« どうして人間って法則性が好きなんだろう? 時事雑感(昭和6年1月 『中央公論』より)-② | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-04-09 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(11)

4/2の結果
 2勝(日経賞、由布院特別) 1分(コーラルS) 4敗
  回収率 50.6%

4/3の結果
 1勝(高千穂特別) 1分(マーガレットS) 5敗
  回収率 31.1%
  年間回収率 66.3%
  通算回収率 70.7%

各レースの反省
4/2阪神09R 明石特別(×)
 4番人気だが休み明けのデルフォイが勝利。
 スタートも良かったようなので、状態万全だったということだろう。
 3歳時に重賞2着の実績があるが、その実力は伊達ではないということだろう。
 本命に推したマイウェイは10着に惨敗。
 もともと出遅れ癖あったらしいし、そのせいか脚質も追込。
 展開や馬群に左右されやすいことだろう。とりあえず今回は不発。
4/2阪神10R コーラルS(△)
 トップハンデの3番人気馬セイクリムズンが勝利。
 フェブラリーSで大敗する前は重賞で連勝していたわけだから、
 OPでは格が違ったということなのか。
 馬格もあるので実際ほど斤量も響いてないのかもしれない。
 3番手評価のインペリアルマーチが2着、
 本命のナムラタイタンが3着に入りワイドはゲットできたものの、
 1番人気-2番人気の組み合わせなのでトリガミ。
 ナムラタイタンは、OPまでが限界なのかなぁ…。
4/2阪神11R 日経賞(○)
 順位まで完璧。人気順とはいえ、毎回こうならラクなんだけどねぇ…。
 ローズキングダムがトゥザグローリーをマークするような展開で直線に入ったが、
 追い出してからの反応に差があった。
 最後には追い脚の鈍かったペルーサにも差される有様。
 とはいえ今回は、前走よりも斤量が増えているわけだし、
 条件次第ではまだ見限れない馬といえなくもない。
 上位馬は軒並天皇賞(春)に向かうだろうが、
 今回の中では12㎏増で4着に入ったマイネルキッツなんかは、
 実績もあるし体重が減ってくれば再戴冠もあるのでは…。
4/2阪神12R 中山牝馬S(×)
 3番手評価で10番人気のレディアルバローザが勝利。
 阪神芝コースの勝率5割という地の利を活かした結果となった。
 今後も阪神コースでは無視できない存在だろう。
 2着には14番人気のフミノイマージン、
 3着には13番人気のコスモネモシンが入り、3連単200万馬券の大波乱。
 本命に推したアドマイヤテンバは17着に惨敗。
 格上挑戦で連闘の上に、ハイペース競馬の3番手と、
 いろいろと厳しい競馬だった。
 ひとまず、自己条件に戻ってもう少し力をつけた方が良さそうだ。

4/2小倉10R 芝桜賞(×)
 11番人気のビットスターダムが勝利。
 荒れた内馬場をものともしないパワフルな差し脚を披露してくれたが、
 負け続きだしテン乗りだし、買えるポイントがないよなぁ…。
 本命に推したコーラルビューは14着に惨敗。
 3~4コーナーでズルズル後退しているのは、
 他馬にひるんだせいなのか、それとも単に経験不足なせいなのか…。
4/2小倉11R 由布院特別(○)
 本命のジョーメテオが順当に勝利。
 2着に11番人気のメイクアダッシュが入ったので、
 2番人気の複勝でも190円とまあまあの回収。
 前走も掲示板を外したとはいえ着差が少なかったので、
 相変わらず状態は良好のようだ。
 ただ、当てにあるタイプではないので、昇級即通用というわけにはいかないだろう。
4/2小倉12R 日田特別(×)
 10番人気のレディパレードが勝利。
 500万に上がってから3戦、負け続けていたわけだから、
 コレはテン乗りの勝浦騎手がうまく乗ったと言うべきか。
 本命に推したパトリックバローズは12着に惨敗。
 テンで行き脚がつかず、そのままズルズル後退。
 外めの枠を引いたせいも少しあるかもしれないが、
 基本的に芝ではスピード不足。ダート専門と考えるべきかなぁ…。

4/3阪神09R マーガレットS(△)
 8番人気のクリアンサスが勝利。
 芝1400mで2勝の実績を挙げており、
 本命で同じく芝1400mで2勝のシャイニーホークも3着に入っているので、
 距離適性が出た結果になった。
 2着に2番手評価のプランスデトワールが入ったので、
 ワイドは取れたが人気サイドなのでトリガミ…。
4/3阪神10R 難波S(×)
 馬体重が減ってるかどうかわからなかった対抗のストロングリターンが勝利。
 素直に買ってればなぁ…。
 代わりに本命にしたシルクアーネストは惜しくも4着。
 差し馬なのに内枠に入ったので、位置取りが難しかっただけかもしれない。
 しかし、やはり後ろから行く馬というのは馬群をさばく必要がある分、
 どうしても枠順とか相手関係に注文がつくのがなぁ…。
4/3阪神11R 大阪杯(×)
 1着には本命のヒルノダムールが入着。
 しかもレコード勝ちのオマケ付き。
 なかなか勝ち切れない馬だったが、いよいよ本格化なのかもしれない。
 とはいえ、対抗のキャプテントゥーレは5着、
 3番手のタッチミーノットは6着止まり。
 キャプントゥーレには展開が厳しかったし、
 タッチミーノットは長距離輸送があまり得意ではないのかもしれない。
4/3阪神12R ダービー卿チャレンジトロフィー(×)
 勝ったのは8番人気のブリッツェン。
 昇級戦ということで斤量は恵まれていたが、
 テン乗りいうことでちょっと手が出しにくかった。
 柴田善臣騎手がうまく乗ったということだろう。
 本命に推したキングストリートは13着に惨敗。
 スタートダッシュでちょっと立ち遅れたのがすべてか。
 使い詰めで調子落ちしているのかもしれない。

4/3小倉10R 高千穂特別(○)
 対抗評価で7番人気のスマートグリットが勝利。
 本命のマイネルプリマスも2着に入り、複勝ゲットも、
 馬連もったいなかったなぁ…。
 前走(大宰府特別)ではマイネルプリマスが先着
 (4着、スマートグリットは5着)したが、
 ともに乗り替わりでスマートグリットの方が格上の騎手が乗ったところが、
 今回の逆転の要因か。なんやかんや言っても武豊の弟ですな。
4/4小倉11R オラシオンS(×)
 4番人気のエーシンヴァーゴウが勝利。
 休み明けとはいえ距離実績が高かったので、地の利を活かした結果とも言えるだろう。
 2着に6番人気のダノンブライアンが、
 3着には10番人気のインプレスウィナーがそれぞれ入着し、3連複万馬券。
 本命に推したシゲルモトナリは惜しくも5着。
 しいて言えば、持ち時計の差なのかなぁ…。
 そうなると、正直これ以上の上昇は望めなさそうだなぁ…。
 なお、3番手に推していたメイショウボンハオは競走中止。
 予後不良ということになったようです。謹んでご冥福をお祈りいたします。
4/4小倉12R 久留米特別(×)
 対抗評価で1番人気のボタニカルアートが勝利。
 ダート実績こそ無いが、持ち時計は良かったので
 スピード勝負では負けない素地はあった。
 一方の本命ベストフェットは5着止まり。
 切れ味が全然ないので、もっと前で競馬しないと、今後も厳しいかもなぁ…。

焼け太りモードは2週であっさり終了。
単に、ちょっとついてただけですね。
相変わらず得善に買えないので馬体重に泣かされてます。
まぁ、直前に買うのも、また善し悪しなんですが…。
来週は桜花賞
本命のレーヴディソールの戦線離脱により、一気に混戦模様。
逆に言えばドカンと当てるチャンスとも言えますが、買い方が買い方なのでねぇ…。
来週の買い方は以下の通り。
 阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連

« どうして人間って法則性が好きなんだろう? 時事雑感(昭和6年1月 『中央公論』より)-② | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-04-09 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/51323601

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(11):

« どうして人間って法則性が好きなんだろう? 時事雑感(昭和6年1月 『中央公論』より)-② | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-04-09 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ