« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-01-31 | トップページ | 映画 「チェ 39歳 別れの手紙」 »

「新・中央競馬予想戦記」 2009-02-01

東京09R 立春賞(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑥スーパープライド
  ○ ④ツバサドリーム
  ▲ ③マルターズオリジン

東京10R 節分S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④マイネルファルケ
  ○ ⑨ショウナンアクロス
  ▲ ⑧リアルコンコルド
  △ ⑦ライブコンサート

東京11R 根岸S(4上GⅢ D短(メジャー))
  ◎ ⑪フェラーリピサ
  ○ ⑥ナンヨーヒルトップ
  ▲ ①ビクトリーテツニー
  △ ②ナンブーエール
 本命は、休み明けながらそれ以前は
 5連続連対で重賞まで勝っている⑪。
 鞍上との相性も良く、連対率も高いので状態万全ならあっさりも。
 対抗は、前走ようやくOP勝ちを果たした⑥。
 持ち時計にやや不安を残すが、
 ⑪と斤量差もあるのでその辺りが活きてくれば逆転も。
 3番手と4番手は僅差も、休み明け&斤量59kgの②が4番手。
 昇級初戦でいきなり重賞を勝った①の勢いは侮れない。

京都09R 水路閣特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪リッターヴォルト
  ○ ④エーシンビーエル
  ▲ ⑥ハギノハーセルフ
  △ ⑧プラチナムペスカ

京都10R 松籟S(4上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑪シゲルタック
  ○ ③ハギノジョイフル
  ▲ ⑫アヴェンティーノ

京都11R 京都牝馬S(4上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑥チュレブリタ
  ○ ④プリンセストロイ
  ▲ ⑤ザレマ
 本命は、前走格上挑戦ながら惜しい競馬だった⑥。
 今回は鞍上強化や得意の右回りに戻ってさらにチャンス。
 増えた分の斤量だけが不安点か。
 対抗は、格上挑戦ながら地方時代から連勝を続けている④。
 持ち時計に難はあるが、中央の水にも慣れてきてるようだし、
 勢いがとにかくありそうなのでここは面白そうな1頭。
 3番手には、前走格上挑戦ながらOPを勝ち上がった⑤。
 こちらも鞍上強化されており、
 持ち時計も優秀なので逆転も充分と見る。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-01-31 | トップページ | 映画 「チェ 39歳 別れの手紙」 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/43918381

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2009-02-01:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-01-31 | トップページ | 映画 「チェ 39歳 別れの手紙」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ