« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-03-22 | トップページ | 映画 「映画は映画だ」 »

映画 「ワルキューレ」

1944年7月にあった、ヒトラー暗殺計画の顛末を描くこの作品。
『ワルキューレ作戦』は、暗殺計画の作戦名ではなく、
ヒトラーに万が一の事態があった場合に、
ヒトラーの私兵であるSSから国家体制を守るために
あらかじめ定められた作戦の名前。

良くも悪くも当時のドイツにおいて、
いかにヒトラーの存在が大きかったかを物語る内容。
トム・クルーズ演じるシュタウフェンベルク大佐率いる暗殺者たちも、
決して一枚岩というわけではなく、
ヒトラーを無視し切れず保身に走る者もいた。
作戦自体もズサンというか、相当リスキィなものに見えたし、
どうもオバマの時流に乗ったっぽいせりふが散見する。
しかも、失敗するって解ってて見ているせいか、
やや退屈な印象を受ける。

結果としてこの作戦の失敗で、
ドイツは徹底的に連合軍に蹂躙されたわけだし、
暗殺者側から転向した者も終戦を見ずに処刑される。
彼らの憂国の志は認めるが、
それだけでは国を動かせないのもまた事実。
「CHANGE」って言ってるだけじゃ、何も変わらない。
ま、言わないのは論外だけどね。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-03-22 | トップページ | 映画 「映画は映画だ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/44449309

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ワルキューレ」:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-03-22 | トップページ | 映画 「映画は映画だ」 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ