« 「新・中央競馬予想戦記」 2008-07-06 | トップページ | 日本映画 「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」 »

日本映画 「クライマーズ・ハイ」

横山秀夫作品の映画化は

「半落ち」、「出口のない海」に続いて3作目。

「半落ち」は観てないが、「出口のない海」は、

原作はともかく映画としてはイマイチ…。

(リンクは「出口のない海」の感想)
http://you-max.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_ac05.html

しかし、これは横山秀夫氏の実体験がベースになっているため、

映画でも登場人物の描きこみが生半可ではない。

内容は、1985年の御巣鷹山での日航機事故を報道する

地方新聞社の1週間を描いている。

新聞社の仕事の様子が見られるだけでなく、

そこに渦巻く、感情と感情、理想と現実のぶつかり合い。

重い内容だし時間も少々長いが、

今年の日本映画の中で、 必見の1本といえるだろう。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2008-07-06 | トップページ | 日本映画 「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画 「クライマーズ・ハイ」:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2008-07-06 | トップページ | 日本映画 「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発」 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ