« 映画 「ワルキューレ」 | トップページ | 1週で年間50%復帰だけど… 「新・中央競馬予想戦記」 2009年第3開催を振り返って »

映画 「映画は映画だ」

ウマイところ衝いてきた、っていう感じの良作。
ショウビズ界のはみ出し者(カン・ジファン)と、
社会のはみ出し者(ソ・ジソプ)を、
劇中劇の中でうまく噛み合わせている。
作品の一貫したテーマは『リアル(現実)』。
リアルなアクション映画を録りたい監督。
フツーの女の子とこっそり恋愛してる暴力俳優。
棚ぼた的に映画出演のチャンスを得ながら、
本業にも追われるヤクザ。
落ち目の暴力俳優にぶら下がりながら借金を作り、
その俳優のスキャンダルを利用して金の無心をしようとする社長。
他にもクセ者揃いなのに、
あの短い時間にみんなそれなりにキャラを立ててる。
それでいて緊張感もあったりで、
なかなかのボリューム感。
結末はやや中途半端な感じも否めないが、
まあ、ヤクザさんの方はああでもしないと
彼のリアルには帰れないだろうねぇ。

« 映画 「ワルキューレ」 | トップページ | 1週で年間50%復帰だけど… 「新・中央競馬予想戦記」 2009年第3開催を振り返って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/44453749

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「映画は映画だ」:

« 映画 「ワルキューレ」 | トップページ | 1週で年間50%復帰だけど… 「新・中央競馬予想戦記」 2009年第3開催を振り返って »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ