« 映画 『アレクサンドリア』(☆☆☆) | トップページ | ひとまず今週末から再開のようですが… »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(9)

3/5の結果
 2勝(スピカS、淡路特別) 1分(あざみ賞) 6敗
  回収率 28.6%

3/6の結果
 1勝(弥生賞) 1分(仁川S) 7敗
  回収率 84.6%
  年間回収率 51.7%
  通算回収率 70.2%

各レースの反省
3/5中山09R 黄梅賞(×)
 3番人気のオメガブレインが勝利。
 前走は休み明けにしては悪くない内容だったし、
 鞍上も合ったのかも知れない。
 本命に推したリンゴットは6着に惨敗。
 ちょっと体重減り過ぎだった。位置取りが悪かったのもそのせいか。
 馬体回復が急務だろう。
3/5中山10R スピカS(○)
 これは順当。
 頭数も少なかったし、思うようなレースが出来たのだろう。
 ただ、実は思ったほど切れ味が無いのかも…。
 次走も位置取りには要注意だ。
3/5中山11R オーシャンS(×)
 3番人気のダッシャーゴーゴーが勝利。
 2着に2番人気のキンシャサノキキ、
 3着に1番人気のレッドスパーダ(対抗評価)が入り、順当な結果に。
 ダッシャーゴーゴーは斤量増を克服して勝ったものの、
 降着したり突然大負けしたりとポカが多く当てにしにくいタイプ。
 ただ、今年の高松宮記念は阪神での開催。
 この馬にとっては実績のある競馬場だけに、侮れない1頭となるか。
 本命に推したセイコーライコウは惜しくも4着。
 GⅠ級相手ではやや荷が重いのか。

3/5阪神09R 淡路特別(○)
 これは順当。
 鞍上強化も功を奏したと言えるだろう。
 ただ、今回も平凡な時計でスピード勝負では分が悪い。
 上に上がっても相手を選ぶ感じになるかもしれない。
3/5阪神10R 武庫川S(×)
 3番人気で3番手評価のブリッツェンが勝利。
 馬体減が功を奏したと考えられる。
 ただ、今回は時計が平凡。
 自在性があるので、うまく流れに乗れれば上に行ってもチャンスはあると思うが…。
 本命に推したサザンギャラクシーは、6着に惨敗。
 終始伸びを欠き、まったくいいところなし。
 よく見ると、1600万下に昇格した2009年12月以降連対なし。
 クラスの壁か、それとも年齢的なものなのか…。
 どっちにしても、次回以降ちょっと買いにくいかなぁ…。
3/5阪神11R チューリップ賞(×)
 本命レーヴディソールが馬体重10㎏増にも負けず圧勝。
 鞍上が追うまでもなかったというぐらい別次元の強さ。
 2着に阪神ジュベナイルフィリーズ3着のライステラスが入着。
 あのレースがフロックでないことが証明された。
 黄梅賞もそうだったが、そろそろ3歳戦も実績重視で良いのかも…。

3/5小倉10R あざみ賞(△)
 1番人気で対抗評価のミヤジエムジェイが勝利。
 2着に3番人気のビルケンハンマー、
 3着に2番人気のアンゲネームが入り、人気通りの決着に。
 ミヤジエムジェイは、今後中央場所で通用するかどうかが命題になってくるだろう。
 本命に推したオースミドライバーは13着に惨敗。
 新馬戦のタイムが一番良かったことを考えると、
 あの時点で馬体重がギリギリだったのかも知れない。
 馬体がもう少し増えてこないと力を発揮できないかも知れない。
3/5小倉11R 中京スポーツ杯(×)
 11番人気のタガノジョーカーが勝利。
 ハンデに救われた面もあるが、
 馬体重が減ったのが良かったのかもしれない。
 ともかく、1600万下で即通用と言う感じではないだろう。
 ハンデ戦の斤量次第かなぁ…。
 本命に推したルナキッズは、9着に惨敗。
 馬体重こそ変化はないが、使い詰めで疲労が蓄積していたのかも知れない。
 もしくは、単純にクラスの壁があるのかも知れないが…。
3/5小倉12R 大牟田特別(×)
 1着に11番人気のセルリアンレッド、
 2着に10番人気のブラーニーストーン、
 3着に7番人気のマスターチアフルが入る大波乱。
 こういうレースはちょっと取れませんねぇ…。
 本命に推したシルクマタドールは7着に惨敗。
 芝は向かないわけではないが、
 年齢も年齢だしこの辺りまでが限界なのかも知れない。
 今後もやや買いにくい馬か。

3/6中山09R 富里特別(×)
 2番人気のモンテエンが勝利。
 昇級初戦だし、持ち時計も無いので軽視していたのだが、
 今回は時計勝負にならなかったのがこの馬には良かったのかもしれない。
 パワータイプの馬なので、中山でもうひと勝負行きたいところか。
 本命に推したメイショウジンムは惜しくも4着。
 スピード勝負にならなかったのは良かったのかもしれないが、
 初の関東遠征に伴う輸送減りが厳しかったか。
 輸送向きの馬ではなさそうだ。
3/6中山10R ブラッドストーンS(×)
 5番人気のナムラカイシュウが勝利。
 連勝中とはいえ、昇級戦だし平坦馬場でしか実績が無いのを嫌ったのだが、
 充実期を迎えていろいろ成長してきたのかも知れない。
 3連勝と勢いは相当のもの。次も相手次第では。
 本命に推したデイトユアドリームは惜しくも2着。
 今回はナムラカイシュウの勢いに屈したが、
 内容は悪くないので次も期待して良さそうだ。
3/6中山11R 弥生賞(●)
 1番人気のサダムパテックが勝利。
 中山では末が甘くなるかと思って軽視したが、
 母方の血の方が強いのか、1600mは短かっただけかも知れない。
 2着は相手なりに走れるプレイ。
 ここでも相手なりに走って連対キープ。
 ただ、切れるタイプではないので、
 今後もこういう競馬が続きそうなイメージしか浮かばないなぁ。
 サダムパテックは勝ってなかったが、枠連でせこく4ケタ配当ゲット。
 一方本命に推したターゲットマシンはなんとビリ。
 まだ精神的に子供のようで、ゲート再試験の予定が入るほど。
 キャリアも浅いし、今後の成長に期待と言うことで…。

3/6阪神09R アルメリア賞(▲)
 印を打った3頭がすべて馬券に絡んだにもかかわらず、
 3番手評価のトーセンレーヴが勝ってしまったため回収ゼロ。
 馬券ベタですなぁ…。
 超良血のトーセンレーヴ、次走の毎日杯次第では皐月賞も視野に入る。
 内容次第では混戦の牡馬クラシック界を一気に統一か。
3/6阪神10R 仁川S(△)
 これは順当。しかし、ワイドと言うこともあって配当はかなり控えめ。
 ワンダーアキュートは、血統も良くココはむしろ勝って当然。
 重賞戦戦を賑わすことだろう。
 対抗のタガノジンガロは4連勝こそ逃したが、昇級初戦とはいえ上々の内容。
 次走も期待して良さそう。
3/6阪神11R 大阪城S(×)
 3番手評価のダンツホウテイが勝利。
 鞍上が戻ったのが良かったのかも知れない。
 また、使い詰めだったようなので休んだのも良い方向に行ったのかも。
 とはいえ、今回も斤量が軽かったことを考えると、
 もうしばらくオープンで修行を積む必要があるだろう。
 本命に推したシルポートは6着に敗れる。
 馬格から考えると、斤量はそれほど気にするタイプとは思えないが、
 阪神では極端な成績のようなので今回はだめな日だったということか。
 あとは、馬体重500㎏ではやや重いのかも知れない。

3/6小倉10R 球磨特別(×)
 人気のウインドミネーターが初の小倉コースをものともせず快勝。
 都落ちした甲斐があったというもの。
 逃げ馬にはおあつらえ向きの1番枠を引いたのも良かったか。
 本命に推したオモイカナウは、なんとビリ。
 挫跖の影響がまだ残っているのかもしれない。
 そもそも人気が無い(9番人気)から、実力不足かも知れないが…。
3/6小倉11R 大濠特別(×)
 5番人気のリュンヌが1着、
 7番人気のアイスカービングが2着、
 9番人気のメイショウサバトが3着に入り、馬単万馬券の波乱。
 芝実績が無いとはいえ、前走は昇級初戦とはいえなかなかの内容。
 初勝利が3歳の3月と言うことを考えると、まだ伸びしろは充分かもしれない。
 芝適性も証明したので、今後も注目していい存在かもしれない。
 本命に推したタガノシビルは6着に敗れる。
 切れ味のあるタイプではないので、
 もう少し前につけてないと勝ち負けは厳しいかも知れない。
3/6小倉12R 出水特別(×)
 3番手評価で8番人気のエーシンマイトップが勝利。
 もともと相手なりに走れるタイプの馬ではあるが、
 外枠だったことで荒れた内馬場を通らずに走れたのが良かったのかもしれない。
 上に上がっても、しぶとく走れれば上位は充分うかがえると見るが…。
 本命に推したチャームポットは8着に惨敗。
 これも切れるタイプではないので、
 もっと前前で競馬できないと昇級はままならないだろう。

3歳戦も、ようやく実績がモノを言うようになり始めた、
と思ったら超良血の新勢力が出てきたりと、
特に牡馬クラシックは混戦模様。
牝馬クラシックもレーヴディソール以外はそれほど差が無い感じ。
しかも、ココに来て地震による日程変更を余儀なくされ、
さらなる混乱が予想される。
ワシの馬券も含めて、どうなることやら…。

地震による競馬中止により、今週の買い方はもちろんナシです。

« 映画 『アレクサンドリア』(☆☆☆) | トップページ | ひとまず今週末から再開のようですが… »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/51089682

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(9):

« 映画 『アレクサンドリア』(☆☆☆) | トップページ | ひとまず今週末から再開のようですが… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ