« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

今週あたりとり返したい 「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-01

中山09R きんせんか賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑫スペシャルディナー
  ○ ⑭メイビリーヴ
  ▲ ③ステラフィッサ
  △ ④メイショウグラナダ

中山10R 潮来特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ①マイネルファヴール
  ○ ⑥トーセンジョーカー
  ▲ ④マイネナデシコ

中山11R 韓国馬事会杯(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑯ウエスタンビーナス
  ○ ⑬ニシノマオ
  ▲ ⑥エイジアンウインズ

阪神09R 千里山特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑫タイセイファイター
  ○ ①ロードアルファード
  ▲ ⑭アドマイヤムサシ
  △ ⑤ツアーデフォース

阪神10R 御堂筋S(4上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑨ブレイズワン
  ○ ③ニシノコンドコソ
  ▲ ⑮エーシンピーシー
  △ ⑪ダンスアジョイ

阪神11R アーリントンC(3歳GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬ポルトフィーノ
  ○ ⑧ドリームガードナー
  ▲ ⑨ルールプロスパー
  △ ⑩ロードニュースター
 本命~3番手は、阪神芝コースで勝った実績のある馬から。
 本命には、牝馬ながら2連勝でOPを勝った⑬。
 芝1600m2勝で鞍上も魅力的なので、
 斤量差もあってここは充分勝負になると見る。
 対抗は、前走惜しい内容だった⑧。
 鞍上も安藤勝己なら完全連対なのでここも充分期待できる。
 3番手は、いまだ条件級も前走は惜しい内容だった⑨。
 鞍上も和田竜二に戻って改めて期待したい。
 あとは、未勝利戦勝ちからいきなりの挑戦も
 鞍上に勢いのある⑩も面白い存在だ。

中京10R 沈丁花賞(3歳500万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑤タガノクリスエス
  ○ ③メイショウアサガオ
  ▲ ⑮シンワラヴ

中京11R 中京スポニチ賞(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩タムロスターディ
  ○ ②ストロベリードール
  ▲ ⑥トッケンショウブ

中京12R 高山特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮シゲルタック
  ○ ②マイネルスパーダ
  ▲ ⑧エイシンシテンノー
  △ ⑥マルイチクエスト

激しく落下 「新・中央競馬予想戦記」2008年第2開催を振り返って

2/23の結果
 3勝(調布特別、木津川特別、京都記念) 3敗
  回収率 128.9%

2/24の結果
 7敗
  回収率 0.0%
  年間回収率 67.0%
  通算回収率 68.3%

 今開催唯一のGⅡである京都記念をしっかり取って、
 今年もGⅡの年になりそうな予感プンプン。
 とはいえ全体としては低調で、
 年間回収率≒通算回収率の水準にまで減少。
 阪神に開催の替わる次回以降に期待、できるかなぁ…。

今開催を振り返って
  ①投資金額の大きいOP戦がガタガタ…(9戦通算5.4%)
  ②3歳戦も厳しい結果…(14戦通算17.8%)
  ③投資金額こそ少ないが、1600万下も悪し
    (14戦通算23.6%)
  ④馬場の荒れが災いしたか、京都コースが足を引っ張る
    (25戦通算37.0%)
 とにかく代替開催や馬場変更が多かった今開催。
 そのせいにしても仕方ないのだが、
 とても褒められたものではない成績。
 先にも触れたが、
 次開催は今年初となる阪神開催&中京開催開始。
 阪神はともかく、
 中京は数少ない競馬場別プラス収支の競馬場。
 これには特に期待したところだ。
 というわけで、今週の買い目は以下の通り。
  中山:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
  阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  中京:条件戦=単勝1点買い OP以上=馬連

「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-24

京都は降雪の影響により、
全レースダートに変更となりましたので、
予想も一部変更となります。

東京09R ヒヤシンスS(3歳OP D短(マイナー))
  ◎ ④ナンヨーヒルトップ  距離こなせば
  ○ ⑨サクセスブロッケン 連勝の勢いで
  ▲ ③セイカアレグロ    距離実績買う
  △ ⑩セッカチセージ    関東でなら

東京10R アメジストS(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②ウインディグニティ
  ○ ⑦トーセンクラウン
  ▲ ⑤ケイアイケイマン

東京11R フェブラリーS(4上GⅠ D短(マイナー))
  ◎ ⑮ヴァーミリアン
  ○ ⑯ワイルドワンダー
  ▲ ⑧ロングプライド
 中央競馬今年初のGⅠは、いつも通りドバイへの道。
 本命は、川崎記念を取り消したものの、
 中距離ダートGⅠ3連勝中の⑮。
 鞍上との相性も抜群で、
 穴といえば少々短い感のある1600mという距離ぐらいか。
 対抗は、東京実績実質1位の⑯。
 勝利数だけなら②のほうが上だが、
 これは完全に盛りを過ぎている。
 近走も内容のある競馬を続けており、
 距離適性で逆転する可能性も秘めている。
 3番手は、鞍上に名手ペリエを迎えて善戦馬返上を誓う⑧。
 3歳限定戦とはいえ、東京D1600mでの実績もいちおうあるし、
 連対率も高水準で今回も手堅く走ってくれると見る。

東京12R 甲斐駒特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨スリーセブンスピン
  ○ ①ブライティアミラ
  ▲ ⑥パパラチア

京都09R こぶし賞(3歳500万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑫エアパスカル
  ○ ⑤オースミスパーク
  ▲ ⑥オリジナルフェイト

京都10R 琵琶湖特別(4上1000万下 D中(マイナー))
  ◎ ⑫シルバーブレイズ
  ○ ⑥タガノファントム
  ▲ ②ストロングドン
  △ ⑤サンライズベガ

京都11R 斑鳩S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑯ヘイローフジ
  ○ ⑪シルクドラグーン
  ▲ ⑮メイショウディオ

今週ダメなら資金投入も… 「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-23

2/16の結果
 1勝(セントポーリア賞) 6敗
  回収率 10.7%

2/17の結果
 2勝(金蹄S、稲荷特別) 4敗
  回収率 24.6%
  年間回収率 67.7%
  通算回収率 68.3%

 本命の入賞率(3着以内に入る率)が上がってこない。
 これでは回収率が上がってこないのも当然。
 だからといって購入点数を増やしても、
 それほど状況が改善しないというのがさらに苦しい。
 とりあえずスタンスを変えずに行くが・・・。
 買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  京都:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連

東京09R 調布特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ④コアレスストーム
  ○ ⑦シグナリオ
  ▲ ⑫トーセンジョーカー
  △ ③スズノオオゴン

東京10R 白嶺S(4上1600万下 D短(マイナー))
  ◎ ③スプリングヘッド
  ○ ②ハネダテンシ
  ▲ ⑥ミスターモナルコス

東京11R クイーンS(3歳GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥リトルアマポーラ
  ○ ⑫スワンキーポーチ
  ▲ ③デヴェロッペ
 本命は、前走牡馬相手の重賞で惜しい内容だった⑥。
 東京は初参戦だが、芝1600mでは2戦2勝と好相性。
 対抗は、OP以上で2戦連続2着と惜しい内容の続く⑫。
 芝1600m2着1回で、かつ東京コースに実績があり、
 連対率も100%と完全連対。ここも堅実に走ってきそう。
 3番手は、前走その⑫を破った③。
 前走は初の芝戦にもかかわらず勝ち上がり、
 鞍上もそのときと同じ吉田豊と今回も期待充分と見る。

京都09R 大津特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑯サンシーズン
  ○ ⑦ユウキタイテイ
  ▲ ⑪サンライズヴァトー
  △ ①チェリーロビン

京都10R 木津川特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬パッションレッド
  ○ ⑮フェラーリセブン
  ▲ ⑪ブラックオリーブ
  △ ③ザリーン

京都11R 京都記念(4上GⅡ 芝中(マイナー))
  ◎ ⑩アドマイヤオーラ
  ○ ⑭アドマイヤフジ
  ▲ ⑬ダークメッセージ
 本命は、惜しい競馬の続く⑩。
 とにかく相手なりに走れる感じなので、
 今回も堅実に走ってくれるだろう。
 対抗は、前走久しぶりに重賞を勝った⑭。
 勝てなかったとはいえ、⑩とも鳴尾記念で同着するなど
 地力は示している。距離実績もあり、重賞連覇に期待充分だ。
 3番手は、今年鞍上に名手武豊を迎えながら勝ちきれない⑬。
 とはいえ京都2200mでは勝利実績があり、
 今回もチャンスであることに変わりはない。
 

イギリス映画 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

久しぶりの映画。
今回も重厚な歴史もの。
しかも、こっそり続きもの。
『エリザベス』も観に行った記憶はあるけど、
9年も前の映画だから実際ほとんど覚えてません。
そうは言っても、もともとの歴史好き。
それなりに予備知識ありで映画館に行きました。
平日午前の回を観に行ったが、
客の入りはまあまあ。
平均年齢は、若干高めといった感じか。

時期としては、宗教改革のさなか。
それに新大陸の発見が重なり、
ヨーロッパが新しい時代に向かおうとしていた。
そこに現れた1代の女傑。
処女王と呼ばれた彼女が、エリザベス1世。
前作『エリザベス』でも、
彼女の恋愛に焦点が当てられていたが、
今回もロマンスあり。
しかし、英雄とは男女の別無くいつも孤独…。
その辺の王族などではつまらないし、
かといって王家に臣下の血を入れるわけにも行かず…。
一方政治の方はといえば、
内に正当を主張するメアリー、
外には旧教カトリックの権威をかさに着て、
邪教プロテスタントのエリザベス率いるイングランドを
目の敵にするスペインのフェリペ2世。
しかも、この両者が結びつき、
無敵艦隊とともに一挙に攻めてくる。
イングランドの、エリザベス1世の運命は…。

私としては、無敵艦隊といわれたスペイン艦隊を、
どうやってイングランドが破ったかにも
興味があったのだが、
特攻というか、「三国志演義」にもある
海上火計だったんですねぇ…。
まあ、質量ともに劣るイングランドとしては、
このぐらいのことをしないと
勝てなかったんでしょうねぇ…。

もちろん、映画そのものの出来は上質。
建物は一部本物を使うなど精密であり、
衣装の方も
さすがアカデミー賞にノミネートされるだけあって、
非常にきらびやか。

いちおう続きものだが、あまり意識する必要は無い。
歴史に興味のある人なら、
かなり楽しめる作品ではなかろうか。

「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-17

東京09R TV山梨杯(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③マイネルグラシュー
  ○ ⑧コアレスコジーン
  ▲ ⑪アドマイヤディーノ

東京10R 金蹄S(4上1600万下 D中(マイナー))
  ◎ ①メイショウゲンズイ
  ○ ⑮ストラディヴァリオ
  ▲ ⑯ヴァンデグローブ
  △ ⑪エスケーカントリー

東京11R ダイヤモンドS(4上GⅢ 芝長(マイナー))
  ◎ ③ゴーウィズウィンド
  ○ ⑩ブラックアルタイル
  ▲ ⑧アドマイヤモナーク
  △ ⑦ラムタラプリンス
 本命は、4頭しかいなくても持ち時計最速の③。
 ハンデもだいぶもらったし、
 鞍上も実績のある北村(宏)に戻って改めて期待したい。
 対抗は、内容のある競馬が続く⑩。
 前走は、昇級初戦ながら惜しい競馬。
 斤量も軽くなったし、距離さえこなせば充分逆転候補だろう。
 3番手は、前走重賞を勝っているトップハンデの⑧。
 唯一前走OP以上で勝っているので、この評価はある意味当然。
 ここも勝って、春の中長距離戦線に名乗りを上げたいところだろう。
 あとは、条件級も惜しい競馬の続く⑦も、
 血統と斤量で浮上の目はあると見る。

京都09R 稲荷特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑫ブラックシャンツェ
  ○ ⑩フィールドミューズ
  ▲ ⑪エーシントゥルボー
  △ ⑧マヤノバルトーク

京都10R 河原町S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ③カシノエスケイプ
  ○ ⑧ナリタジューン
  ▲ ①タガノサイクロン

京都11R きさらぎ賞(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ②ブラックシェル
  ○ ⑬アルカザン
  ▲ ⑨マッキーバッハ
 本命は、自己条件をクリアして、改めてOPに挑戦する②。
 OPで2着の実績がすでにあり、京都実績も距離経験もある。
 連対率も100%と今回も安定した活躍が見込める。
 対抗は、休み明けでも2戦2勝でOP実績もある⑬。
 京都1800mの実績もあり、状態充分なら充分逆転できる。
 3番手は、1戦1勝とまだまだ底の知れない⑨。
 鞍上も強化と見ていいし、新馬戦で経験しているのも小さくない。

厳しくやられたねぃ… 「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-16

2/9の結果
 2勝(春菜賞、立川特別) 5敗
  回収率 18.8%

2/10の結果
 2勝(北山S、周防灘特別) 4敗
  回収率 33.3%

2/11の結果
 6敗
  回収率 0.0%
  年間回収率 75.0%
  通算回収率 68.6%

 1週間で3千円負けの体たらくは、今年最悪。
 年間回収率も一気に20%も落ちて、
 去年の最終ぐらいまで低下。
 今週から2場開催なので自然に出は抑えられるが、
 相変わらず予想精度自体が良くないので、
 へこんだ分を取り戻せるかどうかは疑問…。
 とりあえず、今まで通りに買いましょうかねぇ…。
 買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  京都:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連

東京09R セントポーリア賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥ファビラスボーイ
  ○ ⑨コスモザガリア
  ▲ ⑧トーホウカイザー
  △ ⑭スペルバインド

東京10R 初音S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬ラズベリータイム
  ○ ③エリモファイナル
  ▲ ⑧ミルクトーレル
  △ ⑦ダンスオールナイト

東京11R バレンタインS(4上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ④ダンスフォーウィン 条件揃った
  ○ ⑥トールハンマー   鞍上戻って
  ▲ ①マヤノライジン    惜しい競馬続く

京都08R 淀ジャンプS(4上OP 障害(マイナー))
  ◎ ⑩ゴールドリーズン   連勝の勢いで
  ○ ⑧ニホンピロザプラウ 京都実績買って
  ▲ ⑦ブラックファルコン  クラス慣れして

京都09R 宇治川特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③リッカバクシンオ
  ○ ④アドマイヤダーリン
  ▲ スーパーワシントン

京都10R 飛鳥S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③ファランドール
  ○ ⑧アキノレッドスター
  ▲ ⑯コスモスペシャリー

京都11R すばるS(4上OP D短(メジャー))
  ◎ ⑤レキシントンシチー 連勝の勢いで
  ○ ④トーセンブライト   惜しい競馬続く
  ▲ ⑮サンライズレクサス 1つ叩いて
  △ ②ウォーターオーレ  この斤量なら

再掲&予想し直し 「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-11

1回東京4日分は再掲、
2回京都3日分は、出走馬の変更があったので
多少予想し直しです。

東京09R 立春賞(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪スーパーキャノン
  ○ ②ヒカルベガ
  ▲ ⑩キタノリューオー

東京10R 雲雀S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬サウスティーダ
  ○ ⑦ウインディグニティ
  ▲ ①ウエスタンビーナス
  △ ⑪ハネダテンシ

東京11R 共同通信杯(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑯ホッカイカンティ
  ○ ⑬ノットアローン
  ▲ ⑫スマートファルコン
  △ ⑩サダムイダテン
 本命は、OP実績も東京実績もある⑯。
 左回りで2勝している、今のところ完全な左利き。
 ここはチャンスだろう。
 対抗は、⑯の2着という実績がある⑬。
 時計はいいものを持っているので、
 東京でも同じぐらい走れれば充分争覇圏内だろう。
 3番手は、連勝でOPを勝ち上がった⑫。
 距離経験は無いが、鞍上は魅力的だし、まあ克服できるでしょう。
 あとは、前走重賞で2着のため斤量増の無い⑩の陣営も、
 前走の雪辱に燃えていることだろう。

京都09R 春日特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑦リメインオブザサン
  ○ ③ケイアイケイマン
  ▲ ②スプリングダボス
  △ ⑧ジュネビアン

京都10R エルフィンS(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪チュレブリタ      惜しい競馬続く
  ○ ⑦マチカネハヤテ    連勝の勢いで
  ▲ ①ラベ           パワー活かせば
  △ ②オレンジシュプール 距離経験買って

京都11R 山城S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪ゼットフラッシュ
  ○ ⑦サンクスアロット
  ▲ ②エアニックス

「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-10

東京09R 立春賞(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪スーパーキャノン
  ○ ②ヒカルベガ
  ▲ ⑩キタノリューオー

東京10R 雲雀S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬サウスティーダ
  ○ ⑦ウインディグニティ
  ▲ ①ウエスタンビーナス
  △ ⑪ハネダテンシ

東京11R 共同通信杯(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑯ホッカイカンティ
  ○ ⑬ノットアローン
  ▲ ⑫スマートファルコン
  △ ⑩サダムイダテン
 本命は、OP実績も東京実績もある⑯。
 左回りで2勝している、今のところ完全な左利き。
 ここはチャンスだろう。
 対抗は、⑯の2着という実績がある⑬。
 時計はいいものを持っているので、
 東京でも同じぐらい走れれば充分争覇圏内だろう。
 3番手は、連勝でOPを勝ち上がった⑫。
 距離経験は無いが、鞍上は魅力的だし、まあ克服できるでしょう。
 あとは、前走重賞で2着のため斤量増の無い⑩の陣営も、
 前走の雪辱に燃えていることだろう。

京都09R 梅花賞(3歳500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ①ダノンシーガルズ
  ○ ⑩ドリームアビーム
  ▲ ⑨ホワイトピルグリム
  △ ⑬ソラメンテウナベス

京都10R 北山S(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑥ナナヨーヒマワリ
  ○ ⑮カリオンツリー
  ▲ ⑧タガノサイクロン

京都11R シルクロードS(4上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ④クールシャローン
  ○ ②アグネスラズベリ
  ▲ ①ファイングレイン
  △ ⑦テイエムノブシオー
 本命は、前走惜しい競馬だった④。おかげで今回は斤量据え置き。
 時計自体はけっこう優秀だし、
 今回も同じぐらい走れれば、逆転も充分。
 対抗は、平坦競馬場に戻って改めて期待の②。
 芝1200m4勝はメンバー中トップタイ。得意の距離で復活を誓う。
 3番手は、前走④を負かした①。
 NHKマイルC2着以来雌伏の日々が続いたが、前走ついに勝利。
 おかげで前走より斤量をもらってしまったが、
 地力は充分と見るのでこの斤量でも充分戦えるだろう。
 あとは、昇級戦でもこの時期の京都芝1200mを勝ち上がった
 ⑦の勢いにも注目したい。

小倉10R くすのき賞(3歳500万下 D中(メジャー))
  ◎ ②ディープリンク
  ○ ④パラダイスセント
  ▲ ⑤エーシンカマンダー

小倉11R 周防灘特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤ソルジャーズソング
  ○ ⑮ドリームモア
  ▲ ⑭タニノハイクレア

小倉12R 山国川特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②マイネコンテッサ
  ○ ⑪ツアーデフォース
  ▲ ⑬グッドキララ

枠連最高! 「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-09

2/2の結果
 2勝(東京新聞杯、つばき賞) 7敗
  回収率 97.7%

2/3の結果
 1分(バイオレットS) 5敗
2/4の結果
 1勝(根岸S) 2敗
  回収率 74.0%
  年間回収率 92.6%
  通算回収率 69.0%

 東京の2重賞を、予想を外しながらも枠連でまたまた拾い、
 年間回収率は微減と軽傷で済んだ。
 とはいえ、予想自体の精度が良いわけではないので、
 いつ崩れるのかはあいかわらず心配の種…。
 予想自体をがらっと変えられるほどのセンスは無いので、
 ひとまずは出を抑えることに専念。買い方は以下の通り。
  東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連

東京08R 春麗ジャンプS(4上OP 障害(マイナー))
  ◎ ⑬ミヤビペルセウス  東京に戻って
  ○ ③シュフルール     勢いは充分
  ▲ ⑭クルワザード     惜しい競馬続く
  △ ⑪オンワードタイタン 状態回復なら

東京09R 春菜賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑭リトルディッパー
  ○ ⑫メイビリーヴ
  ▲ ②コスモミネルヴァ
  △ ⑤ソーマジック
 (▲だった⑬サマーターゲットの出走取消により、一部変更)

東京10R 立川特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮プロセッション
  ○ ⑬カネスラファール
  ▲ ⑧テンザンモビール
  △ ⑨プライベートプラン

東京11R 白富士S(4上OP 芝中(メジャー))
  ◎ ③グラスボンバー  東京実績重視
  ○ ⑬メテオバースト   前走惜しい内容
  ▲ ④サンツェッペリン この距離なら
  △ ⑭トーホウアラン  状態万全なら

京都09R 春日特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③リメインオブザサン
  ○ ⑥ケイアイケイマン
  ▲ ①スプリングダボス
  △ ⑨ジュネビアン

京都10R エルフィンS(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪チュレブリタ      惜しい競馬続く
  ○ ⑩マチカネハヤテ    連勝の勢いで
  ▲ ③ラベ           パワー活かせば
  △ ⑨オレンジシュプール 距離経験買って

京都11R 山城S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮シルクドラグーン
  ○ ⑪ゼットフラッシュ
  ▲ ⑩サニーアンジェリカ

小倉10R 小石原特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①エーシンアロー
  ○ ⑭リリウオカラニ
  ▲ ③アキノパンチ

小倉11R 小倉大賞典(4上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ①ニルヴァーナ
  ○ ⑨オースミダイドウ
  ▲ ④マルカシェンク
  △ ⑧デンシャミチ
 本命は、昇級戦だが持ち時計はいい①。
 今回は斤量も少々軽めなので、スピード勝負は望むところだろう。
 対抗は、休み明けを叩いた⑨。
 休み明けでいきなりの対古馬戦は少々酷だったか。
 芝1800mは2戦2勝と相性は抜群。改めて期待だ。
 3番手には、前走休み明けを勝った④。
 距離相性は良くないが、鞍上は相性抜群の福永。
 さらなる上がり目にも期待だ。
 あとは、休み明けでも唯一小倉で2勝を挙げている⑧も
 見逃せない。

小倉12R 皿倉山特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ③ビクトリーフラッグ
  ○ ⑧ミスターシーザ
  ▲ ⑥ドリームフライト

代替開催分 「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-04

東京09R 箱根特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑨ウイドーハンター
  ○ ⑦マイネルファヴール
  ▲ ⑥ダイワバゼラード
  △ ⑭タニノディキディキ

東京10R 早春S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧ショウワモダン
  ○ ④マイネルキッツ
  ▲ ⑪エリモファイナル

東京11R 根岸S(4上GⅢ D短(メジャー))
  ◎ ⑭アドマイヤスバル
  ○ ⑮メイショウバトラー
  ▲ ④ワイルドワンダー
 本命は、休み明けでも東京D1400mでは
 必ず馬券に絡んできている⑭。
 休み前は4連続連対と充実期の印象。
 初の重賞挑戦も、得意のこの距離なら充分勝機あり。
 対抗は、なぜか東京とは相性の良くない⑮。
 それでも地力は充分だし、鞍上も魅力的。斤量55kgなら。
 3番手は、これも休み明けだが東京D1400mと相性のいい④。
 前走はさすがに少々距離が長かった感はあるが、
 それでも掲示板に突っ込んでくるあたりはさすが。
 鞍上もダートに強い岩田騎手だし、状態万全なら逆転も充分。

修正後の「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-03

東京開催が降雪で中止&京都で出走取消があったので、
以下の通り修正いたします。

京都09R バイオレットS(3歳OP D短(メジャー))
  ◎ ⑦シルクビッグタイム 連勝の勢いで
  ○ ⑥ナンヨーヒルトップ 状態万全なら
  ▲ ⑤リバータウン     惜しい競馬続く

京都10R 松籟S(4上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑨マルカハンニバル
  ○ ⑤アキノレッドスター
  ▲ ⑧アグネストレジャー

京都11R 京都牝馬S(4上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑭ブルーメンブラット
  ○ ③アドマイヤキッス
  ▲ ⑦アンロワーズ
 本命は、前走惜しい競馬だった⑭。
 京都も悪くないし、連対率も高く計算できる。
 鞍上も1度乗って3着だが、
 力のあるルメールなのでチャンスは充分と見る。
 対抗は、惜しい競馬の続く③。
 京都とはなぜか相性が悪いのだが、
 平坦の方が得意そうなので斤量背負わされてもチャンスは充分だ。
 3番手は、前走1600mのOPを勝った⑦。
 持ち時計トップだし、しかもそれは京都で出したもの。
 斤量はもらったものの、時計勝負に持ち込めば逆転も充分。

小倉10R 筑前特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ④マイネルスパーダ
  ○ ⑫ケイアイマイスキー
  ▲ ⑦ノボワールド
  △ ⑩エプソムメアラス

小倉11R 壇之浦特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧ケンブリッジレーザ
  ○ ②フミノパッション
  ▲ ⑫アヴェンティーノ
  △ ④スペシャルフロート

小倉12R 紫川特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑱ベレッツァ
  ○ ⑯シュガーヴァイン
  ▲ ⑫シルクヴァルキリー

100%に戻りたい… 「新・中央競馬予想戦記」 2008-02-02

東京09R クロッカスS(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ④マヤノベンケイ
  ○ ⑪アポロフェニックス
  ▲ ⑫ニシノオニテツマル

東京10R 春望S(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑮セイウンプレジャー
  ○ ⑬グリーンアラモード
  ▲ ①ウィストラム

東京11R 東京新聞杯(4上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩ジョリーダンス
  ○ ⑯サイレントプライド
  ▲ ⑧エイシンデピュティ
  △ ⑨リキッドノーツ
 本命は、前走惜しい競馬だった⑩から。
 東京芝1600mも(2-1-1-1)と悪くないし、
 持ち時計もあるのでここも勝ち負けできるだろう。
 対抗は、芝1600m4勝と最多タイの⑯。
 適距離は1800mぐらいまでのようなので、今回はまさに適距離。
 3番手は、GⅢではいい競馬を続ける⑧。
 距離も悪くないし、なにより騎手との相性が抜群だ。
 あとは、連対率がメンバー中最高の⑨の堅実さは無視できない。

京都09R つばき賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ④ミッキーチアフル
  ○ ①ファリダット
  ▲ ③シングライクバード

京都10R 水路閣特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨ボストンゴールド
  ○ ①テイエムカゲムシャ
  ▲ ⑧アドマイヤディーノ

京都11R 橿原S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑬ウィズインシーズ
  ○ ③タイキフェアレディ
  ▲ ①ヘイローフジ

小倉10R 萌黄賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤アイリッシュカフェ
  ○ ⑭サクライダテン
  ▲ ⑦バロンダンス

小倉11R 和布刈特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑬ロトブルースター
  ○ ⑮トシセント
  ▲ ⑥タカオセンチュリー
  △ ⑩チェリーロビン

小倉12R 香春岳特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤ワンダーフルーツ
  ○ ④セントラルパーク
  ▲ ①アップステージ

実は去年より悪かった… 「新・中央競馬予想戦記」2008年第1開催を振り返って

1/26の結果
 2勝(若駒S、舞鶴特別) 2分(若竹賞、アレキサンドライトS)
 5敗
  回収率 155.0%

1/27の結果
 3勝(サンライズS、アメリカジョッキーズクラブC、小倉城特別)
 1分(菜の花賞) 5敗
  回収率 139.4%
  年間回収率 94.7%
  通算回収率 68.9%

 今週は4ケタ配当2発
 (若駒S、アメリカジョッキーズクラブC)と、
 単勝1点的中(小倉城特別)でなかなかの好成績。
 開催回収率(=年間回収率)も94.7%ならまあまあかな…、
 と思ったら、去年は100%UPしてたりして…。
 まあ…、今後に期待です…。

今開催を振り返って
  ①芝中距離が絶好調!(15戦通算225.9%)
  ②重賞で稼げたのは大きい(8戦通算151.2%)
  ③ダート短距離も良かった(8戦通算117.3%)
  ④検体数こそ少ないが、芝長距離が悪かった
    (4戦通算25.7%)
  ⑤検体数の多い芝短距離も足を引っ張った
    (22戦通算40.5%)
 ①、④、⑤と芝レースで明暗が分かれたが、
 芝全体では105.9%と中距離だけで支えきった格好。
 次開催以降も、投資金額の大きい
 オープン以上を中心に稼いで行ければ、
 そう悪い結果にはならないはず…。
 中山から東京に変わるのがどう影響してくるか。
 今週は以下の買い目でご機嫌をうかがう。
  東京:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
  京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
  小倉:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ