« 映画 『ザ・ファイター』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『フードインク』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(11)

3/26の結果
 3勝(心斎橋S、六甲S、スプリングS) 4敗
  回収率 210.0%

3/27の結果
 2勝(四国新聞杯、梅田S) 5敗
  回収率 15.3%
  年間回収率 68.6%
  通算回収率 70.8%

各レースの反省
3/26阪神09R 心斎橋S(○)
 4番人気のパドトロワが勝利。
 1200mでは実績の高い馬だったので、
 1200適正の方が有効なレースだったのかもしれない。
 本命に推していたサザンスターディは手堅く2着。
 5番人気ということで複勝としてはなかなかの配当。
 昇級戦だったことを考えると、次も期待して良さそう。
3/26阪神10R 六甲S(○)
 6番人気のロードバリオスが勝利。
 2着で対抗評価のクレバートウショウともども、
 阪神で2勝の実績をあげている2頭で決まる、
 ある意味わかりやすいレース。
 本命に推したモエレビクトリーが3着に食い込んでくれたおかげで
 ワイド的中。
 このぐらいの斤量なら、このクラスでも充分勝負になるようだ。
3/26阪神11R スプリングS(◎)
 本命のリベルタス以外の3頭全部が突っ込んできて、
 ワイドパーフェクト達成。
 勝ったオルフェーブルは、血統的に見れば長いところも行けそうなので、
 今後も注目の1頭といえるだろう。
 本命に推したリベルタスは13着と惨敗。
 直線、左右から挟まれる形になってひるんでしまった。
 切れ味のあるタイプでもないようだし、
 もっと前前で競馬できないと厳しいかもしれない。
3/26阪神12R フラワーC(×)
 5番人気のトレンドハンターが勝利。
 馬体が戻ったのが良かったかもしれない。
 次も減ってこなければチャンスはあると見る。
 本命に推したマイネイサベルは惜しくも4着。
 ペースが合わなかったようだが、
 逃げ粘ったところをむしろ評価すべきかもしれない。
 重賞実績もあるだけに、地力は上位と見る。

3/26小倉10R 牧園特別(×)
 12番人気のラガーアンバーが勝利。
 近5走で2ケタ着順が4回という成績から考えて、
 鞍上が合ったか小倉コースが合ったかのどっちかしか考えられない。
 とにかく、ちょっと手が出せない。
 本命のサンライズスカイは手堅く2着。
 とはいえ、同じ脚質のラガーアンバーよりも後ろで、
 同じタイミングで同じような脚色で追い出したら勝てないわなぁ…。
3/26小倉11R 吉野ヶ里特別(×)
 13番人気のホシシャトルが勝利。
 体重が戻ったのは良かったようだが、
 これもちょっと買える要素がありませんなぁ。
 本命に推したステラーホープは8着に敗れる。
 脚質が脚質だけに、自分で競馬を作れないのがなぁ…。
 今後も当てにしにくい馬かもしれない。
3/26小倉12R 川内特別(×)
 対抗評価のトーセンヤッテキタが勝利。
 本命で3着のマカリオスと評価的には互角だったので、悔やまれる内容。
 なんだかんだ言っても、テン乗りよりは騎乗経験のある方が
 勝手がわかってる分だけでも有利ということだろうか。

3/27阪神09R 四国新聞杯(○)
 これは順当。
 内容も良く、昇級しても期待できそう。
 対抗に推していたサトノロックは6着止まり。
 母方が強いのか、やはりダート向きなんじゃないかな、と…。
3/27阪神10R 梅田S(○)
 対抗評価のサンライズモールが勝利。
 リスポリ騎手は短期免許切れのこの日、高松宮記念を含む3勝の固め打ち。
 円高差益でけっこういい稼ぎだったのでは…。
 馬的にも、休み明けとはいえ得意のコースで地の利を活かした結果となった。
 本命のシャアは3着に食い込んで複勝ゲット。
 良く言えば手堅いのだが、悪く言うと勝ち切れないわけで…。
 この馬買うなら、今回みたいに複勝で手堅く拾うのが有効か。
3/27阪神11R 高松宮記念(×)
 本命のキンシャサノキセキが、見事勝利。
 名前の通り、高齢で栄冠を掴んだ。
 2着には当てにならない馬のうちの1頭サンカルロが入着。
 3着には11番人気のアーバニティが入着してしまい馬券は取れず。
 対抗のワンカラットは、実質ビリの15着。
 まだ減らし足りないのか、それともピークアウトしちゃったのかなぁ…。
3/27阪神12R 毎日杯(×)
 2番人気のレッドデイヴィスが勝利。
 3歳でセン馬になった覚悟をもっと汲んでやるべきなのか。
 GⅠに出れないのに、賞金だけは順調に加算されて行くので、
 当面目標になりそうなレースは、宝塚記念とかしかなさそうだが…。
 本命のトーセンレーヴは3着止まり。
 リベルタスもそうだが、今年の良血馬はどうも線が細いというか…。
 まぁ、トーセンレーヴの場合、単純に経験不足なだけかも知れませんが…。
 今年の冬ぐらいから伸びてくるタイプなのかもなぁ…。

3/27小倉10R フリージア賞(×)
 対抗評価で13番人気のサウンドバスターが勝利。
 やはり今の使い込まれた小倉の芝コースなら、
 芝実績がなくても戦えるようだ。
 2着に3番手評価のエーシンミズーリが入ったので、
 馬連買ってりゃなぁ…。
 本命に推したアバウトは7着に敗れる。
 平坦の軽い芝が向くのかなぁ。
 そうなると、舞台はけっこう限られてくるわけだが…。
3/27小倉11R 南九州特別(×)
 昇級戦の4番人気トーセンアドミラルが勝利。
 持ち時計を一気に2秒近く縮めており、
 充実期に入ったと言えるかもしれない。次も怖い。
 本命に推したゴーアップドラゴンは3着止まり。
 トーセンアドミラルに気持ち良く行かれ過ぎたかも知れない。
 ただ、追込馬なだけに条件が合わないと勝ち切れないかもなぁ…。
3/27小倉12R 熊本城特別(×)
 3番人気のメイショウフレアーが勝利。
 この馬も芝実績なし。馬場の痛みが深刻だ。
 本命のサアドウゾは2着止まり。
 これも追込馬。今の小倉芝コースは、切れ味タイプの馬にはある意味厳しい。
 距離ロス覚悟で外をぶん回すか、
 荒れた内馬場を馬群を縫って抜け出すかの2択じゃなぁ…。

いろいろと反省の多い週。
とりあえず、小倉に関してはちょっと雑過ぎた。
複勝にしておくだけでけっこう違ったんだがなぁ…。
あと、内枠馬自体は不利ではないが、
芝適性のあまり要らない馬場になっているようなので、
今週もその辺の補正は続行。
今週の買い方は以下の通り。的中重視で。
 阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

« 映画 『ザ・ファイター』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『フードインク』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/51267806

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(11):

« 映画 『ザ・ファイター』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『フードインク』(☆☆☆) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ