« アメリカ映画 「ラスベガスをぶっつぶせ!」 | トップページ | 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編) »

地獄廻り④ 函館元町坂地獄(前編)

ようやく午後突入。てゆーか朝から無駄に歩きすぎ。
そんなわけで、ひとまず昼ごはんから…。

5/16 12:00
 金森倉庫近くの「羊羊亭(めいめいてい)」にて、
 「八雲豚ジンギスカン定食」(1180円)を昼食にいただく。
 味、量ともに充分満足いくもので、
 しかも野菜のみとはいえおかわり自由なのもうれしい。

5/16 12:30
Imgp0153せっかく来たので、金森倉庫周辺を散策。
レンガ造りの倉庫がこのように美しく
並んでる姿は、やはり圧巻ですなぁ。


5/16 12:45
Imgp0156「高田屋嘉兵衛資料館」着。
といっても資料館なので、
中に入るとお金がかかる。
というわけで外観のみ。
           向かって左は明治36年建築、右は大正12年建築。

5/16 12:50
Imgp0160「東本願寺函館別院」着。
日本初の鉄筋コンクリートだけの寺院
ということで、去年重文指定されたそうです。


Imgp0162次へ向かう途中の「二十間坂」から、
港方向を見下ろしての1枚。
こんな坂が何本もあります…。


5/16 13:00
Imgp0163「カトリック元町教会」着。
本当は電線とかかわして
撮れれば良かったのですが…。


Imgp0166Imgp0164本堂(左)と尖塔(右)。
尖塔に関しては、
少々回りの木が繁り過ぎか…。







Imgp0167Imgp0168Imgp0169









本堂外の彫像3体。扉の左(左)右(中)と、上(右)のもの。
それぞれのいわれは、よくわかりません。

5/16 13:05
Imgp0180Imgp0176_2「ハリストス正教会」着。
超広角レンズが無いので、
ここも本堂(左)と尖塔(右)を
別撮り。
別撮りだと測光が
その都度変わるので、
その辺は固定して
撮るべきでした。


Imgp0173「ハリストス正教会」のいわれ。
「東本願寺函館別院」や
「カトリック元町教会」と同様、
1907(明治40)年の大火で焼けたそうです。
            もったいないですねぇ…。

Imgp0183鐘が納められている尖塔頂上部。
鐘をきっちり写し込むために、
背景の大部分が白飛びしている。
難しいですねぇ…。






Imgp0188山側からの教会全景。
木が…、じゃまなんですよねぇ…。








5/16 13:20
Imgp0194_2「函館聖ヨハネ教会」着。
現在の建物は1979(昭和54)年
建築のものだが、
なんとなく想像がつくように
空から見ると十字になっていたり、
両側に十字架が組み込まれていたりと、
なかなか凝った造り。



Imgp0195_2今回の最後に、途中で撮った
函館山ロープウェイの山麓駅の様子を。
結局乗ることはありませんでしたが、
こういうメカメカしたの、
けっこう好きなので、
思わず撮ってしまいました。




元町の教会巡りはここまで。
でも、元町にはまだまだ情緒漂う建物は満載。
というわけで、続きはまた次回。

(続く)

« アメリカ映画 「ラスベガスをぶっつぶせ!」 | トップページ | 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/41417136

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(前編):

« アメリカ映画 「ラスベガスをぶっつぶせ!」 | トップページ | 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ