« 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編) | トップページ | 地獄廻り⑥ 「眠い」地獄 »

地獄廻り⑤ ノープラン地獄

前回終わりで「市電に乗った」と書きましたが、
この時点ですでに4時近い時間になっており、
特に行く所も思いつかず、
「そういえば列車の予約もしてなかったし、
とりあえず函館駅まで戻るか」的な感じでした。

函館駅に向かい当日深夜(5月16日は金曜日)の
寝台急行「はまなす」の指定席予約をしようとしたところ、
「女性専用席しか空いてませんねぇ…」
がぁ~ん…。    やっちまいました。
そんな調子では、とても自由席に期待が持てるはずも無く、
真夜中から4時間もデッキで過ごすなんて考えられません。
仕方なく、翌朝の特急「スーパー北斗1号」の
指定席を予約して終了。バカですねぇ、ワシ…。

午後5時頃、ひとまず気を取り直して函館山行きのバス待ち。
ひとまず日没前に登れそうだったので、そこは安心。

5/16 17:50
函館駅前から函館山行きバス(360円)に乗って函館山に…。
市電&バス1日乗車券(1000円)買っておけばよかった…。

5/16 18:15頃
Imgp0281函館山着。
改めて登ってみれば、やはりと言うべきか、
元町配水場からの見晴らしとは段違い。







Imgp0280Imgp0285日没直前ということで、
海も街も朱に染まり、
今まで夜景しか知らなかった
私にとって、
           やはり異なる趣を
           見せてくれますねぇ…。




Imgp0290これは、山に登って始めて知った
「伊能忠敬北海道最初の測量地」碑。
確かに指標にはしやすい場所でしょうねぇ。


Imgp0306_2題を付けるなら、「夕陽とナッチャン」。
絵柄を見る限り「ナッチャンrera」と思われる。
夜にならなくても、
函館山は絵になる景色を提供してくれます。
昼はともかく、
函館山に登るなら、
日没少し前ぐらいから登っておくのが、
わたし的にはベストじゃないかな、と…。

Imgp0315元町地区を見下ろしての1枚。
元町カトリック教会(左上)、
東本願寺函館別院(右上)、
ハリストス正教会(左下)、
            聖ヨハネ教会(右下)が
            密集している様子がよくわかる。

Imgp0327函館空港に降りて行く日航機。
うっすらと街の灯が背景に映り込んできている。
なかなか撮れない(かも知れない)貴重な画。


Imgp0341露出補正-2.0と目いっぱい暗くしての夜景。
それでも1/8秒とけっこうな露光時間。
三脚無しなので、手ぶれ防止していても
若干ぶれている…。

Imgp0361山上から最後の1枚。
露光補正±0、ISO感度800でも
シャッター時間0.3秒かかっているので、
アップにすると当然ぶれている。
            しかし、上に比べるとにぎやかさが格段に違う。

次回、いよいよ最終回。
といっても、もう時間も時間なのでたいしたことやってませんが…。

(続く)

« 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編) | トップページ | 地獄廻り⑥ 「眠い」地獄 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/41438310

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄廻り⑤ ノープラン地獄:

» 【レインボー国語辞典】情報! [【レインボー国語辞典】情報!をどうぞ]
なんと!【レインボー国語辞典】情報!を特集しています。 [続きを読む]

« 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編) | トップページ | 地獄廻り⑥ 「眠い」地獄 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ