« 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(前編) | トップページ | 地獄廻り⑤ ノープラン地獄 »

地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編)

今回も元町地区のお話。
といっても、今回は寄り道も多めで…。

5/16 13:30
Imgp0207「函館護国神社」着。
さすが「勝てば官軍」。
立派なお社が戦死者のために
建てられてますな。

Imgp0208ちょっと外れたところの、
墓地の奥にある「戊辰薩藩戦死者墓」の碑。
箱館戦争の主戦力は
参謀の黒田清隆率いる薩摩藩兵だったので、
薩摩藩兵の戦死者が特に多かったために、
このような墓碑が特に建てられたのだろう。
それにしても、刻まれた字が少々読みづらく…。


5/16 13:45
Imgp0210「函館配水場」着。
上段にある噴水塔はレプリカ。



Imgp0209「函館配水場」のいわれ。
さすがに早くから開かれた街だけあります。
それに、いまだ現役というところも素晴らしい。


Imgp0212配水場からさらに山を登っていくだけで、
このぐらいの景色ならすぐ見られる。
昼間なら、わざわざ函館山に
登るまでもないのではないだろうか。

Imgp0216次に向かう途中、
ロケなんかで有名な「八幡坂」で撮ったもの。
なるほどと思わせる絶好のロケーションと、
修学旅行の学生の数と、
それ目当ての露天商がチラホラ…。
その辺りも、いかにも観光都市といったところか。



5/16 14:05
Imgp0219「旧函館区公会堂」着。
手持ちの28mm~80mmのレンズでは、
正対して全体を入れるのは不可能。
デジタル1眼レフは広角側が弱いのだ…。

Imgp0220「旧函館区公会堂」のいわれ。
重文にしてはきれい過ぎるなと思ったら、
ちゃんと修復してもらってるんですな。
ちなみに中に入るにはお金がかかります。

5/16 14:15
Imgp0226「旧道庁函館市庁舎」着。
北海道指定の有形文化財指定のため、
観光案内所(1階)や写真博物館(2階)
として利用されている。

5/16 14:20
Imgp0231「旧イギリス領事館」着。
1934(昭和9)年まで領事館として機能しており、
国際都市との面影を感じさせます。
ここも、中に入るにはお金がかかります。






Imgp0228同敷地内にある、欧風庭園。
すぐ上にある「元町公園」とは、
また異なった趣を楽しめる。


Imgp0234道路を挟んで向かいにある緑地内にある
「ペリー提督来航記念碑」。
いわれによれば、
当地で銀板写真術を始めて公開し、
軍楽隊による西洋音楽の吹奏も披露している。
彼なしに、今の日本は無かったでしょうねぇ。




5/16 14:30
Imgp0237「中華会館」着。
中には「関帝廟」もあるらしいのですが…。
当日は中に入れず、残念。


Imgp0255すぐそばにある「旧小林写真店」着。
現存する道内最古の写真店。
まぁ、それだけといえばそれだけなんですが。


5/16 14:40
「緑の島」という緑地周辺を散策。
この辺りからじわじわ手詰まり感が…。

Imgp0242「新島襄海外渡航の地碑」。
碑文が読みづらいが、以下の漢詩が彫られている。
  男児志を決して千里を馳す
  自ら辛苦をなめてあに家を思わんや
  却って笑う春風雨を吹くの夜
  枕頭なお夢む故園の花
当時の若い人は、元気だったんですねぇ。


Imgp0243朝撮っていた海上保安部の船にさらに追加。
巡視艇「ゆきぐも」。



5/16 16:00
Imgp0259「旧ロシア領事館」着。
時間を見ても分かるとおり、また迷ってます。
気がつけば歩きだけで電停「どっく前」まで
歩いてたりするわけで…。
ここは、ロシア領事館からソ連領事館になり、
1944(昭和19)年まで機能してたそうです。



Imgp0262「旧ロシア領事館」前の「幸坂」から
函館ドック方向を撮影。
けっこう高いところにあります。


Imgp0263朝撮ったヘリ搭載護衛艦「ゆうぎり」の
後部構造が見れたので、
坂の上から望遠で1枚。
これでようやくヘリ搭載護衛艦と
            一目見て分かるように。

Imgp0269Imgp0270「鯨族供養塔」。
そもそもペリーが
日本に来たのは、
捕鯨のための
           補給港にするため。
           世界中で鯨を
           獲りまくってたんですよねぇ、
           昔は。





Imgp0275「称名寺」。
例に漏れず鉄筋コンクリート製の寺院。
どうしてガイドに載ってるのかと思ったら、
地味に有名人の碑が多いのだ。

Imgp0277Imgp0276(左)土方歳三と
新撰組隊士の供養塔
(右)高田屋嘉兵衛の顕彰碑。
他に高田屋一族の墓もある。






これで、元町地区歩き倒しの旅は終わり。
このあと、電停「どっく前」から市電に乗って、
一度函館駅前に戻るのですが、
このあと、ある意味本当の地獄を見ることに…。

(続く)

« 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(前編) | トップページ | 地獄廻り⑤ ノープラン地獄 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/41423206

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(後編):

« 地獄廻り④ 函館元町坂地獄(前編) | トップページ | 地獄廻り⑤ ノープラン地獄 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ