« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-28

福島09R いわき特別(3上500万下 芝中(マイナー))
  ◎ ①キョウエイストーム
  ○ ⑦ゴールドネオ
  ▲ ⑩エフティファラオ

福島10R 鶴ヶ城特別(3上1000万下 D短(マイナー))
  ◎ ⑯オオヒメ
  ○ ①ブルーカーディナル
  ▲ ⑨タンティモール
  △ ⑭チャームウィーク

福島11R バーデンバーデンC(3上OP 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬ウエスタンビーナス 右回りに戻って
  ○ ②ファルカタリア    安定感買って
  ▲ ⑦シャウトライン    距離実績高い

阪神08R 南港特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑯エアシャトゥーシュ
  ○ ⑭メイショウルシェロ
  ▲ ⑨ストリートスタイル
  △ ⑫スターリースカイ

阪神09R 垂水S(3上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑤タガノヴァレオ
  ○ ⑩テイエムアンコール
  ▲ ⑫アペリティフ
  △ ④シゲルタック

阪神10R 宝塚記念(3上GⅠ 芝中(マイナー))
  ◎ ⑪ディープスカイ
  ○ ①マイネルキッツ
  ▲ ⑧サクラメガワンダー
 本命は、安定感はあるがどうしても勝ちきれない⑪。
 今回も距離経験が無いこと以外特に問題は無く、
 ウオッカもいないので今回こそ勝てると思うのだが…。
 対抗は、天皇賞(春)を勝って勢いに乗る①。
 3番手の⑧とともに前走勝ち馬という点が心強い。
 その⑧は、GⅠ勝ちこそ無いが阪神コース4勝の実績が光る。
 地の利を活かせば、GⅠ初制覇も充分と見る。

阪神11R 鷹取特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑦ダイシンオレンジ
  ○ ⑤オウケンマジック
  ▲ ⑥ボクノタイヨウ

阪神12R 水無月特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑬コパノオーシャンズ
  ○ ③ビーチアイドル
  ▲ ⑤ルミナスハーバー

札幌08R 美幌特別(3上500万下 芝短(マイナー))
  ◎ ⑬フィックルベリー
  ○ ②レンディル
  ▲ ⑫フミノウインダム

札幌09R STV賞(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ②ボーダレスワールド
  ○ ④ランチボックス
  ▲ ⑨パッションローズ

札幌11R 知床特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩グランドカラー
  ○ ①レッドシャガーラ
  ▲ ⑧エアキリアン
  △ ③コハクジョー

いろいろクライマックス! 「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-27

6/20の結果
 2勝(香住特別、利尻特別) 7敗
  回収率 65.6%

6/21の結果
 4勝(福島テレビオープン、えりも特別、HTB賞、礼文特別)
 5敗
  回収率 51.3%
  年間回収率 65.8%
  通算回収率 68.0%

 夏競馬第1週は、やはりというべきか、今ひとつな成績。
 しかし、今年はいきなり札幌開催ということもあり、
 早速出ました3連複(単BOX)的中が(利尻特別)。
 10個ある競馬場のうち、唯一3連複(単)の
 仮想収支プラス(複:182.2% 単:170.3%)の札幌競馬場。
 今週は春競馬の総決算宝塚記念もあるが、
 馬券的にも早くもビッグチャレンジ、ぶっこみますよ。
 というわけで、今週の買い方は以下の通り。
 一気に取り返せるか…。
  福島:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
  阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
  札幌:条件戦=3連複BOX  OP以上=ワイド

福島09R 種市特別(3上500万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑪ケイアイコンセプト
  ○ ⑧アグネスアンカー
  ▲ ⑩クラッカージャック

福島10R 信夫山特別(3上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑩フジヤマラムセス
  ○ ③シビルウォー
  ▲ ⑧アサティスボーイ

福島11Rテレビユー福島賞(3上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑯ベイリングボーイ
  ○ ⑫ゲットブラック
  ▲ ⑮タイセイハニー
  △ ⑧シャベロンルージュ

阪神08R 鶴橋特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ①グッドバニヤン
  ○ ③マゼラン
  ▲ ②メジロラフィキ
  △ ⑪[地]ミチノクカントリー

阪神09R 京橋特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ②マルモコウテイ
  ○ ⑧カネトシソレイユ
  ▲ ⑤ジャングルストーン

阪神10R 安芸S(3上1600万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑬セレスハント
  ○ ②ダイナマイトボディ
  ▲ ⑥アートオブウォー

札幌08R 十勝岳特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑭チャームポット
  ○ ②ファイブスター
  ▲ ⑤ロイヤルクリッパー

札幌09R 層雲峡特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑦ニットウサラン
  ○ ④フサイチセブン
  ▲ ⑫アドマイヤレグルス
  △ ②マルサンテクニカル

札幌11R 朝里川特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑧ヨシサプライズ
  ○ ④ユキノハボタン
  ▲ ③テイエムオーロラ

映画 「ブッシュ」

ちゃらんぽらんで、甘えん坊で、わがままで、
何をやっても長続きしなかった
ジョージ・W・ブッシュが、
どうして大統領になろうとしたのか。
それは、この映画を観る限り、こんな理由だろう。
いつまでたっても自分のことを認めてくれない、
パパブッシュを超えたかったから。
聡明な弟と比較する家族を見返したかったから。

もしこんな理由で議員になり、知事になり、
大統領になったとしたならば、
有権者にとってはたまったものではない。
アメリカも建国当初は、
福沢諭吉も驚いたように血筋にこだわらない、
開明的な国だった。
しかし特に第二次大戦後は、
やれケネディ一族だ、ブッシュ一族だと、
血筋を重んじる傾向が出始めてきた。
アメリカ国民も確実に政治に飽き始めてるね。

ま、ブッシュJr.も哀れだと思うよ。
ブッシュ家に産まれてなければ、
あんな偉大な父親の背中を追っかけなくて済んだかもしれないし、
そもそもあんな性格にならなかったかもしれない。
ラスト、ブッシュJr.本人が、
「人にはそれぞれ器というものがある」と、
昔父親に言われた言葉を思い出す。
多分、ブッシュJr.は大統領の器ではなかったのだろう。
せいぜい球団のオーナーか、
大きく見積もっても知事がせいぜいだったのだろう。
ひとえに、産まれた環境が悪かったんだろうね。
あんな直情的な人間を、大統領にしちゃいかんよ。

あと、小泉進次郎君には同情するよ。
本人の意志はどうだか知らんけど、
周りに祭り上げられた途端に、
マスコミに袋だたきにされちゃうんだから。
でも、選ぶのは有権者。
ワシは選挙区違うから何にもできないけど、
多分進次郎君本人のためにも、
彼を議員なんかにしちゃいかんと思うよ。

世襲が悪いんじゃない。
本当に悪いのは、世襲を許している我々有権者なんだ。

映画 「剱岳 点の記」

雄大な自然。
ちっぽけな人間。
美しい自然。
みにくい人間。

猛々しくも美しい立山の自然に対して、
特に軍上層部の何と醜いことか。
日露戦争を大勝利と言ってみたり、
とにかく山岳会より先に登れと詰め寄ったり、
初登頂が修験者だった事実を伏せさせようとしたり…。
ま、あんな軍人どもが頭を固めてるから、
あの戦争で負けるんだろうけど。

それに対して登山隊のひたむきさ。
救われたような気持ちになる、はずなんだけど…。
皮肉たっぷりのラストと、
美しすぎる立山の自然に霞んでしまうんだなぁ。
それはそれで、非常に奥ゆかしくて、
日本的でいいことなんだろうけど…。

『ノーCG』なんてコピーがあの映画に似つかわしくないことは、
充分承知しているつもりだが、
なぜかメイキング無しには感動できない自分がいるわけで…。
美しい景色を見せたいのなら、
ドラマの部分ははっきり言って邪魔だし、
山に挑む男たちに生き様を描くなら、
途中のアイキャッチみたいな景色は気持ちを和ませてしまうだけだ。
つまり主題がぼやけているわけで、
確かにスタッフ含めてかなりの難事業に挑んだことはわかるが、
それがスクリーン越しにはあまり伝わって来ない。

以前テレビでこんな話をしていた。
試写会の終わり、
誰か(記憶では監督本人)が試写会を観たお年寄りから
「あのシーン、うまくCG使いましたね」
と言われたらしい。
あまりにもCGやVFXが進化した現代においては、
『マッハ!』や『チョコレートファイター』のように、
「ノーCG」をうたってこそ
はじめてそのすごさを示すことができる。
確かに観客がそういうものに毒されているのかもしれないが、
逆に言うとそれがウリになる時代とも言える。
おくゆかしさは日本人の美徳かもしれないが、
それだけでは「日本人は何考えてるのかわからない」と
言われてしまう。

良くも悪くも今年の日本映画を代表しうる作品。
美しい景色を見るだけでもそれなりの価値はある。
人間ドラマ。そういうのは他でも見れるでしょう、きっと。

「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-21

福島09R 雄国沼特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩シゲルエスペレ
  ○ ②ドリームトレジャー
  ▲ ④テントゥワン

福島10R 横手特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑥ディオスクロイ
  ○ ⑪カヴァリーノ
  ▲ ④メイクアダッシュ

福島11R 福島テレビオープン(3上OP 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩フォルテベリーニ 前走評価して
  ○ ⑥ショウワモダン   惜しい競馬続く
  ▲ ⑫アルコセニョーラ 福島実績評価

阪神08R 舞子特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤ナリタスレンダー
  ○ ⑬トシザコジーン
  ▲ ⑧グッドルッキング

阪神09R 三木特別(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩サザンギャラクシー
  ○ ②ナリタシリカ
  ▲ ①マルティンスターク

阪神10R マーメイドS(3上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩ニシノブルームーン
  ○ ③ザレマ
  ▲ ⑪セラフィックロンプ
  △ ⑨ウェディングフジコ
 本命は、昇格戦ながら3連勝中と勢い一番の⑩。
 連対率も高く、鞍上との相性も良好。
 斤量も軽めなので、いきなりでも勝負になると見る。
 対抗は、牝馬限定戦では安定した力を発揮する③。
 前走は着差的には大きく離されているが、
 相手が相手なので参考外としても良さそう。
 今回の相手なら充分戦えるはずだ。
 3番手には、距離相性の良い⑪。
 軽ハンデでの一発がある馬なので、今回も要注意。
 あとは、こちらも昇級戦だがその分斤量の軽い⑨も、
 数少ない前走勝馬だけに一発が怖い。

札幌08R えりも特別(3上500万下 D中(メジャー))
  ◎ ①ブラッシュアップ
  ○ ⑩シャインモーメント
  ▲ ⑥ウィッシュビーワン

札幌09R HTB賞(3上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑩ヤマニンウィスカー
  ○ ①ステイトリーデイズ
  ▲ ⑨ヴェルトマイスター

札幌11R 礼文特別(3上500万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④ケイアイアストン
  ○ ⑧コリコパット
  ▲ ①ラヴァーズテーラー
  △ ③スペシャルポケット

夏競馬開幕! 「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-20

福島09R 開成山特別(3上500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ①フランドルシチー
  ○ ⑤エーシントゥルポー
  ▲ ④グラスグループ

福島10R さくらんぼ特別(3上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑤ショウナンカザン
  ○ ⑥スマートエッジ
  ▲ ⑮サンクスノート

福島11R 安達太良S(3上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑫アンダーカウンター
  ○ ⑬ランキング
  ▲ ⑪スナークユーチャン
  △ ③エアマックール

阪神08R 香住特別(3上500万下 芝中(マイナー))
  ◎ ⑧ウインヴェロシティ
  ○ ④スズカゲイル
  ▲ ①エーケーサンライズ
  △ ②マイネトゥインクル

阪神09R 出石特別(3上1000万下 D短(メジャー))
  ◎ ⑭ダノンアスカ
  ○ ④エーシンドゥベター
  ▲ ③ティアップハーレー

阪神10R ストークS(3上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮ラフィナール
  ○ ⑦エリモファイナル
  ▲ ③ゴールドキリシマ
  △ ⑱シャイナムスメ

札幌08R 積丹特別(3上500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑨グレイトロータリー
  ○ ⑫マームードイモン
  ▲ ②シャイニングデイ
  △ ③ディバインフレイム

札幌09R 大通り特別(3上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑪デジタルキャッシュ
  ○ ⑩トーセンゴライアス
  ▲ ②ニットウサラン

札幌11R 利尻特別(3上500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧エーシンコンファー
  ○ ⑨マサノウィズキッド
  ▲ ⑦クヴァルダ
  △ アースグラヴィティ

GⅠとか稼げてなさすぎ… 「新・中央競馬予想戦記」2009年上半期を振り返って

①各カテゴリーの成績
  3歳戦   100戦通算 49.4%
  3歳以上  10戦通算 44.4%
  4歳以上  305戦通算 75.3%
  500万下  94戦通算  56.6%
  1000万下 113戦通算 81.5%
  1600万下 88戦通算  58.6%
  オープン  54戦通算 45.4%
  重賞全体 66戦通算  82.3%
  GⅢ     33戦通算 96.3%
  GⅡ     22戦通算 94.9%
  GⅠ     11戦通算 11.5%
  芝全体   305戦通算 65.0%
  芝短距離 137戦通算 66.4%
  芝中距離 128戦通算 58.2%
  芝長距離  40戦通算 85.2%
  D全体   102戦通算 76.9%
  D短距離  40戦通算 45.2%
  D中長距離 62戦通算 104.0%

収支プラスがダート中長距離のひとつのみだったのに対し、
収支が極端に悪かった(30%以下)もGⅠ1つのみ。

去年の年間実績(68.9%)に比べてやや悪いが、
本命の1着入着率、3着以内入着率ともに悪くてこの数字。
 (1着入着率 21.9:25.7 3着内入着率 43.6:59.5)
この辺りが改善されれば、数字はもっと伸びてくれるはず。
去年に比べれば伸びしろがあると思って、
夏競馬に取り組んで行きたいと思う。
うまく立ち回れば、もっと回収できるはず。

うまく馬券を買うのがコンセプトなのに… 「新・中央競馬予想戦記」 2009年第6開催を振り返って

6/13の結果
 1勝(知多特別) 2分(ブリリアントS、白藤賞) 3敗
  回収率 57.1%

6/14の結果
 2勝(エーデルワイスS、エプソムC)
 2分(あおぎりS、長久手特別) 2敗
  回収率 140.0%
  年間回収率 66.4%
  通算回収率 68.1%

 実は土日で3連複(BOXなら単も)を3鞍も的中
 (知多特別、エーデルワイスS、エプソムC)。
 そこまで望まなくても、もっと積極的に買っていれば、
 もっと回収できた週、というか開催…。
 今度の土曜からは夏競馬。
 3歳馬対古馬、降格馬など予想を歪める要素も多数。
 うまく立ち回れればいいのですが…。

今開催を振り返って
  ①今週で最後の4歳以上戦がまあまあ良かった
    (33戦通算87.0%)
  ②①に伴って1000万下や1600万下といった条件戦が
    まあまあ良かった
    (1000万下:20戦通算96.1% 
     1600万下:13戦通算91.2%)
  ③3歳戦の割合が多い500万下が今ひとつ…。
    (12戦通算45.3%)
  ④OP、重賞は相変わらず伸び悩み…
    (OP:5戦通算49.1% 重賞全体:10戦通算46.7%)
 今開催はコレといって良い点もなかったが、
 逆に取り立てて悪い点も無かった。
 それを象徴するのが開催回収率(65.7%)。
 年間回収率(66.4%)や通算回収率(68.1%)とほぼ同水準。
 買い方自体、あまり波を作らないような形にしているが、
 全体として消極的な買い方になってしまった面は否めない。
 というわけで来週の買い方。
 コレでも積極的に買ってるつもりですよ…。
  福島:条件戦=単勝1点買い OP以上=ワイド
  阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=馬連
  札幌:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

映画 「レスラー」

まず、先頃お亡くなりになられた三沢光晴氏とテッド田辺氏には、
心よりご冥福をお祈りいたします。

映画の内容は、奇しくもタイムリーになってしまった感じ。
過去には偉大な実績をあげたレスラーが、
体の限界を迎え、
私生活でもうまく行かず、
結局は病身をおしてリングに戻る、という内容。
日本で例を挙げるなら、天龍源一郎辺りになるだろうか。

プロレスの光も影も描いてみせた、
現役プロレスファンにとっても、
プロレスファンだった人にとっても、
なかなかの快作に仕上がっている。
歳をとるっていろいろ大変だな、
っていう話複数の視点から描いてるし、
いかにもアメリカ映画的な家族も題材にされている。

「猫パンチ」打ってた頃のミッキー・ロークとは一味違う、
味のある演技も見所。

結末は……、観客のご想像にお任せする感じですね。
プロレス好きなら、いろんな意味で観ておくべき映画。

「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-14

東京09R エーデルワイスS(3歳1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ③ダノンヒデキ
  ○ ⑦ナリタクリスタル
  ▲ ②ベルベットロード
  △ ⑥ストロングガルーダ

東京10R ジューンS(4上1600万下 芝長(マイナー))
  ◎ ⑯ワイルドコンコルド
  ○ ①ハリーアップ
  ▲ ②シングライクバード

東京11R エプソムC(3上GⅢ 芝中(メジャー))
  ◎ ⑧シンゲン
  ○ ⑫ヒカルオオゾラ
  ▲ ⑪キャプテンベガ
 本命は、重賞連勝を狙う⑧。
 東京コースとの相性も絶好だし、
 連対率も高いので今回も勝負になるのではと見る。
 対抗は、鞍上魅力の⑫。
 キャリアこそ少ないが連対率も高く、
 前走も着外ながら大負けしているわけではない。
 斤量も減ってもう一度期待したいところ。
 3番手には、前走内容を重視して⑪。
 距離実績、OP実績ともやや足りない感じはあるが、
 鞍上が好調横山典弘という点にも期待したい。

中京08R あおぎりS(3歳1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ③スタッドジェルラン
  ○ ⑧バンドゥロンシャン
  ▲ ⑨アドマイヤシャトル

中京09R 長久手特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ③テイエムアンコール
  ○ ⑮ストリートスタイル
  ▲ ⑪フサイチオフトラ

中京10R CBC賞(3上GⅢ 芝短(メジャー))
  ◎ ⑩トレノジュビリー
  ○ ⑪メイショウキトリ
  ▲ ⑦モルトグランデ
  △ ⑰エイシンタイガー
 本命は、前走OP勝ちしている⑩。
 鞍上との相性も良く、距離相性も悪くない。
 また、持ち時計もトップで時計勝負には自信ありだろう。
 対抗は、昇級初戦だが連対率の高い⑪。
 斤量が軽い上に距離相性も良いので、逆転も充分。
 3番手には、久しぶりの前走を無難にこなした⑦。
 距離実績もけっこうあるし、
 中京実績もあるので改めて期待したい。
 あとは3歳馬ながら勢いを感じる⑰も人気薄なら面白い。

馬券下手も複勝好配当に救われる 「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-13

6/6の結果
 1勝(湘南S) 2分(ユニコーンS、木曽川特別) 3敗
  回収率 42.1%

6/7の結果
 3勝(ホンコンJCT、麦秋S、あじさいS)
 2分(安田記念、関ヶ原S) 2敗
  回収率 116.7%
  年間回収率 65.5%
  通算回収率 68.0%

 両重賞とも1着2着のみ的中なので、馬連とか買ってれば、
 もう少し回収率は伸ばせましたね。
 なかなか噛み合ってくれません。
 とはいえ、ホンコンJCT、麦秋Sと
 複勝としてはなかなかの配当を引き当てたので、
 そこは良かったかな、と…。
 上期は今週で最後。来週からは2歳戦も始まるので、
 ここでもう少し数字を上乗せして夏競馬に突入したい。
 買い方は以下の通り。ま、あまり変わってませんね。
  東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
  中京:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連

東京08R くちなし賞(3歳500万下 芝長(マイナー))
  ◎ ④ブレイブビスティー
  ○ ③ボンバルリーナ
  ▲ ⑭ロードパンサー
  △ ⑮ヒシセンチュリー

東京09R 東京ジャンプS(3上JGⅢ 障害(マイナー))
  ◎ ④バトルブレーヴ
  ○ ③リワードプレザン
  ▲ ①ニホンピロファイブ
 本命は地脚、実績とも申し分ない④で。
 鞍上との相性も良く、距離経験、持ち時計も悪くない。
 対抗には、こちらも鞍上と相性のいい③。
 過去には中山グランドジャンプ2着などの実績もあり、
 東京は初経験とはいえココは実力上位と見る。
 3番手には、前走東京での障害OPを勝ち上がった①。
 上位2頭に対して東京実績があるのが強み。
 地の利を活かせば逆転も充分と見る。

東京10R 稲村ヶ崎特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑨セプターレイン
  ○ ⑤ダイワオージー
  ▲ ⑪スーパーキャノン
  △ ②ミステリアスライト

東京11R ブリリアントS(3上OP D中(マイナー))
  ◎ ⑫メイショウサライ   東京に戻って
  ○ ④マコトスパルビエロ  鞍上魅力
  ▲ ①マチカネニホンバレ 東京相性重視
  △ ⑤ロングプライド     状態完調なら

中京08R 白藤賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑭アグネスサクラ
  ○ ①ドリームライナー
  ▲ ⑮カネトシコンジョオ

中京09R 知多特別(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑦バブルウイズアラン
  ○ ⑯シャトルタテヤマ
  ▲ ⑭メイショウカーター
  △ ③ビンチェロ

中京10R 白川郷S(4上1600万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑭グランドバイオ
  ○ ⑮ジェイケイボストン
  ▲ ⑫ケアレスウィスパー
  △ ⑯リオサンバシチー

映画 「ハゲタカ」

私は、高杉良(金融腐食列島シリーズなどでおなじみ)の
経済小説の愛読者です。
テレビシリーズの『ハゲタカ』は見逃したけれど、
けっこう期待して観に行ったんですけどねぇ…。

悪い映画じゃないんだけどねぇ…。
一味足りないっていうか…。
丁寧に作ってるのはわかるんだけど、
こじんまりとしてしまった感があるよねぇ。

確かにテレビ、特にNHKでやると
イヤミにしかならない話も出てくるし、
テレビレベルのカネのかけ方じゃないのもわかるんだけど、
だからといってスクリーンレベルの映像かっていうと、
そうでもないわけで…。

想像力に自信のある方には、原作を読むことをオススメします。
あと、作中で提起された問い掛けにも、
結局何の答えも提示できてないのもねぇ…。

「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-07

東京08R ロベリア賞(3歳500万下 芝中(メジャー))
  ◎ ①ガンズオブナバロン
  ○ ③ケイアイドウソジン
  ▲ ⑨ブレーブビスティー

東京09R ホンコンJCT(4上1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑪マジックビクトリア
  ○ ⑦ダイワチャーム
  ▲ ⑭ラヴドシャンクシー
  △ ⑬ノースリヴァー

東京10R 麦秋S(4上1600万下 D短(マイナー))
  ◎ ⑮グランドバイオ
  ○ ⑨パルジファル
  ▲ ⑫マルターズマッシブ
  △ ②スマートサイクロン

東京11R 安田記念(3上GⅠ 芝短(メジャー))
  ◎ ③ウオッカ
  ○ ⑧アブソリュート
  ▲ ⑥ディープスカイ
 本命は、前走圧勝の③。
 東京実績もマイル実績も高く、実力も上位。
 対抗には、休み明けを無難にこなした⑧。
 こちらも東京実績、マイル実績ともに高いが、
 重賞1勝という実績と「田中勝春」という名前がどう出るのか…。
 3番手には、やや間隔は空いたものの連対率の高い⑥。
 1年ぶりのマイル戦というのは引っかかるが、
 格上で鞍上との相性も絶好なのでここも充分勝負になると見る。

中京08R あじさいS(3歳1000万下 芝短(メジャー))
  ◎ ④アグネスナチュラル
  ○ ①レディルージュ
  ▲ ⑪アイディンパワー

中京09R 御嶽特別(4上1000万下 D中(メジャー))
  ◎ ⑭タガノショールーム
  ○ ④ホワイトショウフク
  ▲ ⑬メイショウエグル

中京10R 関ヶ原S(4上1600万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑭エーティーボス
  ○ ⑥センノカゼ
  ▲ ⑦フライングメリッサ
  △ ⑪エーシンジーライン

うぅ~ん、馬券下手… 「新・中央競馬予想戦記」 2009-06-06

5/30の結果
 3勝(葉山特別、鎌倉S、白百合S) 3敗
  回収率 63.1%

5/31の結果
 3勝(青嵐賞、富嶽賞、名古屋城S)
 2分(こでまり賞、有松特別) 3敗
  回収率 79.4%
  年間回収率 65.1%
  通算回収率 68.0%

 悔やまれる目黒記念…。
 ワイドで買ってりゃ、1番人気-17番人気で
 6000円以上回収できたのに…。
 こういうのを極力なくしたくて毎週検討してるのに…。
 ま、天気も天気だったし、
 カンタンな予想ではなかったことは確かだけど…。
 とはいえ、着差予想自体が間違いではないようなので、
 今後もこの予想方法で大きなところをも狙って行きたい。
 そんなわけで、今週の買い方は以下の通り変更。
 今週はGⅠ当てたいですよ。
  東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
  中京:条件戦=複勝2点買い OP以上=枠連

東京09R 江ノ島特別(4上1000万下 芝中(メジャー))
  ◎ ⑫マチカネゲンジ
  ○ ②ロードキャニオン
  ▲ ①テントゥワン

東京10R 湘南S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ⑮レッドシューター
  ○ ⑧ショウナンアクロス
  ▲ ⑤フェイムロバリー
  △ ⑫スピリタス

東京11R ユニコーンS(3歳GⅢ D短(マイナー))
  ◎ ⑫シルクメビウス
  ○ ⑨グロリアスノア
  ▲ ⑮ドリームハッチ
  △ ⑬オウケンマジック
 本命は、前走OPを勝ち上がって連勝中の⑫。
 鞍上との相性も良く、距離も融通が利きそうで楽しみ。
 対抗は、東京D1600m2戦2勝の⑨。
 昇級戦だが得意距離で地の利を活かした逆転も期待できる。
 3番手には、こちらも連勝中でかつ東京で実績のある⑮。
 左回りが合いそうなので、この舞台は好適。
 あとは、初遠征が割引も勢いで劣らない⑬も、
 舞台が合えば勝ち切る力は充分と見る。

中京08R なでしこ賞(3歳500万下 D中(メジャー))
  ◎ ③マイプラーナ
  ○ ⑨タコ
  ▲ ⑬クリスタルネージュ

中京09R 木曽川特別(4上1000万下 芝長(マイナー))
  ◎ ①バージンフォレスト
  ○ ⑥ビエナグッドラック
  ▲ ②マヒオレ

中京10R 飛騨S(4上1600万下 芝短(メジャー))
  ◎ ②セトノアンテウス
  ○ ⑩エイシンパンサー
  ▲ ①ビーチアイドル
  △ ④テイクザホーク

映画 「アライブ -生還者-」

「事実は小説よりも奇なり」なんていう、
使い古された言葉があるが、
この映画はまさにこれを地で行く作品。
本当の極限状態というものは、
そこから生還した者にしかわからない。

今作では、生存者や関係者のインタビュー、
当時の映像、
そして死亡者の遺族と生還者が30年ぶりに
飛行機の墜落地点に行った時の映像で構成されている。

1972年、アンデス山中に飛行機が墜落した。
誰もが乗員乗客全員が死んだと思っていたが、
70日以上経って突然生還者が現れた。しかも14人も。
彼らの生還を心から喜ぶのと同時に、
人々の中にひとつの疑問が生じる。
彼らはどのようにして生き延びたのか。
彼等は、死んだ乗員や乗客を食って命を繋いでいたのだ。

常識の中でのうのうと暮らしている我々にとって、
それはあまりにもむごい行為に映ることだろう。
しかし、雪深いアンデス山中は満足に生き物も住めない、
まさに陸の孤島。
最後に救援を求めることができたのも、
墜落現場から実に10日も歩いた場所。
彼等を見つけた現地人も「彼等は骨と皮のガイコツのようだった」
と評しているぐらい、限界の状態を迎えていた。
そりゃ、生きるためなら人肉にだって食らいつきもしますよ。

そして、純粋な宗教心ていうのは美しいものです。
生還者は記者会見でこう言っている。
「キリストは最後の晩餐の時、自らの血と肉を分け与えたという。
我々は目の前の死体を、神から遣わされた聖なるものとして、
受け取ることにしたのだ」
また、遺族と生還者は墜落現場に立って、
生還者の子は、
「この人たちの犠牲があるから、私はここに立っていられるのね」
と言い、また遺族のひとりは、
「あんたたちの中に、私の家族は生きている」
と言った。
キリスト教の教義とかよくわかりませんが、
純粋な宗教心のすばらしさというものが伝わってきました。

『奇跡体験アンビリーバボー』では物足りない、
じっくり奇跡体験を味わってみたい方にはオススメ。
ただし、前半はけっこう退屈。
食べ過ぎのせいもあってか、眠くなってしまった。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ