« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2008-01-27

中山09R 菜の花賞(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ①スワンキーポーチ  前走惜しい内容
  ○ ⑭マルターズオリジン 惜しい競馬続く
  ▲ ⑯タイキティファニー  距離実績買って

中山10R サンライズS(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④リキサンファイター
  ○ ⑧ピサノグラフ
  ▲ ②エフテーストライク

中山11R アメリカジョッキーズクラブC(4上GⅡ 芝中(マイナー))
  ◎ ⑤エアシェイディ
  ○ ⑯ブラックアルタイル
  ▲ ⑨シルクネクサス
  △ ⑭ダブルティンパニー
 本命、というよりも連軸には惜しい競馬の続く⑤。
 2戦連続2着、中山芝(1-3-0-3)、重賞(0-6-2-6)など、
 1着はともかく2着なら充分狙える馬。
 今回も手堅く2着はキープできると見る。
 対抗には、昇級初戦も内容のある競馬が続いている⑯。
 前走中山芝2200mで勝ち、距離、競馬場とも適性を示した。
 いきなりだが、この距離ならチャンスありと見る。
 3番手には、鞍上強化で今度こそはの重賞制覇に挑む⑨。
 去年このレースで3着しており、持ち時計も悪くない。
 チャンスはある。
 あとは、昇級戦だが連勝中と勢いを感じる⑭も侮れない。

京都09R 若菜賞(3歳500万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮メイショウフウリン
  ○ ⑨[地]ゼッタイヒルマン
  ▲ ⑧ファルネーゼ

京都10R 許波多特別(4上1000万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑬ミヤビランベリ
  ○ ⑥ブラックシャンツェ
  ▲ ①シルバーブレイズ

京都11R 平安S(4上GⅢ D中(メジャー))
  ◎ ⑬ロングプライド
  ○ ⑨メイショウトウコン
  ▲ ⑭フェラーリピサ
 本命は、4歳馬ながら距離および競馬場実績の高い⑬。
 京都D1800m(2-1-0-0)と、4歳馬ながら堂々たる内容。
 鞍上は若干格下げも相性自体は悪くないので、問題ないだろう。
 対抗は、去年このレースを勝っている⑨。
 GⅡを勝ったので斤量が去年よりは増えているが、
 内容のある競馬が続いているので実力も応分に付いている感じ。
 3番手には、惜しい競馬の続く⑭。
 持ち時計などに問題は残るが、
 距離実績はあるので相手なりに走れれば充分戦えると見る。

小倉10R 小倉城特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ④ミスターシーザ
  ○ ⑬オープンセサミ
  ▲ ⑤トットコヒーロー

小倉11R 関門橋S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨ファランドール
  ○ ⑯ハルクバニヤン
  ▲ ⑮アースクリスハーン

小倉12R 帆柱山特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪スーパーワシントン
  ○ ③リッカバクシンオ
  ▲ ⑧コスモラヴソング

HP休止しちゃった 「新・中央競馬予想戦記」 2008-01-26

1/19の結果
 2勝(成田特別、雅S) 8敗
  回収率 35.6%

1/20の結果
 2勝(京成杯、遠賀川特別) 2分(初春賞、迎春S) 5敗
  回収率 61.3%
  年間回収率 74.5%
  通算回収率 68.4%

 気がつけば、去年の年間回収率以下の水準で低下。
 買った分回収できてないんだから
 当たり前なんでしょうけど…。
 根本的に予想が外れている現状を考えると、
 もうしばらく我慢のしどころなのではないかと…。
 とりあえず、今週の買い目は以下の通り。
  中山:条件戦=複勝2点買い OP以上=ワイド
  京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  小倉:条件戦=単勝1点買い OP以上=馬連

中山09R 若竹賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧スマイルジャック
  ○ ⑫サトノプログレス
  ▲ ⑤ドリームマイスター

中山10R 若潮賞(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬コアレスストーム
  ○ ⑭エイシントゥルポー
  ▲ ⑫キタノリューオー

中山11R アレキサンドライトS(4上1600万下 S中(メジャー))
  ◎ ①ダイショウジェット
  ○ ⑪パピヨンシチー
  ▲ ⑭ブラックランナー

京都09R 若駒S(3歳OP 芝中(メジャー))
  ◎ ②キングスエンブレム
  ○ ③ジュウクリュウシン
  ▲ ⑧アインラクス

京都10R 舞鶴特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑦パレスショットガン
  ○ ⑫エイシンイダテン
  ▲ ⑯タカオセンチュリー
  △ ⑨トシザカイモン

京都11R 伏見S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨シルクドラグーン
  ○ ⑬サンクスアロット
  ▲ ⑪サウスティーダ
  △ ⑯サニーアンジェリカ

小倉10R かささぎ賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①サクライダテン
  ○ ⑪ケイプエマラティ
  ▲ ⑨デビルズコーナー

小倉11R 大宰府特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑯ワンマンシャチョウ
  ○ ③パッションレッド
  ▲ ②トウカイアワード
  △ ⑤ウィルビーキング

小倉12R 鳥栖特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑯リキアイカザン
  ○ ④ヤマニンエマイユ
  ▲ ⑦ウィズディクタット

「新・中央競馬予想戦記」 2008-01-20

中山09R 初春賞(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ③ブルーカーディナル
  ○ ②ファルカタリア
  ▲ ⑬ウィズインシーズ

中山10R 迎春S(4上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ①トップセラー
  ○ ②エフティイカロス
  ▲ ⑧ダイシンハーバー

中山11R 京成杯(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪マイネルチャールズ
  ○ ⑯マイネルファルケ
  ▲ ⑮アイティトップ
 本命は、唯一のOP勝ち馬⑪。
 距離適性も高そうだし、前走勝っているので勢いも充分だ。
 対抗は、前走重賞で惜しい競馬だった⑯。
 こちらも距離適性はありそうだし、今回もチャンスありだろう。
 3番手には、2戦2勝で距離実績もある⑮。
 持ち時計もトップで、初重賞でも力は互角以上だろう。

京都09R 紅梅S(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ③マイネレーツェル 前走惜しい内容
  ○ ②ラベ         連勝の勢いで
  ▲ ⑦チェレブリタ    距離経験充分

京都10R 石清水S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮コンティネント
  ○ ⑯ソリッドプラチナム
  ▲ ②ショウナンタキオン

京都11R 日経新春杯(4上GⅡ 芝長(マイナー))
  ◎ ①アドマイヤジュピタ
  ○ ⑬マキハタサイボーグ
  ▲ ②アドマイヤモナーク
 本命は、休み明けでも連勝中の①で。
 距離経験は無いが、京都では連対率100%と相性の良いコース。
 鞍上とも4着以下が無く、相性が良いのは好材料。
 対抗は、前走人気薄ながら重賞を勝った⑬。
 持ち時計も2位と悪くないし、
 京都コースも3勝とメンバー中最多タイだ。
 3番手は、芝2400m持ち時計トップの②。
 前走も惜しい内容だったし、鞍上も魅力的だ。

小倉10R あすなろ賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑦パリスエトランゼル
  ○ ⑩キングサンディ
  ▲ ⑪ノットアローン
  △ ①ドリームアビーム

小倉11R エクセル博多開設記念(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦ウイングビート
  ○ ③フミノバラード
  ▲ ⑫カフェブルックリン

小倉12R 遠賀川特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪ドリームサンデー
  ○ ⑨ワイルドシングス
  ▲ ⑬プリンシペデルソル 

今週から3場開催 「新・中央競馬予想戦記」 2008-01-19

1/12の結果
 1勝(呉竹賞) 5敗
  回収率 76.7%

1/13の結果
 2分(朱竹賞、初凪賞) 4敗
  回収率 9.6%
  年間回収率 93.5%
  通算回収率 68.6%

 第1週とは打って変わって、なんとも精度の悪い予想…
 (第1週も予想自体が良かったわけではないけど…)。
 とりあえず、これ以上年間回収率は下げたくないところ…。
 その意味で、3場開催がどういう効果をもたらすのか…。
 買い目は以下の通り。
  中山:条件戦=複勝2点買い OP以上=ワイド
  京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  小倉:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連

中山09R 黒竹賞(3歳500万下 D中(メジャー))
  ◎ ①バロズハート
  ○ ⑧アリゾナアベニュー
  ▲ ⑤メイショウオニカゲ

中山10R 成田特別(4上1000万下 D長(マイナー))
  ◎ ⑭マルブツクロス
  ○ ⑥トワイライトワルツ
  ▲ ⑮プレシャスピクセル

中山11R ニューイヤーS(4上OP 芝中(メジャー))
  ◎ ⑤メテオバースト    距離相性良い
  ○ ⑯マイネルハーティー 勝負強さ買う
  ▲ ②マヤノライジン    前走惜しい内容

京都08R 牛若丸ジャンプS(4上JOP 障害(マイナー))
  ◎ ⑩テイエムヤマトオー 勢いを買って
  ○ ⑧ブラックコンドル   OPなら
  ▲ ⑫マイクラリネット    1つ叩いて

京都09R 花見小路特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①モンサンミッシェル
  ○ ⑩アドマイヤディーノ
  ▲ ⑪ジャングルテクノ

京都10R 雅S(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑯ナナヨーヒマワリ
  ○ ⑨ピサノフィリップ
  ▲ ②オネストジョン

京都11R 淀短距離S(4上OP 芝短(メジャー)
  ◎ ⑩カノヤザクラ   今度こそ
  ○ ⑤ワイルドシャウト 鞍上戻って
  ▲ ⑬テンイムホウ   前走惜しい内容

小倉10R 背振山特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑱サインオブゴッド
  ○ ⑧マイネコンテッサ
  ▲ ⑭ウェンブリー

小倉11R 早鞆特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑥リバプールサウンド
  ○ ①トップオブザロック
  ▲ ④トシセント

小倉12R 巌流島特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮チェリーフォレスト
  ○ ④エーシンアロー
  ▲ ②シュガーヴァイン
  △ ⑪ウインイージス

そろそろやっておかないと… 「新・中央競馬予想戦記」2007年総括

12/22の結果
 3勝(樅の木賞、中京日経賞、長良川特別) 7敗
  回収率 40.0%

12/23の結果
 2勝(ホープフルS、矢作川特別) 9敗
  回収率 15.9%
  年間回収率 75.6%
  通算回収率 68.4%

 阪神全滅や重賞全滅など、
 2007年の掉尾を飾ることはできず…。
 2006年の年間回収率(61.4%)から考えると、
 けっこうな進歩ではあるが、
 一時は控除前損益分岐点の80%を
 狙えたことを考えると、やはり悔しい。
 2008年こそは、年間回収率80%!
 といわず100%、110%ともっと大きく狙っていけたら…、
 なんて思ってます。

2007年、ここが良かった悪かった
 良① なんといってもGⅡで稼いだ1年
  第1開催の日経新春杯を皮切りに、
  最終開催のステイヤーズSまで、
  要所要所でGⅡの穴馬券が口座を潤してくれました。
  もともと癖のあるレースがいろいろあるカテゴリーですから、
  高配当自体はわりと出やすくはあるんですけどねぇ…。

 良② 3連複狙い撃ちで地元札幌が好成績
  1回札幌こそ、流れを捕らえ切れなかったものの、
  2回札幌で3連複を狙って130%超。
  2回合計でも96.1%と年間回収率を押し上げてくれた。
  惜しむらくは、開催が2回しかなかったことか…。

 良③ 非主流でも芝長距離で回収率を押し上げた
  特別以上(一般戦を含めればなおのこと)において、
  芝の長距離戦は数も減って(シェア1割強)完全な非主流。
  とはいえ、良①の癖のあるレースの中には、
  この芝長距離が少なからず含まれる。
  よって、今年芝長距離が良かったというのは、
  言い換えれば、「芝長距離のGⅡ」でよく稼げたということ。
  今後も安定して取れれば、
  そのうち得意分野と言えるようになるかも。
  あんまり自慢にはならないかもだけど…。

 悪① GⅠが、取れなかったんですよぉ…
  とにかく、まともに取れたっていう記憶が無いんですよぉ…。
  その辺りも、地味な成績になった一因か。
  2008年は、ガツンとGⅠで高配当と
  行きたいところですなぁ…。

 悪② 2歳戦が2007年は悪かった
  全体としては2006年より好成績だった2007年でしたが、
  中にはこの2歳戦のように大きく崩れたカテゴリーもある。
  7月~12月までのカテゴリーだが、
  OP以上が多いので投資金額自体は増えがち。
  2歳戦の成績が次の年の3歳戦に
  リンクする傾向があるようなので、
  今から2008年のクラシック戦線に不安がよぎります…。

他に良いところ悪いところはあるのだろうが、ひとまずここまで。
データ蓄積による購入馬券種変更で、
それなりに収支状況は改善できた2007年。
2008年はさらにその辺りを極めて、
100%以上まで突き抜けたいところですなぁ…。

「新・中央競馬予想戦記」 2008-01-13

中山09R 朱竹賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③パッションローズ
  ○ ①リトルディッパー
  ▲ ⑮ハイエモーション

中山10R 初凪賞(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑥ロトブルースター
  ○ ⑫トラストブラック
  ▲ ⑦ヘイアンルモンド

中山11R ガーネットS(4上GⅢ D短(メジャー))
  ◎ ⑦スリーアベニュー
  ○ ⑨[地]フリートアピール
  ▲ ④[地]ベルモントサンダー
 本命は、去年もこのレースを勝っている⑦。
 去年より斤量も増えてるし、鞍上も変わってはいるが、
 休み明けを無難にこなしてさらに上積みも見込めるので、
 今回もチャンスはあると見る。
 対抗と3番手は、波乱を予想して地方馬から。
 実績に乏しいが、斤量と鞍上が魅力の⑨を対抗に、
 元中央馬で、JBCスプリントでコンマ4秒差の7着と
 悪くない結果だった④を3番手に、それぞれ抜擢してみる。

京都09R 睦月賞(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑯マイネルファーマ
  ○ ⑦ラムタラプリンス
  ▲ ⑨マイネルファヴール

京都10R 羅生門S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑨ヘイローフジ
  ○ ⑮ウインルーセント
  ▲ ②アルバレスト

京都11R シンザン記念(3歳JpnⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨マヤノベンケイ
  ○ ①ミッキーチアフル
  ▲ ⑮ダイワマックワン
 本命は、4戦3勝2着1回と連対率100%でOP実績のある⑨。
 前走では芝適性のあるところも見せ、3連勝中と勢いも充分。
 対抗は、1勝馬も500万下で惜しい競馬を続けいてきた①。
 鞍上が魅力的だし、京都芝1600mでの実績も光る。
 3番手は、2連勝でOP実績もある⑮。
 距離経験が無いので3番手だが、
 豊富なOP経験で逆転も充分と見る。

総括も無しに第2週… 「新・中央競馬予想戦記」 2008-01-12

1/5の結果
 3勝(中山金杯、初夢S、京都金杯) 3敗
  回収率 216.4%

1/6の結果
 3勝(福寿草特別、新春S、門松S) 4敗
  回収率 81.3%
  年間回収率 136.3%

珍しく年頭から好スタートを切れたのは大きい。
今年から始まった
『JRAプレミアム』の恩恵を受けられたのも大きい。
難点を挙げれば、予想としては決して良くないということ。
結果オーライな1年になってくれることを、
今から切に願う次第であります。
今週の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝2点買い OP以上=枠連
 京都:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連

中山09R 呉竹賞(3歳500万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑦デヴェロッペ
  ○ ④コスモミネルヴァ
  ▲ ⑮リュウメイ

中山10R 東雲賞(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④ウインクルセイド
  ○ ⑯トゥーエニワン
  ▲ ⑫クラウニングワーク
  △ ⑩アンテリオール

中山11R ジャニュアリーS(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑭アポインテッドボブ
  ○ ②ピクシーダスト
  ▲ ⑤パープルストック

京都09R 飛梅賞(3歳500万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑪エーシングッチーフ
  ○ ⑩ノーブルマン
  ▲ ⑥ピエナエイム
  △ ⑧イイデシンゲン

京都10R 乙訓特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑭ソルジャーズソング
  ○ ⑯バルバレスコ
  ▲ ①テイエムカゲムシャ
  △ ②ハギノルチェーレ

京都11R 寿S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑭ブレイズワン
  ○ ⑫マイネルポライト
  ▲ ②イースター

「新・中央競馬予想戦記」 2008-01-06

中山08R 中山新春ジャンプS(4上JOP 障害(マイナー))
  ◎ ⑫ローレルハンバーバ 堅実に走れる
  ○ ⑭マチカネリュウセイ  地脚と実績で
  ▲ ⑦シュフルール      近走内容重視

中山09R ジュニアC(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤アサクサダンディ  持ち時計重視で
  ○ ⑪クールドリオン    中山実績重視で
  ▲ ⑨オーロマイスター  前走悪くない
  △ ⑥マルターズオリジン 堅実に走れる

中山10R 初茜賞(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑩アドマイヤマントル
  ○ ⑨ダイワルビア
  ▲ ③マルブツクロス

中山11R 初富士S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪ゲイルスパーキー
  ○ ⑬カイシュウタキオン
  ▲ ⑩トウキュウトップ
  △ ⑥トップオブツヨシ

京都09R 福寿草特別(3歳500万下 芝中)メジャー))
  ◎ ②ブラックシェル
  ○ ③キングスエンブレム
  ▲ ①ミスズコーポラル
  △ ⑫ファリダット

京都10R 新春S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩マルカフェニックス
  ○ ⑨エネルマオー
  ▲ ⑧サンクスアロット

京都11R 門松S(4上OP D短(メジャー))
  ◎ ⑫スリープレスナイト 近走内容充実
  ○ ⑥ドンクール      鞍上も魅力
  ▲ ①フェラーリピサ   1つ叩いて

2008年競馬始 (2007の総括もせずに…)

あけましておめでとうございます。
当方の勝手な都合で、あんまり更新しておりません。
近日中に去年の総括などもいたします。

とりあえずは買い目だけ。
 中山:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

中山09R 寒竹賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③マイネルジュレップ
  ○ ⑤コスモポッケ
  ▲ ⑨ペガサスフォート
  △ ⑪アイティトップ

中山10R 初日の出S(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑥アグネスネクタル
  ○ ⑤フィールドオアシス
  ▲ ⑨ランダムシード
  △ ②メイショウゲンズイ

中山11R 中山金杯(4上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥サイレントプライド
  ○ ⑮エアシェイディ
  ▲ ⑭グラスボンバー
 2008年最初の重賞は、なんといっても東西の金杯。
 中距離2000mで行われる中山金杯の本命は、
 前走休み明けのOP戦を勝った⑥。
 中山実績も(2-0-0-1)と悪くないし、鞍上も良い。
 対抗は、秋に戻ってきてから惜しい競馬の続く⑮。
 このところマイル辺りを中心に使われているが、
 芝2000m(2-1-1-0)とむしろ良さげ。
 そろそろ重賞獲得のチャンスか。
 3番手は、不本意な秋シーズンを迎えたが力はある⑭。
 それはハンデキャッパーも認めていることで、まだ見限れない。

京都09R 初夢S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮レキシントンシチー
  ○ ⑬ナリタジューン
  ▲ ①セイウンプレジャー

京都10R 万葉S(4上OP 芝長(マイナー))
  ◎ ①マルカハンニバル  OP実績買う
  ○ ⑪アドマイヤモナーク 前走惜しい内容
  ▲ ⑫メトロシュタイン   連勝の勢いで

京都11R 京都金杯(4上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑯アドマイヤオーラ
  ○ ⑨エイシンデピュティ
  ▲ ⑧キンシャサノキセキ
 短距離1600mで行われる京都金杯の本命は、
 休み明けで初の対古馬戦で惜しい内容だった⑯。
 2歳、3歳限定戦のみとはいえ、京都1600m2戦2勝という好相性。
 持ち時計に不安はあるが、今回は更新のチャンスだろう。
 対抗は、前走その⑯に先着している⑨。
 なぜか芝1600mで勝ち鞍は無いが、
 今回は相性の良い岩田騎手騎乗でマイル戦初勝利も充分。
 3番手は、放牧も含めてゆったりした間隔で使われてきている⑧。
 このところ内容のある競馬を続けており、
 鞍上相性がいいので、今回こそは初重賞ゲットのチャンス。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ