  ○ ⑦ダイワモナーク
  ▲ ⑪トラベルシチー
  △ ④ペイデイ

福島10R 青葉城特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨チューイングサイン
  ○ ⑬アイオブザキング
  ▲ ⑤サウスヒューマ
  △ ④ナムラバンダム

福島11R 松島特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ④サンワードブル
  ○ ⑥シンボリモーガン
  ▲ ⑩フェスティヴナイト

阪神09R 南港特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑯ダイワチャーム
  ○ ②ライブリシュロム
  ▲ ⑮タガノグラマラス

阪神10R 加古川特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑨プログレスエバー
  ○ ⑤ピサノフィリップ
  ▲ ⑫キーンゲイル

阪神11R ストークS(3上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑭ドラゴンウェルズ
  ○ ⑩アンブロワーズ
  ▲ ③ウエスタンクィーン

函館10R 八甲田山特別(3上500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ④チョウカイサンデー
  ○ ⑪ミスターシーザ
  ▲ ⑫ラッキーリップス
  △ ⑩ビエナグッドラック

函館11R 津軽海峡特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑤ナムラジョンブル
  ○ ⑧レゴラス
  ▲ ⑦マナーハウス
  △ ⑨ビッグクラウン

函館12R 岩木山特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑫マッチレスバロー
  ○ ④マストビートゥルー
  ▲ ⑤ユキノマーメイド
  △ ②トップディマンテ

「新・中央競馬予想戦記」 2007-07-01

福島09R 猪苗代特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ①フサイチウィード
  ○ ⑮ディヴァインシチー
  ▲ ⑨ブレイクオブドーン

福島10R 白河特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨ダンディーズケア
  ○ ⑤[地]ボスアミーゴ
  ▲ ⑪トーセングラマー

福島11R ラジオNIKKEI賞(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑬ロックドゥカンブ
  ○ ⑯バブルウイズアラン
  ▲ ⑨ガルヴァニック
  △ ①レットイットアライド
 本命は、2戦2勝と勢いに乗る⑬を狙う。
 それでいてOP以上未経験のためか軽ハンデで出られるのは大きい。
 一気に3連勝で重賞制覇も充分と見る。
 対抗は、この距離でメンバー中持ち時計2位の⑯。
 鞍上との相性も良さそうだし、こちらも軽ハンデで狙い目と見る。
 3番手は、休み明けを勝ち上がってきた⑨。
 ここまで挙げてきた馬に比べて斤量は1㎏重いが、
 まだまだ上がり目が見込めそうでここも面白い。
 あとは、福島実績組の中で一番斤量の軽い①を押さえておく。

阪神09R 鶴橋特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ①フィールドミューズ
  ○ ②アヴェンティーノ
  ▲ ⑤ブレイズワン

阪神10R 皆生特別(3上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮ブレイバー
  ○ ②レソナル
  ▲ ⑦インプレッション
  △ ⑥ダノンシャトル

阪神11R 米子S(3上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑫ミスティックエイジ 前走惜しい内容
  ○ ⑨トウショウカレッジ 惜しい競馬続く
  ▲ ⑤ファイングレイン  GⅠ2着の実績
  △ ③マイケルバローズ 連勝の勢いで

函館10R 陸奥湾特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②アドマイヤカイト
  ○ ⑧サインオブゴッド
  ▲ ⑩マヤノテンザン
  △ ①ハイフェイム

函館11R 函館スプリントS(3上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑧ワイルドシャウト
  ○ ⑯ブラックバースピン
  ▲ ⑪アドマイヤホクト
  △ ④サープラスシンガー
 本命は、骨折明けでも休み前には重賞2着など好成績を残している⑧。
 今回は走るだけとも考えられるが、
 地力は高いのでこの相手なら力だけで勝負になるのではと見る。
 対抗は、前走重賞制覇を果たした⑯。
 好調さで行けばむしろこちらの方が本命とも言えるが、
 ひょっとすると左利きかもしれないという懸念があるので、いちおう対抗で。
 3番手は、古馬相手に1度揉まれた⑪。
 鞍上が相性の良い横山典弘に替わって改めて期待してみたい。
 あとは、こちらも3歳馬でしかも休み明けだが、とにかく斤量に恵まれた④を絡めていく。

函館12R 潮騒特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨サララ
  ○ ⑥プリティタヤス
  ▲ ⑦イケタイトル

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ