« 映画 『グリーン・ホーネット』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第1開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(3)

1/22の結果
 3勝(菜の花賞、花見小路特別、羅生門S) 6敗
  回収率 38.2%

1/23の結果
 4勝(睦月賞、平安S、関門橋S、早鞆特別) 5敗
  回収率 91.3%
  年間回収率 61.9%
  通算回収率 70.8%

各レースの振り返り
1/22中山09R 菜の花賞(○)
 本命アカンサスは昇級初戦2着と力のあるところ見せてくれた。
 勝ったヤマノラヴは、ようやく中央競馬という環境に慣れてきたということか。
 とはいえ、フェアリーSの成績を見る限り、
 OP昇格、即通用とはいかないだろうなぁ…。
1/22中山10R 東雲賞(×)
 1番人気ながらメンバー中唯一芝実績のないマコトギャラクシーが勝利。
 2着、3着に人気薄を連れてきてしまい、
 ワシの買ったグリッドマトリクスはなんとビリ。
 敗因は馬体重っぽいですね。
 でも、馬体重見て買えるほど時間が無いので、
 これに関しては全く打つ手なしですな。
1/22中山11R アレキサンドライトS(×)
 1番人気で対抗評価のタガノジンガロが1着。
 本命のマエストラーレは6着と惨敗。
 相性が良いはずの中山でこの成績となると、
 もしかしたら終わってしまっているのかも…。
 次走中山で使ってきたら、その辺りに注目しなければならないだろう。

1/22京都09R 花見小路特別(◎)
 人気通り入着してるし、それらの馬に印を売ってるので、順当な結果。
 その分、配当もそれなり…。
1/22京都10R 若駒S(×)
 1着のリベルタスは順当としても、
 2着のユニバーサルバンクは外人騎手騎乗馬。
 ほんと、外人騎手にやられっぱなしですわぁ(ということにしてください)。
1/22京都11R 羅生門S(○)
 1番人気で本命のナムラカクレイは3着。
 しかし、このレースも3番人気-2番人気-1番人気と人気馬が独占。
 勝ったアドバンスウェイは距離短縮が良かったようですが、
 なんで今まで使ってなかったんでしょうかねぇ…。

1/22小倉10R かささぎ賞(×)
 勝ったエーシンヒットマンは、前走小倉の500万下で惜しい2着をしているとはいえ、
 勝ってる馬も何頭かいるのでこれが強調材料になるとは思えない。
 単純に力があるということか。
 本命に推したエランドールは7番人気で10着。
 体重が減り続けているので、その辺りが敗因と思われるが…。
1/22小倉11R 壇之浦特別(×)
 3番手評価で2番人気のヤマニンウイスカーが勝利。
 休養によるリフレッシュ効果が出たか。
 本命で1番人気のマイネルレインは7着と惨敗。
 無理に押さえずに行ってしまっても良かったのでは、とも思うのですが…。
1/22小倉12R 唐戸特別(×)
 1番人気のマイネルプリマスが勝利。
 本命で3番人気のトップサンダーは14着と惨敗。
 鉄砲駆けしないタイプだと思ってあきらめるしかないですかねぇ…。

1/23中山09R 若竹賞(×)
 勝ったのは、2番人気のテイエムオオタカ。
 前走惜しい結果だったし、鞍上の強化も相当効いてるのだろう。
 本命のシーグランディは、
 福島2歳Sの結果を見る限りもう少しやれると思ったのだが、
 しょせん地方馬ということなんだろうか…。
1/23中山10R 若潮賞(×)
 勝ったのは、2番人気のナシュワンヒーロー。
 4番手評価の馬なので、福永騎手がポテンシャルを引き出したということだろう。
 本命のシャドークロスは、9着と惨敗。
 終始外外を回らされたせいか、直線伸びを欠いたか。
1/23中山11R アメリカジョッキークラブC(×)
 パワータイプで安定感のあるトーセンジョーダンが人気に応えて勝利。
 おととしのアルゼンチン共和国杯を逃げ切って勝ったミヤビランベリが、
 スローペースを演出して逃げ粘り2着。
 3着のネヴァブションは、ペースに対して位置取りが後ろ過ぎたか。
 直線良く追い込んで力のあるところを見せてくれただけに、残念。

1/23京都09R 睦月賞(○)
 これは順当。
 2着のワイズミューラーは、京都初経験ということで評価を落としてみたが、
 鞍上も合うようだし地力も高そうで、鞍上次第では今後も期待できそうだ。
1/23京都10R 伏見S(×)
 8番人気のオリオンスターズが1着。
 休み明けながら得意の距離と持ち前の安定感で勝利。
 このレース、本命と対抗にあまり差は無かったのだが、
 本命に推したセブンシークィーンは6着に惨敗。
 対抗のケンブリッジエルが2着に入り明暗を分けた。
 セブンシークィーンがムラ駆け傾向のようなので、
 きわどい時はその辺りを注目するのも良さそうだ。
1/23京都11R 平安S(○)
 本命のマチカネニホンバレは5着だったものの、
 対抗、3番手で枠連ゲット!
 マチカネニホンバレは、平坦でも坂有で走れる実力馬だが、
 どちらかというとパワータイプのようで、それはインバルコにも言えそうだ。
 逆に勝ったダイシンオレンジは、京都で4勝挙げているように平坦向き。
 スピードの絶対値は高いようだが、フェブラリーSで通用するかと言えば、
 現状では疑問が残る。

1/23小倉10R 巌流島特別(×)
 3番手評価で1番人気のクレバーサンデーが勝利。
 前走の沖の島特別を素直に評価するべきだったか。
 本命のユキノラムセスは、終始囲まれる形の競馬で窮屈だったか。
1/23小倉11R 関門橋S(◎)
 4番手評価で1番人気のラフォルジュルネが勝ち、
 2着は本命メイショウカンパク、3着にも2番手のスカイリュウホーが入り、
 ワシ的には順当な結果に。
 こういう予想が続けられるなら、ワシものびのび3連複とか買うんだけどねぇ…。
1/23小倉12R 早鞆特別(○)
 2番人気のアークビスティーが勝利。
 ドコが評価されてこの人気になったのかワシにはよくわからんのですが、
 レース自体はこの馬にとって理想的な感じに見えたので、
 地力を充分に発揮しての勝利だとは言えるだろう。
 それよりも、3着に10番人気のニシノミーチャンが入ってくれたおかげで、
 本命コスモナダルの複勝が330円まで上昇。
 馬券的にはなかなかの好内容となった。

今週は開催自体を振り返る週なので、こちらではココまで。

« 映画 『グリーン・ホーネット』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第1開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/50709218

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(3):

« 映画 『グリーン・ホーネット』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第1開催を振り返って »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ