« 「新・中央競馬予想戦記」 2010-11-28 | トップページ | 映画 『シークレット』(☆☆☆) »

映画 『デイブレイカー』(☆☆☆☆)

吸血鬼映画は今までにも数多く作られているが、
それらは基本的に
「人の血を吸い、それらも吸血鬼にする」
と言うだけの存在である。
しかし今作では吸血鬼を
「人の血を吸わないと生きていけない」
という若干哀れな存在にした。
そして、前者と後者を組み合わせることにより、
吸血鬼の人口爆発と相対的な食料(人間)不足という、
非常に現実的な問題を投射することに成功した、
「その手があったか」的映画。
それでいてアクションあり、
野心あり、
希望ありという、
なかなかにナイスな作品に仕上げた、
「うまいことやりやがった」な映画。
アメリカはこういう映画から、
新たな才能が次々現れて来るので、
まだまだ活気を感じさせてくれる。
懐が深い、とも言えるだろう。

年末に向けて、
『ロビンフッド』のような王道から、
『ゲーマー』のような意欲作まで、
まだまだ見逃せない映画が続くのが、
また楽しみ。
ちなみに、☆の数はまたまたやや甘め

« 「新・中央競馬予想戦記」 2010-11-28 | トップページ | 映画 『シークレット』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『デイブレイカー』(☆☆☆☆):

» 『デイブレイカー』に学ぶ3倍オモシロくする方法 [映画のブログ]
 抜群に面白いSFの一つとして『スラン』を挙げることに反対する人はいないだろう。A・E・ヴァン・ヴォークトが1940年に発表したこの傑作小説に魅入られた人は多い。  新人類が活躍する『スラン』の後継とい...... [続きを読む]

« 「新・中央競馬予想戦記」 2010-11-28 | トップページ | 映画 『シークレット』(☆☆☆) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ