« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-09-13 | トップページ | 映画 「火天の城」 »

映画 「TAJOMARU」

皮肉と不条理がいっぱいで、
いい意味で小憎らしい作品に仕上がってるな、
と思ったらラストが普通過ぎ。
原作も読んでないので偉そうなことは言えませんが、
予想できるラストだったし、
あそこしか落としどころが無いんですがねぇ。

個人的には、所司代での顛末がクライマックスで、
多襄丸(小栗旬)と足利義政(萩原健一)の掛け合いが、
一番の見せ場だったように思えた。
あとは因縁付けというか、
話の本筋かもしれないけどワシにとってはど~でもいい話。

小栗旬が好みの方はどうぞ。
基本的には過程を楽しむタイプの映画だと思う。
VFXとか使ってない(と思われる)殺陣はそれなりに見所があるが、
取り立てて上手いわけではないです。
テレビサイズでも充分です。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-09-13 | トップページ | 映画 「火天の城」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「TAJOMARU」:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2009-09-13 | トップページ | 映画 「火天の城」 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ