« 映画 「母なる証明」 | トップページ | 次開催は年間80%に向けての正念場 「新・中央競馬予想戦記」2009年第11開催を振り返って »

美唄焼鳥

斜里の『車馬道』以来、
「一人酒もまた良し」ってな感じで、
以前から気になっていた美唄焼鳥というものをいただくことに。

今回行ったお店は、
本場美唄で創業50年を数える名店『福よし』
職場からも近いので、以前から目をつけてましたが、
給料も出て懐が暖まったところで、
満を持しての訪問です。
ちなみに美唄焼鳥と普通の焼鳥の違いは、
 ①間に挟むネギが長ネギではなく玉ネギ
 ②レバー、きんかん(鳥の卵になる前の黄身)、砂肝が刺さっている
の2点。

Image031
外の気温は氷点下に迫るか、あるいは突入しているか。
そこで、串とともに本格焼酎のお湯割りとともに串を注文。
串は、上の画像を参照。上から、
  もつ串(きんかん&はつ)
  もつ串(砂肝&もも)
  レバー
  砂肝
  ぽんぽち(鶏のお尻の脂身)
の5本。
すきっ腹だったので、焼酎はクセの無い麦焼酎の『中々』を
お湯割りでいただきました。
ホクホクとしたきんかんの食味。
ボソボソしておらずよく処理されたレバー。
ジューシーなぽんぽちが特に印象的でした。
焼酎の方は、期待通りクセのない味わいで、
すきっ腹にも割りとすんなり入ってくれました。

Image032
両方切れたところで、2杯目の焼酎と串を注文。
串は上の画像を参照。上から、
  もつ串(きんかん&はつ)
  もつ串(砂肝&もも)
  もつ串(レバー&もも)
焼酎はじゃがいも焼酎『五升譚』のお湯割り。
『五升譚』は、味はともかく
香りがふかしたジャガイモのようで、
お湯割りにしたためもあってなかなか主張してきます。
もつ串の方は、パターンが決まってるようで
それほど新しい発見は無かったのですが、
ももについている皮の部分がなかなかいい歯ごたえ。

お会計はお通し込みで2300円ほど。
酒代が2杯で1000円と少々割高な感じですが、
本格焼酎なので仕方ないところもあります。
むしろ、お通しで350円取られてるのが納得行かず。
だったらいらんがな。

« 映画 「母なる証明」 | トップページ | 次開催は年間80%に向けての正念場 「新・中央競馬予想戦記」2009年第11開催を振り返って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/46658168

この記事へのトラックバック一覧です: 美唄焼鳥:

« 映画 「母なる証明」 | トップページ | 次開催は年間80%に向けての正念場 「新・中央競馬予想戦記」2009年第11開催を振り返って »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ