« 映画 『スプライス』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『アンストッパブル』(☆☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」 今週の反省

1/5の結果
 2勝(初日の出S、万葉S) 1分(ジュニアC) 3敗
  回収率 117.5%

1/8の結果
 2勝(初春賞、招福S) 5敗
  回収率 27.8%

1/9の結果
 1勝(五条坂特別) 5敗
  回収率 11.3%

1/10の結果
 1勝(頌春賞) 5敗
  回収率 12.0%
  年間回収率 47.7%
  通算回収率 70.8%

各レースの振り返り
1/5中山09R ジュニアC(△)
 予想自体は外れてるが、枠連で拾って痛み分け。
 この時期の3歳戦全体に言えるが、
 実績よりもポテンシャル重視なんだと思われる。
 とは言え、どうやってポテンシャルを図って良いものやら…。
1/5中山10R 初日の出S(○)
 順当に拾えた、というよりもこのレースで唯一の正解。
 勝ったカホマックスは、ワシ的には強調できるポイントが無く、
 「まぁ、このコースが合うんだろうねぇ…」
 程度の認識しかできないですねぇ…。
1/5中山11R 中山金杯(×)
 連対率50%を超える馬のうち唯一買っていない、
 コスモファントムが勝利。
 近走に散見する惨敗は、やはり相手が強すぎただけということか。
 GⅢクラスなら今後も暴れまわってくれるだろう。
 2着のキョウエイストームは、中山芝では必ず馬券に絡んでいる馬。
 中山では無視してはいけなかったということか。
 モエレビクトリーは、昇級戦でやや荷が重すぎたか。

1/5京都09R 初夢S(×)
 ワシの評価では下から4番目のピースキーパーが勝利。
 レースを見ても、勝因がイマイチわかりません。
1/5京都10R 万葉S(◎)
 今日振り返る中で唯一のズバリ予想。
 コスモメドウが特に斤量に恵まれたってことでしょうかねぇ。
1/6京都11R 京都金杯(×)
 勝ったシルポートは、やはり天皇賞(秋)以前のレースの相手が、
 強すぎただけ。
 前走も勝っているし、この斤量で戦えるなら、
 コスモファントム同様GⅢ辺りでは勝ち負けできるだろう。
 ダンツホウテイは、おそらくパワータイプで、
 かつ重賞ではやや力不足かも。

1/8中山08R 中山新春S(×)
 ワイドなら当たってたレース。
 勝ったトキノナスティアは、前前で競馬できれば強いんだろうなぁ、という感じ。
 ただ、そうなると出たとこ勝負っていう感じなので、
 今後も買いにくいかもなぁ…。
1/8中山09R 寒竹賞(×)
 勝ったターゲットマシンは、ディープインパクト産駒。
 距離的にも成長力的にもこれからが本番と見えるので、
 無傷の2連勝のこの馬も注目されうる存在になってくるのでは。
 ガリレオバローズは、直線伸びず。お疲れだったんですかねぇ…。
1/8中山10R 初春賞(○)
 本命のセンジンジョーは、順当に馬券に絡んでくれた。
 勝ったキングパーフェクトは、昇級初戦、かつ初の中山コース。
 これで連勝ということもあり、勢いに乗っているのかも。
 ようやく成長期到来か。
1/8中山11R 招福S(○)
 地方競馬出身の内田騎手は、オメガファルコンをモノにしたのだろう。
 今後もこのコンビには注目。
 ロラパルーサが、順当に馬券に絡んでくれたので、
 今後もこのクラスなら安定して上位に絡んでくれるものと思われる。

1/8京都09R 福寿草特別(×)
 外人騎手の1-2フィニッシュ。
 3着も武豊と、騎手力が出た一戦かも。
 本命のアサクサショパンも新馬戦以上に走ってはいるが、
 いかんせん力不足なのか。
1/8京都10R 許波多特別(×)
 馬連とか買ってれば、けっこうおいしいレースだったのに…。
 マイネルシュトルムは、直線伸びを欠いていたので、
 坂のあるコースでパワーを活かす競馬をした方が良いのかも…。
1/8京都11R 新春S(×)
 単純に馬券が荒れすぎ。
 こういうレースは、基本的にワシの守備範囲外です。

1/9中山09R 初茜賞(×)
 1番人気&2番人気を切って、
 3番人気&4番人気を買って失敗。
 新聞とか読まないので、なんで人気になってるのか知らないですけど
 (特にリコリス)、人気に逆らっちゃいけない時は確実にあるわけで…。
 例えば調教が良かったりするんですかねぇ…。
1/9中山10R 迎春S(×)
 評価4番手のヤングアットハートが勝利。
 本命のイチブンと違って、坂にも対応する力はあっただけに、
 その気になれば拾えたかな、というレース。悔やまれる。
1/9中山11R ジャニュアリーS(×)
 3着のファイナルスコアーは5番手評価だったので、
 評価の取り方次第ではワイドぐらいは取れたかも。
 ツクバホクトオーは、ちょっと買える要素が見つかりません。
 マハーバリプラムには、ちょっと展開が向かなかったかな、と思いたい。

1/9京都09R 寿S(×)
 武豊ツエ~、な一戦。
 評価的にはブラストダッシュと同等なだけに、
 平坦馬場でのスピード勝負に負けた感じかも。
 坂有競馬場ならまた期待しても良さそう。
1/9京都10R 五条坂特別(○)
 これは順当。
 2着のフェイマステイルも4番手評価なので、
 人気次第では手を広げるという選択も今後考慮する必要アリかも。
1/9京都11R シンザン記念(×)
 前走1着降着のレッドデイヴィスが勝利。
 地力があるところに、鞍上と噛み合った末の勝利かも。
 あと、やはり実績は忘れて地力を見抜くのが、
 この時期の3歳戦には重要なんだろう。

1/10中山09R 成田特別(×)
 勝ったグルーオンと本命のトウカイキアーロとの差はそう大きくないので、
 鞍上の経験値の差が出たのではと思われる。
 てゆーかトウカイキアーロは後ろ過ぎた。パワー不足かな、この馬は。
1/10中山10R 頌春賞(○)
 これは順当。
 2着のネコパンチも4番手評価なので、
 人気次第では手を広げるという選択も今後考慮する必要アリかも。
1/10中山11R フェアリーS(×)
 1着と3着は、もう単純に超良血。
 ただ、ダンスファンタジアはまだ気性的に問題ありなようなので、
 今後も本命には推しにくいかも。購入時には枠番などに注目だ。
 あと、1着2着とも
  父ファルブラヴ(ノーザンダンサー系)
  母父サンデーサイレンス
 の組み合わせで、相性がよさげ。今後の3歳(2歳)限定戦では要注目かも。
 本命のピュアブリーゼは、上位3頭に対してやや劣るか。
 クラシック戦線から脱落と見ていいかもしれない。

1/10京都09R 北大路特別(×)
 長期休養明けで芝実績のないピサノジュバンは、ちょっと買えないなぁ…。
 対抗のアンプレシオネの方が順当に着を拾ってるだけに、
 ニチドウルチルは逃げ方が足りなかったかも。
1/10京都10R 山科S(×)
 休み明けで、かつD1200m7戦7着外のスペースフライトは買えない。
 評価互角の対抗ノルマンディーが着を拾っているので、
 やはり外人騎手が円高差益を利してガチ稼ぎに来ていると見ていいかも。
1/10京都11R 淀短距離S(×)
 外に持ち出した分損をしたケイアイデイジーに対して、
 終始内内を回ったショウナンカザン、シャウトラインが直線抜け出す。
 シャウトライン、ケイアイデイジーが直線まで前めで回れたのも大きい。
 展開が読めないワシには、ちょっと難しいレースだったかも…。

いきなり通常の2週分と倍増でお送りした、ひとり反省会。
今回の反省をもとに、次週の戦術を…。
  ①外人騎手は無条件で評価UP
  ②中山では坂有競馬場実績でも評価
  ③京都では平坦競馬場実績でも評価
  ④3歳戦では以下の要素で加減点しない
    前走のクラス、クラス実績、持ち時計、距離実績、競馬場実績
来週も2場開催なので、④ぐらい思いきったことをしても、
そんなに影響しないかな、とか思うんですが…。

そして、来週の買い方は以下の通り
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 京都:条件戦=単勝2点買い OP以上=枠連

来週は、重賞当てたいなぁ…。

« 映画 『スプライス』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『アンストッパブル』(☆☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/50557773

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 今週の反省:

« 映画 『スプライス』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『アンストッパブル』(☆☆☆☆) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ