« 映画 『八日目の蝉』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『神々と男たち』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(15)

4/30の結果
 7勝(陣馬特別、立夏S、青葉賞、あやめ賞、鴨川特別、桃山S、高田城特別) 2敗
  回収率 123.6%

5/1の結果
 5勝(府中S、鷹ヶ峰特別、錦S、いぶき賞、谷川岳S) 1分(スイートピーS) 5敗
  回収率 152.9%
  年間回収率 77.0%
  通算回収率 71.3%


各レースの反省

4/30東京09R 陣馬特別(○)
 対抗評価のタニノエポレットが勝利。
 本命のゴールドスパークルも昇級初戦と休み明けにしては3着と能力を見せたが、
 1000万下実績と順調に使われているか否かの差が出たか。
 タニノエポレットは、脚質が脚質だけに今後も本命にしにくいんだけど、
 今は調子が良さそうなのでいちおう相手次第ということで…。
 ゴールドスパークルの方は、近走順位を見てもいかにも先行馬っぽい感じの
 着順をしぶとく拾う感じの競馬が続くことだろう。
 昇級するまでは複勝で買う方がて手堅い、というかそういう馬であって欲しい。
4/30東京10R 立夏S(○)
 1番人気のピューターが勝利。東京コースでも普通に走れるってことね。
 それとも、4歳になっていよいよ本格化っていうことなのかも知れない。
 勢いが出てきた感じなので、次も相手次第では面白い。
 本命のケイアイダイオウはなんとか3着をキープ。
 基本的にはスプリンターなのかな。
4/30東京11R 青葉賞(○)
 6番人気のウインバリアシオンが勝利。
 実はメンバー中2頭しかいないOP勝利実績馬のうちの1頭なので、
 それなりに勝負強さはあるのだと思われる。
 2着に3番手評価のショウナンパルフェが、
 3着に4番手評価のトーセンレーヴが入りワイドはゲットしたものの、
 本命のヴァーゲンザイルは7着に敗れる。
 位置取りが安定してないところを見ると、
 三浦騎手はまだこの馬のことを掴めてないのかも知れない。
 馬の力を知るためにも1度ベテラン騎手に乗せてみるのもいいかもしれない。
 上位2頭は、権利こそ取ったものの本番でいらないかなぁ…。

4/30京都09R あやめ賞(○)
 これは順当、てゆーかようやく勝ち上がったかという印象。
 やや勝負弱いところはあるが、今回は実力上位だったということ。
 秋まで休むようだから、さらなる底上げを期待したいところだ。
4/30京都10R 鴨川特別(○)
 対抗評価のエドノヤマトが勝利。
 園田時代から続く4連勝は伊達ではないということだろう。
 ただ、持ち時計が相変わらずイマイチなので、今後はさすがに厳しいか。
 本命のエイシンサクセスは、出遅れながらも3着をキープ。
 次も期待していいが、出遅れが一過性であることを祈る。
4/30京都11R 桃山S(○)
 3番手評価のメダリアビートが勝利。
 本命のソリタリーキングも2着に入り、まぁ順当な結果に。
 平坦ダートでの安定感はメダリアビートの方が相当高いので、
 時計勝負に持ち込めた今回はコッチに分があったということか。
 今回どっちも休み明けだったので、昇格するメダリアビートも
 上がり目期待で次も期待していいケースはあると見る。

4/30新潟10R 荒川峡特別(×)
 1年ぶりのレースだったシャンギロンゴが勝利。
 3番人気だとしても、ちょっと買えないなぁ。
 本命のサクラボールドは危うく2着。
 芝ではなかなか勝ち切れないが、ここ2戦で芝でやれることは証明できた。
 ローカルならまだまだ追って行っていい馬だろう。
4/30新潟11R 鏑矢特別(×)
 7番人気のバイラオーラが勝利、
 12番人気のメイショウナナボシが2着に入り、馬連万馬券の波乱。
 バイラオーラは、ひょっとすると今まで馬体重が重すぎたのかもしれない。
 まぁ、足元に不安があるようなので、
 強い調教をなかなかつけられないようだから仕方ないのだろうが、
 今後もその辺りに注目が必要だろう。
 本命に推したリネンパズルは6着に敗れる。
 1000mの持ち時計はイマイチだが、1200mの持ち時計は戦えるものを持っているので、
 コーナリング力を活かせる方が良いのかもしれない。
4/30新潟12R 高田城特別(○)
 これは順当。
 シャインエフォートは、500万下ですでに2勝しているのだから、
 このクラスではそうそう負けてもいられないだろう。
 鞍上は、丸山騎手に固定しても良いかも知れない。
 1000万下でも3着したことはあるので、次もいちおう相手次第では。

5/1東京09R 府中S(○)
 6番人気のレインフォーレストが勝利。
 1年近く勝ちから遠ざかっていたとはいえ、
 メンバー中唯一1600万下での勝利実績がある馬。
 改めて力のあるところを示したということになるだろうか。
 かと言って、昇級即通用ということでもないんだけど…。
 本命のミカエルビスティーは手堅く2着をキープ。
 ようやくクラス慣れしてきたところに、降級の時期が近付いている。
 もう1回使ってくるかなぁ…。
5/1東京10R アハルテケS(×)
 3番手評価のブライトアイザックが勝利も、
 15番人気のトーホウオルビス連れてくるとかなぁ…。
 カジノドライヴは、1年ぶりにレースを使って地力を取り戻したようだ。
 もともと力のある馬だけに、今後は勝ち負けまで行けると思う。
 本命のナムラタイタンは5着止まり。
 近頃馬体重の変化が激しいのが原因かもしれない。案外繊細な馬のかも…。
5/1東京11R スイートピーS(△)
 対抗のアカンサスが勝利。
 2着も3番手評価のシシリアンブリーズが入るも、
 人気順だったこともありトリガミ。
 どっちも権利を取ったものの、正直本番で使える馬かって言うと、ねぇ…。
 本命に推したプリンセスキナウは11着に惨敗。多分ダート馬だね、彼女。

5/1京都08R 鷹ヶ峰特別(○)
 本命で5番人気のヒカルジョディーが勝利。
 前走が良かったので、いい時期に入ってるということだと思う。
 しかし、時計が平凡なので昇級即通用とは行かないだろうなぁ。
5/1京都09R 舞鶴特別(×)
 人気順で来てるのに、どれにも印打ってないっていうね…。
 勝ったトウショウフリークは、スイープトウショウの半弟。
 ココにきてようやく本格化&良血開花ということだろうか。
 勢いは相当なものだろうが、次も勝てるかというと…。
 いちおう相手次第ということで…。
 本命に推したコウユーヒーローは7着に敗れる。
 追い込み馬の悲哀というか、不発だと見せ場ナシになっちゃうんだよねぇ。
 それに、レースを作って行くこともできないし…。
 鞍上が力不足とは思いたくないが…。
5/1京都10R 錦S(○)
 対抗評価のガンダーラが勝利。
 本命のブレイブファイトも2着に入り、まぁ順当な結果に。
 昇級戦とはいえ、平坦馬場ではガンダーラの方に分があったということか。
 距離もこの具体が良いので、
 マイルチャンピオンシップに向かってさらなる上積みを期待したい。
 一方ブレイブファイトは、舞台を選ばない器用さがあるので、
 すぐに順番が回ってくると思われる。
5/1京都11R 天皇賞(春)(×)
 ヒルノダムールは、大阪杯見て絶対中距離馬だと思って切ったのに…。
 ヨーイドンの展開になったら、来ちゃうよねぇ…。
 ジェントゥーは、むしろ自分の競馬にして行った方が良かったんだろうけど、
 今回みたいな走り方が普段の競馬だとすれば、
 そういう感じじゃあないよねぇ。ま、運が無かったということで…。
 こうやって考えると、去年の皐月賞のレベルの高さ、尋常じゃないよねぇ…。
5/1京都12R いぶき賞(○)
 本命のグレープブランデーが勝利。
 3番手評価のボレアスが2着に入り枠連でゲット!
 グレープブランデーは確かに強いが、今回の大幅体重減は正直気がかり。
 ダービーも視野に入れてるみたいだが、芝よりも自分との戦いになりそうだなぁ…。

5/1新潟10R はやぶさ賞(×)
 3番手評価のビューティバラードが勝利。
 3歳だから仕方ないけど、時計は平凡。
 とは言え、鞍上は大野騎手があってるんだろうねぇ。
 本命のシゲルヒラシャインは、7着に敗れる。
 そもそも志の低い名前に問題があるんじゃ…(じゃあなんで買ってるし)。
 その辺はともかく、血統的にはもっと長いところが向きそうな気がするんだが…。
5/1新潟11R 谷川岳S(◎)
 ワイドパーフェクトで2,010円ゲット!
 勝ったのは対抗評価のリディル。
 2歳時にGⅡを勝つような大器が、ようやく復活といったところか。
 2000mでも良いレースをしていたが、本質はやはりマイラー。
 とは言え大病をしているわけだから、今後も大事に使って行ってもらいたい。
 本命のヒットジャポットは、本質的にはパワータイプっぽいし、
 休み明けでスタート勘まで鈍っていた様子。
 次では叩き一変と行っていて欲しいところだ。
5/1新潟12R 白馬岳特別(×)
 1年ぶりのレースだったスタッドジェルランが勝利。
 いくら平坦ダートが強いからって、こんなに休んでる馬は買えませんて。
 母方はまだまだ成長力のある血統なので、
 大事に使えばまだ上は目指せると思う。
 本命に推したトウショウロジックは6着に敗れる。
 隣のティアモブリーオの強引な飛び出しに出負け…。
 前行って何ぼな馬なのに、ああいうのはちょっと厳しいよなぁ…。

天皇賞(春)は完全に読み違えて取れなかったものの、
今年初の土日両日プラス収支で、年間80%目前まで来た。
取りこぼしが少ないのが、やはり大きいね。
今後もこういう感じで行けば、年間100%も充分と思うんだが…。
今週の買い方は以下の通りで。
 東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 新潟:条件戦ー複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『八日目の蝉』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『神々と男たち』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/51583342

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(15):

« 映画 『八日目の蝉』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『神々と男たち』(☆☆☆) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ