« 「新・中央競馬予想戦記」 2010-09-26 | トップページ | もう一押しが足りないが… 「新・中央競馬予想戦記」 2010-10-02 »

映画 「十三人の刺客」(☆☆☆☆)

アクション好きのワシも納得の快作。
後半の◯◯無双に向けての
新左(役所広司)と鬼頭(市村正親)の駆け引きも秀逸だし、
蝋燭照明の仄暗い感じもいい。
俳優陣も豪華でありながら無駄が無いし、
殺陣もちゃんと訓練されているようで、
松方弘樹を中心に見応えのある、
役者映えのするものだった。
序盤の因縁づけとかはややはしょった感はあったが、
むごたらしい描写が多く、
その辺りはやや評価が分かれるところかもしれない。
しかし、松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりは、
前評判通りなかなかの見どころ。

難を言えば、ことを成し遂げたあとの
新六郎(山田孝之)の一人歩きはちょっと余計だったかな、と・・・。
ことを成し遂げたという爽快感が減じられた感があったのが、
残念と言えば残念。
ま、大人げないから☆4つ付けてやんよ。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2010-09-26 | トップページ | もう一押しが足りないが… 「新・中央競馬予想戦記」 2010-10-02 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「十三人の刺客」(☆☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2010-09-26 | トップページ | もう一押しが足りないが… 「新・中央競馬予想戦記」 2010-10-02 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ