« 旅情ゼロの知床旅情-3 「知床5分の2湖」 | トップページ | 旅情ゼロの知床旅情-5 「岬と坂とコンクリート」 »

旅情ゼロの知床旅情-4 「自転車と心中」

知床5湖10時30分発のバスで、
フレペの滝への遊歩道がある知床自然センターを越え、
ウトロバスターミナルまで戻る。
と言うのも、13時30分発のクルーザーは、
前日に30分前に集合するように言われたので、
実質ウトロには13時には戻らないといけない。
そこで自然センターでバスを降りると、
次にウトロに戻るバスは11時48分。
さらにその次は13時13分。
1本目だと、少し離れたプユニ岬に回る時間が
足りない感じがしたし、
2本目では完全に遅刻確定。
と言うわけで、あらかじめ調べておいたレンタルサイクルを利用。
しかし、狩用と思っていたボンズハウスでは自転車が借りられず。
なんでも、レンタルサイクル専門の業者ができたらしい。

教えてもらった「知床サイクリングサポート」と言うところに行くが、
誰もおらずカギもかかっている。
「ご用の方は電話ください」って張り紙があったので電話。
5分ほど経って、店の主人の奥さんが車に乗って登場。
所定の手続きを終えて自転車に乗り込む。

Imgp0074b
コレが借りた自転車。
前後輪ディスクブレーキ付きのスポーツサイクル。
24段変速でサドルも硬い。
こんな高級な自転車乗ったことないのですが、
乗ってみると、さすがの乗り心地。

Imgp0038b
ウトロの町外れにある幌別川から向こうが、
世界遺産で保護される範囲。
つまり幌別川が人界と自然を隔てる境界線と言うわけ。

そして、この辺りから知床自然センターまで登りっぱなし。
自転車のペダルを軽くしていきますが、
日頃の不摂生のせいかあごなんか上がりっぱなし。
バスなら10分とかからないところを、
30分ほどかけて坂登りしてようやく自然センターに到着。

Imgp0040b
Imgp0044b
さっそく遊歩道へ。
網のかかった木(上)や、樹皮を剥かれた木(下)が何本も。
鹿の食害の影響ですね。
樹皮を食うのは、鹿がけっこう追い込まれてる証拠らしい。
鹿の個体数が問題なのか、
それとも食べるものの絶対量が足りないのか…。

Imgp0045b
森を抜けると突然視界が開ける。
遠くにはウトロ灯台も。
しかし、この光景自体この辺りが開拓された形跡なんだそうです。
知床5湖も手前の方にこういう景色があるのですが、
こんな地の果てまで開発しようとした人間を、
たくましいと褒め称えるべきなのか、
単なる乱開発と自然破壊と非難するべきなのか…。

遊歩道の行き止まりにはフレペの滝を見るための物見台が。
Imgp0060b
真ん中の白い筋が、物見台から見たフレペの滝。
「乙女の涙」とも言われるこの滝は、
その名に違わぬか弱い流れ。

Imgp0050b
物見台から最大望遠で撮ったウトロ灯台。
ちなみに、ココへ続く道は当然ありますが、
遠目から見てもわかるぐらいはっきり通行止めにされてます。

Imgp0067b
倒木更新(と思われる)によって見事に成長した木。
「倒木更新」とは樹木が倒れた木や死んだ切り株の上で
発芽、成長して行くこと。
ササなどが生い茂る北海道の森林では、
土の上に種子が落ちても、
ササなどに阻まれて日光が届かないため成長できない。
そのため、一段高い倒木などの上に落ちた種子が生き残りやすい。
それで、こういった現象がこの森林を維持していると言える。

遊歩道を引き返し、自然センターを後に。
次回は、登りでスルーしたプユニ岬へ。

« 旅情ゼロの知床旅情-3 「知床5分の2湖」 | トップページ | 旅情ゼロの知床旅情-5 「岬と坂とコンクリート」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/46415949

この記事へのトラックバック一覧です: 旅情ゼロの知床旅情-4 「自転車と心中」:

» 【―競馬帝王学―】〜単複インパクト〜【的中率 92.5%】【回収率 203.8%】競馬新聞一つだけでたった3分予想!!わずか8つの項目をチェックするだけ!誰がやっても同じ!秋のG1シリーズに必携のシンプル予想 レビュー [【―競馬帝王学―】〜単複インパクト〜競馬商材レビュー]
秋のG1シリーズを前に、新しく 競馬商材が発売されたようです。 気になったので、早速、手に入れて中身を見てみました。 インフォトップで売られてる競馬商材 『競馬帝王学〜単複インパクト〜』 がそれです。 レターをザッと見た感じでは非常に良く出来ています。 が、しかし!? ... [続きを読む]

» 2009-10-10 17:43:48 [★株式投資でミリオネーゼ★]
本日は、株の教科書をご紹介。 私の知り合いの株仲間、小野寺さんが執筆された株の投資法で、効率よく稼いでいく手法が、事細かに書いてあります! 本屋さんなどで売っている株の本というのは、知識ばかりで [続きを読む]

« 旅情ゼロの知床旅情-3 「知床5分の2湖」 | トップページ | 旅情ゼロの知床旅情-5 「岬と坂とコンクリート」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ