« 神話のすべてがフィクションとは限らない? 神話と地球物理学(昭和8年8月 『文学』より) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第4開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(13)

4/16の結果
 2勝(はなみずき賞、ドラセナ賞) 4敗
  回収率 46.7%

4/17の結果
 3勝(マイラーズC、エスペランサS、別府特別) 3敗
  回収率 296.9%
  年間回収率 70.6%
  通算回収率 70.9%

各レースの反省
4/16阪神09R はなみずき賞(○)
 8番人気のレッドセインツが勝利。
 500万下は初出走だったが、新潟2歳Sぐらい(コンマ1秒差の3着)
 走れば勝てるということか。
 ヒラOPぐらいなら勝ち負けできる力はあると見る。
 本命に推したエーシンミズーリはクビ差の2着。
 今回はちょっと後ろ過ぎたかも知れない。
 地力はありそうなので、次も期待できると思うが…。
4/16阪神10R 山陽特別(×)
 昇級戦ながら2番人気だったカイシュウボナンザが勝利。
 鞍上がかなり強化されている感じなので、勝負駆けだったのかなぁ…。
 持ち時計があるとはいえ距離実績もなかったので、
 ワシ的にはちょっと買いにくかったです。
 本命に推したメイショウルシェロは9着に惨敗。
 そもそも人気無いし(10番人気)、牝馬なんだしそろそろ潮時なのかなぁ…。
 それとも、一応坂実績があるとはいえ、本質的には平坦向きだとか、そういうこと?
4/16阪神11R 淀屋橋S(×)
 3番人気のエーシンリジルが勝利。岩田騎手は10Rに続いて連勝。
 坂実績とかもないんだけど、鞍上が戻ったのが大きかったのかなぁ…。
 本命のリーチコンセンサスは、惜しくも4着。
 上位はおおむね人気順に来ているだけに、もうひと押し欲しかった。
 実績はあるのだが、どうもこの距離は短いらしい。
 とりあえず次走は、距離次第ということで…。

4/16小倉10R ドラセナ賞(○)
 これは順当。むしろ、単勝オッズ1.3倍でも、
 16番人気のアスターウィングを連れてきたおかげで、
 複勝110円付いてちょっと嬉しいぐらい。
 OP2着の実績もあるし、1つ叩いた次走は相手次第ではいきなりでもあるかも…。
4/16小倉11R 桜島S(×)
 昇級初戦ながら3番人気のマイネルオベリスクが勝利。
 前走勝っている以外に推せるポイントが無いんですが、
 思いのほか強い内容だったようで、充実期に入ったのかなぁ…。
 本命に推したシャアは惜しくも4着。
 今年すでに6戦走っているし、ちょっと休んだ方が良いのかも…。
4/16小倉12R 開聞岳特別(×)
 対抗評価のアースマリンが勝利。
 順位的には惜しい競馬が続いていたんですが、ようやく突き抜けたか。
 関東馬なのに左回りが今ひとつなので、
 次走東京や新潟だとちょっと厳しいかも…。
 本命に推したツルマルシルバーは、人気通り(9番人気)10着に惨敗。
 前走減量騎手で勝ち上がっての昇級戦。
 このクラスではちょっと厳しかったか…。

4/17阪神09R 蓬莱峡特別(×)
 6番人気のタガノバッチグーが勝利。
 昇級戦で斤量恵まれての勝利。勢いはありそうだが、
 この状況で上がってどこまで通用するか…。
 本命に推したニチドウルチルは惜しくも4着。
 1週待って京都or新潟の開幕週の方が、脚質的には面白そうだったが…。
 多分平坦限定馬。
4/17阪神10R 陽春S(×)
 3番手評価のトウショウカズンが勝利。
 休み明けとはいえ得意の距離なので、ココは地の利を活かしきったか。
 安定感もあるので、次も相手次第では勝負になるか。
 本命に推したデイトユアドリームは惜しくも5着。
 「転厩前に勝ちたかった」というコメントがあったようで、
 ひょっとすると無理使いだったのか?
 もしくは、本質的にはスプリンターなのかも知れないが…。
4/17阪神11R マイラーズC(○)
 「今回は勝つかも」とか言ってた4番手評価のシルポートがホントに勝利。
 ナイス逃げ切りでしたね。
 2着に人気薄(14番人気)のクレバートウショウを連れてきたが、
 対抗評価のダノンヨーヨーがアパパネを押さえ切って3着に入り、ワイドゲット!
 本命に推したライブコンサートは10着に惨敗。
 鞍上が合わなかったようで…。
 次は安田記念に向かうそうで、とりあえず鞍上次第かなぁ…。

4/17小倉10R 宇佐特別(×)
 3番手評価のハイタッチクイーンが勝利。
 福島の1000万下で2着しているところを見ると、
 コーナリングがうまい(=小回り向き)のかも。
 そうなると、8週間小回りでの競走が無いのはこの馬にとっては痛いかも…。
 本命に推したマイネルプリマスは、5着に敗れる。
 着差的にはそう悪くないのだが、外枠で番手を取れなかったのが敗因か?
4/17小倉11R エスペランサS(○)
 3番手評価のランフォルセが勝利。
 本命のマルカベンチャーが2着に入ってくれたので、馬連ゲット!
 配当的にはマイラーズCに劣るが、こっちの方が会心の当たりと言える。
 ランフォルセは、休み明けに-12㎏絞ってくるぐらいびっしり調教できる、
 いい状態だったのかもしれない。
 一方のマルカベンチャーは相変わらず勝ち切れないなぁ…。
 この距離でも走り切る根性には感服するが、
 本質的にはスプリンターなのだろう。
4/17小倉12R 別府特別(○)
 6番人気のジャガランダテラスが勝利。
 馬体重が戻ったのが良かったのかもしれない。
 ただ、ココまでのところ連続して使えてないので、もともと虚弱体質なのかも。
 こういう馬は、きっと鉄砲で狙うのが良いのだろう。あとは馬体重にも要注目だろう。
 本命のアンフィルージュは3着に入り、複勝はゲット。
 相手なりには走れるようなので、今後もとりあえずは複勝狙いで。

« 神話のすべてがフィクションとは限らない? 神話と地球物理学(昭和8年8月 『文学』より) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第4開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/51455742

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(13):

« 神話のすべてがフィクションとは限らない? 神話と地球物理学(昭和8年8月 『文学』より) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第4開催を振り返って »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ