« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-30

中山09R 千葉日報杯(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬コスモラヴソング
  ○ ⑦シベリアンクラシカ
  ▲ ⑩ドリームキセキ

中山10R スピカS(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑩ソリッドスライダー
  ○ ⑮キタノリューオー
  ▲ ⑭イースター
  △ ②サケダイスキ

中山11R マーチS(4上GⅢ D中(メジャー))
  ◎ ⑨マコトスパルビエロ
  ○ ⑦アドマイヤスバル
  ▲ ⑧ブラックランナー
 挙げた3頭は、ここ5戦掲示板を外していない堅実派揃い。
 どれも安定感があって甲乙つけがたいが…。
 本命は⑨から。距離、馬場ともに実績があり、
 これといった減点ポイントも見当たらない。
 対抗には、休み明けの重賞初挑戦を無難にこなした⑦。
 距離と、初挑戦の中山の馬場をこなせば逆転も。
 3番手は、昇級初戦のOP戦を無難にこなした⑧。
 3頭しかいない中山D1800m2勝馬のうちの1頭。
 しかも、D1800m4勝はメンバー中トップで、
 斤量も上記2頭より若干軽いので、逆転もありうる。

阪神09R 君子蘭賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩アイリッシュカフェ
  ○ ⑤サワヤカラスカル
  ▲ ⑱メルシーヨーク
  △ ⑧サンマルハッピー

阪神10R 四国新聞杯(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑥タガノエクリプス
  ○ ⑨フォーリクラッセ
  ▲ ⑤ケージームサシ

阪神11R 心斎橋S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③サウスティーダ
  ○ ⑱シルクドラグーン
  ▲ ⑪グリューエント

中京09R 刈谷特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④リリウオカラニ
  ○ ⑧アキノパンチ
  ▲ ⑫アナナス

中京10R 伊勢特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑥マーキュリー
  ○ ⑦トーホウアタック
  ▲ ⑯ゴールドイモン
  △ ⑪エターナルサーガ

中京11R 高松宮記念(4上GⅠ 芝短(メジャー))
  ◎ ①スズカフェニックス
  ○ ②プレミアムボックス
  ▲ ⑧リミットレスビッド
 本命は、脚質的にやや不利だが、実績では1枚上を行く①。
 前走も斤量差をものともせずに無難にこなし、
 今回も鞍上が替わった以外にこれといったマイナスは無い。
 対抗には、いろいろあったオーシャンSを勝った②。
 しかし、運だけではなく芝1200m5勝と得意の距離。
 ①がこの距離得意ではないといわれているだけに、
 運と勢いで逆転も充分か。
 3番手は、最近はダートでの活躍が目立つ⑧。
 とはいえこちらも②と同じく芝1200m5勝。
 しかも鞍上が中央移籍後もいろいろ持ってきている内田(博)。
 古豪が芝で復活、というシナリオもありかと…。

中京12R 恋路ヶ浜特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑫シゲルタック
  ○ ⑥セタガヤフラッグ
  ▲ ⑯クリムゾンベガ

ミート重視か、長打重視か… 「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-29

中山08R ペガサスジャンプS(4上JOP 障害(マイナー))
  ◎ ③コスモラバンジン 連勝の勢いで
  ○ ④テンジンムサシ  地脚は高い
  ▲ ⑦メイショウタロー  状態充分なら

中山09R ミモザ賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②シェリルピンク
  ○ ⑤ダークエンジェル
  ▲ ③ラドクリフヤード
  △ ⑪エールドクラージュ

中山10R 富里特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ④インベスター
  ○ ⑬ローランウェルズ
  ▲ ⑧エターナルスマイル

中山11R 日経賞(4上GⅡ 芝長(マイナー))
  ◎ ⑤アドマイヤモナーク
  ○ ①トウショウナイト
  ▲ ⑬ココナッツパンチ
 本命は、重賞連勝で勢いにに乗る⑤。
 中山実績もあるので、今回も期待して良さそう。
 対抗は、惜しい競馬が続き復調傾向の①。
 中山との相性も悪くないので、今回も期待だ。
 3番手は、骨折明けも能力の高さは見せている⑬。
 しかも中間熱発もありと不安要素はかなりあるが、
 状態充分なら勝ち負けする能力はあると見る。

阪神09R 山陽特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨キャプテンベガ
  ○ ②スパニッシュソウル
  ▲ ⑩ザリーン

阪神10R 鳴門S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ③カシノエスケイプ
  ○ ⑩ビッグジェム
  ▲ ⑨グリーンアラモード

阪神11R 毎日杯(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ④アドマイヤコマンド
  ○ ⑧リヴザルト
  ▲ ⑤ロードバリオス
  △ ⑭マイネルスターリー
 本命は、1戦1勝でも阪神芝1800mに実績のある④。
 時計も悪くないので、いきなりでも戦えるのではと見る。
 対抗は、南半球生まれで斤量が軽くなっている⑧。
 まだ未勝利を勝ち上がったばかりだが、
 斤量差を活かしての抜擢だ。
 3番手は、こちらも阪神コースと相性のいい⑧。
 OP馬4頭中阪神実績があるのは⑧と⑬だけだが、
 ⑬は重賞勝ち馬で斤量増されている上に鞍上がやや頼りない。
 ⑤は鞍上も頼りになりそうだし、ここは立場逆転と見る。
 あとは、前走重賞で惜しい内容だった⑭も、
 叩き3走目で走り頃と見る。

中京10R フリージア賞(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥オブコース
  ○ ⑦カイゼリン
  ▲ ④プラティコドン
  △ ③アイノレグルス

中京11R 三河特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③リッカバクシンオ
  ○ ⑬ウィズディクタット
  ▲ ⑤パパラチア

中京12R 渥美特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮ギーニョ
  ○ ⑧プリンセスイブ
  ▲ ⑫ウェンブリー

GⅡ年の次はOP年? 「新・中央競馬予想戦記」2008年第3開催を振り返って

3/22の結果
 9敗
  回収率 0.0%

3/23の結果
 2勝(東風S、阪神大賞典) 7敗
  回収率 100.0%
  年間回収率 73.5%
  通算回収率 68.7%

 3/16のセミ坊主に続き、3/22は見事な坊主。
 それだけに、3/23のきれいに100%回収はありがたかった。
 口座金額もひとまず10000円キープできたのは良い。
 ところどころ大きいところが取れるようになってきているので、
 小さいところも取りこぼさないように行きたい。

今開催を振り返って
  ①3/15のOP2連勝(千葉S&大阪城S)で、
    以下のカテゴリーが開催どころか年間プラスに…
     (1)OP戦(年間26戦通算103.9%)
     (2)芝中距離(年間57戦通算117.9%)
     (3)ダート短距離(年間25戦通算114.1%)
  ②他にも以下のカテゴリーで開催収支プラスに
    (1)4歳以上(55戦通算113.0%)
    (2)検体数少ないけど芝長距離(6戦通算166.4%)
    (3)ダート全体(13戦通算127.5%)
    (4)阪神コース(25戦通算102.6%)
  ③でも、重賞は悪い(14戦通算29.2%)
  ④勝率(収支プラスレース÷総レース数)が悪い
    (通算:24.1% 今開催:19.2%)
 今開催は大振りで回収金額を引き上げた面が大きかった。
 ただし、当り外れが大きかったのもまた確か。
 そういう開催も悪くないが、
 それならそれで、
 開催単位で回収100%必達といきたいわけで…
 (ちなみに今開催は84.4%)。
 それに、取りこぼし(馬連でも取れたのにワイド買ってる)
 が少なくなく、自分の予想を信用できてないこの現状…。
 悲しいですなぁ…。
 ま、とりあえず次週の買い方はこんな感じで…。
  中山:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
  阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
  中京:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイド 

「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-23

中山09R 内外タイムス杯(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑮アグネスネクタル
  ○ ⑫メイショウゲンズイ
  ▲ ③スイートフィズ
  △ ⑨メジロバーミューズ

中山10R 東風S(4上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥ステキシンスケクン 前走惜しい内容
  ○ ⑩メテオバースト    距離実績買う
  ▲ ⑫ブラックカフェ    鞍上魅力
  △ ⑬リザーブカード    鞍上戻って

中山11R スプリングS(3歳GⅡ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩ショウナンアルバ
  ○ ⑧レインボーペガサス
  ▲ ⑭レッツゴーキリシマ
 本命と対抗の差は中山での実績の有無のみ。
 芝1800mの重賞の勝ち馬という点でも共通。
 ただ、対抗は鞍上が面白い。
 馬場経験値の差を乗り越えれば逆転も充分。
 3番手には、惜しい競馬の続く⑭。
 朝日杯フューチュリティS2着の実績があるので、
 馬場の問題もないだろう。力の差はそれほど無いと思われる。

阪神09R 雪割草特別(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑭マルカベスト
  ○ ⑪ルールプロスパー
  ▲ ⑧シゲルハスラット

阪神10R 但馬S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧ブラックシャンツェ
  ○ ①ケンブリッジレーザ
  ▲ ⑮アキノレッドスター

阪神11R 阪神大賞典(4上GⅡ 芝長(マイナー))
  ◎ ⑪アドマイヤフジ
  ○ ②アイポッパー
  ▲ ⑬メトロシュタイン
  △ ①アドマイヤジュピタ
 本命は、去年末以来内容のある競馬を続けている⑪。
 安定感に欠けるが、阪神はわりと相性の良さそうな競馬場なので、
 距離さえ克服すれば勝機充分。
 対抗は、去年のこのレースの勝ち馬②。
 前走はかなり久しぶりだったので、
 今回の上がり目には期待したい。
 3番手には、昇級戦ながら安定感はある⑬。
 距離経験もいちおうあるし、鞍上も福永が合うようだ。
 あとは、少々間隔は空いたが近走大負けの無い①の
 安定感も捨てがたい。

中京10R 豊橋特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥リリウオカラニ
  ○ ⑯アキノパンチ
  ▲ ④タガノマスタング

中京11R トリトンS(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦ニシノプライド
  ○ ⑪ダディーズケア
  ▲ ④タニノハイクレア
  △ ⑱バルバレスコ

中京12R 尾頭山特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮セラフィックロンプ
  ○ ⑭アヴェンティーノ
  ▲ ⑪スプリングダボス
  △ ①ツアーデフォース 

たまにはこんな日もあるさ 「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-22

3/15の結果
 2勝(千葉S、大阪城S) 1分(ファルコンS) 7敗
  回収率 247.0%

3/16の結果
 1勝(安城特別) 8敗
  回収率 16.9%
  年間回収率 74.7%
  通算回収率 68.7%

 土曜日は3場メインレースすべてを的中。
 配当も良く、一気に年間回収率も10%以上上昇。
 それだけに、日曜の成績は厳しいの一言。
 好調期が長続きしないのが悪いところ。
 今週も土曜ぐらい稼げれば、いいんですけど…。
 今週の買い方は、先週と変わらず以下の通り。
  中山:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
  阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイド
  中京:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイド

中山09R 館山特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪コスモオースティン
  ○ ③マイネルファヴール
  ▲ ⑨ユウタージャック
  △ ⑧ワイルドコンコルド

中山10R アクアマリンS(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③トーセンクラウン
  ○ ⑫カイシュウタキオン
  ▲ ⑪トップオブツヨシ

中山11R フラワーC(3歳GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩シングライクバード
  ○ ①ブラックエンブレム
  ▲ ⑯スペシャルディナー
 本命は、2連勝中で3戦3連対の⑩。
 中山の坂に不安は残るが、
 距離実績はあるので勝負になると見る。
 対抗は、中山実績がある組からマイナスポイントの無い①を。
 こちらは距離に不安はあるが、
 1ハロン伸びる程度なら問題ないだろう。
 3番手は、500万下ながら中山芝1800mに実績のある⑯。
 父系を見る限り、距離は長いほうが良さそうなので、
 この距離はやはり向くだろう。

阪神09R 須磨特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬リッターヴォルト
  ○ ⑧ゴッドスマイルユー
  ▲ ⑤コパノスケ

阪神10R 若葉S(3歳OP 芝中(メジャー))
  ◎ ③キングスエンブレム OP実績買う
  ○ ①モンテクリスエス   前走惜しい競馬
  ▲ ⑥ペルルデジャルダン 距離実績買う

阪神11R 伊丹S(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ④セイウンプレジャー
  ○ ⑪ルミナスポイント
  ▲ ③イリューシブネス

中京10R あざみ賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩オリジナルフェイト
  ○ ③ヒルノラディアン
  ▲ ⑥マイネルインゼル
  △ ①スリーラスカル

中京11R 鈴鹿特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④ベレッツァ
  ○ ⑬ヤマニンエマイユ
  ▲ ⑰タイキミューズ
  △ ②メイショウバレーヌ

中京12R 熱田特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥カゼノユクエ
  ○ ⑧ショウナンライジン
  ▲ ⑤ワンダフルキャスト

「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-16

中山09R 浅草特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑫ダイワギブソン
  ○ ⑦パートゥーアワーズ
  ▲ ⑧コアレスコジーン

中山10R サンシャインS(4上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ②エフティイカロス
  ○ ①アグネストレジャー
  ▲ ⑥フェニコーン

中山11R 中山牝馬S(4上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨ヤマニンメルベイユ
  ○ ⑭ニシノマナムスメ
  ▲ ②エリモファイナル
  △ ⑦ニホンピロシェリー
 本命は、前走OP戦とはいえ牡馬相手に善戦した⑨。
 中山実績も高く、それでいて斤量も軽めなので、ここは狙い目。
 対抗は、休み明けだが内容のある競馬を続けていた⑭。
 鞍上との相性も非常に良く、状態万全なら逆転も充分。
 3番手は、条件級だがOP実績のある②。
 格上挑戦ということで斤量が軽いのが魅力。
 勝負強さを見せてほしいところだ。
 あとは、こちらも休み明けで、しかも格上挑戦だが
 近5戦掲示板を外していない⑦の堅実さを買っておく。

阪神09R 丹波特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④ホウショウループ
  ○ ⑩ケイアイマイスキー
  ▲ ⑨クラウニングワーク

阪神10R 甲南S(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑭メイショウゲンスイ
  ○ ②フリートアドミラル
  ▲ ⑬セフティーステージ

阪神11R フィリーズレビュー(3歳GⅡ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥エーソングフォー
  ○ ⑮エイムアットビップ
  ▲ ⑩ラベ
 本命は、前走同じ距離のOPを勝ち上がって挑む⑥。
 唯一連を外した重賞戦でも惜しい内容で、今回も充分勝負になる。
 対抗は、休み明けだが阪神JF3着の実績を持つ⑮。
 そのレースも惜しい内容で、状態万全なら逆転も充分。
 3番手は、阪神芝で2戦2勝と実績上位の⑩。
 ここ2戦OPでしかも京都ということもあり今ひとつの内容だったが、
 阪神に戻って改めて期待したい。

中京10R 桑名特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①ウインイージス
  ○ ⑰フローネ
  ▲ ⑬エイワハヤブサ

中京11R 名鉄杯(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑫タニノディキディキ
  ○ ⑧ロードアルファード
  ▲ ⑥ヒカリシャトル

中京12R 安城特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②エテルノ
  ○ ⑤フラワータキシード
  ▲ ⑨マイネルハイアップ
  △ ⑥ダノンスイショウ

惜しいところまでは行ってるが… 「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-15

3/8の結果
 2勝(淡路特別、中京スポーツ杯) 7敗
  回収率 49.4%

3/9の結果
 2勝(房総特別、アルメリア賞) 7敗
  回収率 19.5%
  年間回収率 64.4%
  通算回収率 68.2%

 中京記念は○▲がワイドで5530円的中。
 買い方がまずかったですねぇ…。
 しかも、本命がそもそも来ていないわけだから、
 本命1点買いしたところで当たるわけがない。
 今週の買い方は以下の通り
 (結局本命1点買いかよ! って言うのは言わない約束で…)。
  中山:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
  阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイド
  中京:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイド

中山09R 鎌ヶ谷特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ④ジャンバルジャン
  ○ ②トワイライトワルツ
  ▲ ⑬セレスケイ

中山10R アネモネS(3歳OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑭デヴェロッペ     中山に戻って
  ○ ⑫ラルケット       前走惜しい競馬
  ▲ ⑨ブーケフレグランス 鞍上も魅力

中山11R 千葉S(4上OP D短(メジャー))
  ◎ ⑤ワイルドシャウト   中山に戻って
  ○ ③ゼンノコーラル    前走だけ走れば
  ▲ ⑩ビクトリーテツニー  勢いを感じる

阪神09R 阪神スプリングジャンプ(4上JGⅡ 障害(マイナー))
  ◎ ②シュフルール
  ○ ⑫チャクラ
  ▲ ⑪コウエイトライ
 本命は、ここ3戦連対を続けてOP実績も積んだ②。
 地脚も結構あるので、初重賞でも充分戦えるだろう。
 対抗は、地脚最高の⑫。
 なんといっても平地重賞の勝ち馬で、しかも長距離向き。
 障害OPでも2着を続けており、重賞で初OP勝ちもある。
 3番手は、唯一の障害重賞勝ち馬である⑪。
 前走が競走中止ということで少々評価を下げてみたが、
 障害での格はこの馬が最高。古豪の意地の見せ所だ。

阪神10R うずしおS(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑨シュガーヴァイン
  ○ ②ミルクトーレル
  ▲ ⑩ラブアクチュアリー

阪神11R 大阪城S(4上OP 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮オースミグラスワン 前走惜しい内容
  ○ ④パーフェクトジョイ  阪神に戻って
  ▲ ⑥マヤノライジン    惜しい競馬続く

阪神12R 洲本特別(4上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑧ワーキングウーマン
  ○ ⑤レゾリューション
  ▲ ①ナムラアトランテス

中京10R 岡崎特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑮ギーニョ
  ○ ⑫アズライト
  ▲ ③プリンセスイブ
  △ ⑥プリンセスドルチェ

中京11R ファルコンS(3歳GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩ダノンゴーゴー
  ○ ⑭メイプルストリート
  ▲ ⑯マルブツイースター
  △ ⑱マヤノベンケイ
 本命は、昇級戦だがOP2着の実績がある⑩。
 距離実績も高く、鞍上も魅力的でここは連勝機だ。
 対抗は、前走牝馬限定戦とはいえOPで惜しい内容だった⑭。
 中京実績もあり、鞍上も勝利実績のある
 中舘騎手に戻って改めて期待だ。
 3番手は、重賞勝ち馬で前走もOPで勝っている⑯。
 クラス実績が高く、鞍上もなかなか魅力的だ。
 あとは、距離経験すらないが実力上位の⑱も見限れない。

中京12R 伊良湖特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ①ラストアロー
  ○ ⑨アクセルファイヤー
  ▲ ブルーフェアプレー

「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-09

中山09R 房総特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩ソルジャーズソング
  ○ ⑬リネンアカシア
  ▲ ①コアレスソニック

中山10R ブラッドストーンS(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑥グリーナラモード
  ○ ⑩マルターズマッシブ
  ▲ ⑤メジロファルカル
  △ ④タータンフィールズ

中山11R 弥生賞(3歳GⅡ 芝中(メジャー))
  ◎ ③マイネルチャールズ
  ○ ⑫アインラクス
  ▲ ⑦フサイチアソート
 本命は、中山芝2000mを唯一勝っている③。
 4戦連続連対と、勢いも充分感じさせてくれるのが心強い。
 対抗は、芝2000mのOP戦を勝っている⑫。
 中山の坂さえこなせば、距離経験で逆転も充分と見る。
 3番手は、休み明けでも2戦2勝で重賞を勝っている⑦。
 鞍上も悪くないし、
 何よりもいまだ負けを知らないというのは不気味だ。

阪神09R アルメリア賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩レッドシューター
  ○ ⑪マッキーバッハ
  ▲ ⑥エアシャトゥーシュ

阪神10R 仲春特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦ワンダーボーイ
  ○ ③ウィズディクタット
  ▲ ⑨ミスズアロハ
  △ ⑩アドマイヤダーリン

阪神11R 仁川S(4上OP D中(マイナー))
  ◎ ⑫タガノサイクロン
  ○ ⑭ブラックランナー
  ▲ ⑬アドマイヤミリオン
  △ ⑥ブルーフランカー

中京10R 熊野特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ①ショウナンラヴァー
  ○ ⑬マストビートゥルー
  ▲ ⑭タガノアッシュ

中京11R 中京記念(4上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ①トーホウアラン
  ○ ②タスカータソルテ
  ▲ ⑤ワイルドファイヤー
  △ ⑩ニルヴァーナ
 本命は、中京で重賞実績のある①。
 近5戦では、GⅠ以外では掲示板を外さず、かつ重賞2勝。
 距離実績もあり、不安といえば鞍上がテン乗りなことぐらいかも。
 対抗は、休み明けでも前走惜しい競馬だった②。
 芝2000mで2勝とこちらも距離相性がいい。
 斤量が若干軽いので、状態次第では逆転も。
 3番手は、昇級戦のOP戦をを無難にこなした⑤。
 鞍上は若干不安だが、斤量が恵まれているのでそこが活きれば。
 あとは、ここ5戦掲示板を外していない
 ⑩の堅実さを抑えておきたい。

中京12R 瀬戸特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ①ウインプログレス
  ○ ⑮ゴールドイモン
  ▲ ⑫ブレイバー

小さくしか勝てないなら、小さく負けたい 「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-08

3/1の結果
 3勝(韓国馬事会杯、千里山特別、高山特別) 6敗
  回収率 128.3%

3/2の結果
 2勝(すみれS、鞍ヶ池特別) 7敗
  回収率 50.0%
  年間回収率 68.6%
  通算回収率 68.4%

 回収率自体は、土曜日を中心にそんなに悪くないが、
 4頭BOXが重くのしかかる現行シフトでは、
 OP以上の1敗は条件戦数敗分に匹敵する。
 できれば点数を絞って行きたいが、
 リスク回避しているだけでは能が無いのもまた確か。
 ひとまず今週の買い方は以下の通り。
  中山:条件戦=単勝1点買い OP以上=馬連
  阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=馬連
  中京:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連

中山09R 黄梅賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④サイレントフォース
  ○ ⑫リトルディッパー
  ▲ ⑨タケショウオージ

中山10R 両国特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑯コスモオースティン
  ○ ⑦スーパーキャノン
  ▲ ⑬ミスティックリバー
  △ ③ユウタージャック

中山11R オーシャンS(4上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤アイルラヴァゲイン
  ○ ④サンアディユ
  ▲ ⑩ブラックバースピン
  △ ⑯ドラゴンウェルズ
 高松宮記念出走への最終切符をかけて、上位混戦の1戦。
 印を打った4頭は、ほぼ同等の評価。
 本命には、その中で唯一休み明けでない⑤を選んだ。
 中山芝1200m3勝はメンバー中トップで、ここは絶好の舞台
 対抗以下はともに休み明けだが、
 スプリンターズS2着&唯一斤量追加と実力上位の④を対抗。
 近5走6着以下の無い堅実さが売りの⑩を3番手に。
 中山芝1200mの持ち時計がいい⑯を4番手とする。

阪神09R 淡路特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ③ケンブリッジレーザ
  ○ ①キャプテンベガ
  ▲ ⑤マイネルアンサー

阪神10R 武庫川S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪シルクドラグーン
  ○ ⑭マイネルクラッチ
  ▲ ⑥キタノリューオー
  △ ③トップオブツヨシ

阪神11R チューリップ賞(3歳GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ②トールポピー
  ○ ⑮オディール
  ▲ ⑪メイショウジェイ
 本命は、阪神JFを勝って以来のレースとなる②。
 当然馬場、距離ともに実績ありで、調子万全ならここも当然。
 対抗は、もう1頭の重賞勝ち馬⑮。
 こっちらも阪神実績はあるので、
 ②より調子が良ければ逆転も充分と見る。
 3番手には、1戦1勝の馬から鞍上実績のある⑪を抜擢。
 当然上位とは差があるが、使ってきている分と買った勢いで、
 上位に食い込む余地はあると見る。

中京10R はなのき賞(3歳500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④アイリッシュカフェ
  ○ ⑬バロンダンス
  ▲ ⑯メインヴォーカル
  △ ⑨マルカベスト

中京11R 中京スポーツ杯(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑪サケダイスキ
  ○ ⑧マヤノバルトーク
  ▲ ⑤スプリングダボス
 (⑦アドマイヤカンナ出走取消により、一部変更)

中京12R 金山特別(4上500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ②メイショウアンドレ
  ○ ⑨イブキレボルシオン
  ▲ ⑫ユメロマン 

日本映画 「明日への遺言」

責任の取り方には、いろいろあるだろう。
職を辞するもあり、職とともに責任を全うするもあり。
この映画の主人公、岡田資中将は、
後者を選んだといえるだろう。

岡田は、当初より自らの命と引き換えに
未来ある若き部下の助命を、
この「法戦」の主目的としていた。
しかし、そのあまりにも堂々とした、
また真摯な態度に、アメリカ人弁護士、
また裁く側にあるアメリカ人検事や裁判官までが、
彼に情を寄せ、彼の命を救わんとさえした。
しかし、彼の真意を知ったそれらアメリカ人は、
結局は彼の意を汲まざるを得なくなる。
高潔な彼に比べれば、
未来ある若人を「特攻」という暴挙に駆り立てた輩は、
日本の未来を打ち壊した大罪人といえるだろう。

法廷劇としても、「それでもボクはやってない」とは、
時代も扱う案件も違うが、
日本映画としては質が高く、緊張感もある。

泣けました。
少々重い題材なので星を減じたが、
万人にお勧めしたい良作です。

「新・中央競馬予想戦記」 2008-03-02

中山09R 水仙賞(3歳500万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑩ダイワワイルドボア
  ○ ③スマイルオンザラン
  ▲ ⑬オリエンタルヨーク

中山10R 木更津特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦ヒカルダイヤモンド
  ○ ⑤ダイワギブソン
  ▲ ⑧マイネルグラシュー
  △ ⑮パートゥーアワーズ

中山11R 中山記念(4上GⅡ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑤エアシェイディ
  ○ ⑦カンパニー
  ▲ ⑨リキッドノーツ
 本命は、前走ようやく重賞制覇を果たした⑤。
 その分斤量は増やされているが、
 堅実な脚があるので今回も期待できる。
 対抗には、休み明けを無難にこなした⑦。
 天皇賞(秋)3着の実績がありながら斤量は並なので、
 ここは逆転のチャンス。
 3番手には、前走⑦に先着している⑨。
 前走の斤量差が埋まっているのは気がかりだが、
 中山3勝の実績は、メンバー中トップタイなので、そこに期待だ。

阪神09R すみれS(3歳OP 芝中(マイナー))
  ◎ ⑥キングスエンブレム 前走惜しい内容
  ○ ⑧モンテクリスエス   鞍上魅力
  ▲ ⑤ファリダット      阪神実績買う

阪神10R なにわS(4上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑪カシノエスケイプ
  ○ ①ナリタジューン
  ▲ ⑦シャインウェーヴ

阪神11R 阪急杯(4上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦ナスノストローク
  ○ ⑩キンシャサノキセキ
  ▲ ⑫アンブロワーズ
  △ ⑤マルカフェニックス
 本命は、前走OPを勝ち上がった⑦。
 芝1400m3勝は、メンバー中2位とこの距離を得意にしている。
 対抗は、持ち時計1位の⑩。
 阪神コースとはあまり相性が良くないようだが、
 鞍上がそれを補ってくれるものと信じてみる。
 3番手は、阪神と相性のいい⑫。
 阪神コース(2-2-0-1)と連対率が高いので、今回も期待できそう。
 あとは、4連勝で一気にOPに駒を進めてきた⑤の、
 圧倒的な勢いに期待したいところだ。

中京10R 美濃特別(4上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑭カゼノユクエ
  ○ ⑦シルクバッカス
  ▲ ⑤フューチャーボーイ

中京11R 大須特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑭フォーリクラッセ
  ○ ⑤ニューグランジ
  ▲ ③ダイワジーニアス

中京12R 鞍ヶ池特別(4上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ①ヤマニンエマイユ
  ○ ④ノーモアイクライ
  ▲ ③アスタートリッピー

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ