« 「正しく怖がる」ということ 小爆発二件(昭和10年 『文学』) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第5開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(17)

5/14の結果
 5勝(立川特別、京王杯スプリングS、紫野特別、京都ハイジャンプ、葵S) 5敗
  回収率 171.3%

 

5/15の結果
 1勝(是政特別) 9敗
  回収率 10.0%
  年間回収率 76.0%
  通算回収率 71.3%

各レースの反省

5/14東京09R 夏木立賞(×)
 4番人気のヴィジャイが勝利。
 500万下では2着したこともあるので、鞍上と噛み合ったのかも知れない。
 ただ体重-10㎏というのは、今後に向けてどうだろうか。
 単なる輸送減りで済んでればいいんだろうが…。
 本命に推したオマワリサンは6着に敗れる。
 三浦騎手が蛇行で過怠金を科せられたように、
 まっすぐ走ってればもう少し結果も違ったのでしょうが、
 そもそもそれが騎手のせいだったのかどうか…。
 名前も小田切さんらしいと言えば聞こえが良いけど、ねぇ…。
5/14東京10R 立川特別(○)
 本命予定のタケショウオージがまさかの出走取消。
 前走の出遅れが不安だったが、エイシンサクセスを本命にし、これが見事に勝利。
 今回は出遅れを無理に立て直さずしっかり脚を溜められたのが大きかったか。
 血統だけ見ると、もっと長いところの方が良さそうだが、
 この距離もこなせるスピードがあるというのは大きい。
 1600万下に上がっても、まあ相手次第ということで…。
5/14東京11R 京王杯スプリングC(○)
 対抗評価ながら昇級初戦だったストロングリターンが勝利。
 去年のエプソムCでも惜しい競馬をしており、
 また得意の東京コースということで力のあるところを見せたということか。
 本命のシルポートが逃げ粘って2着に入り、ワイドゲット。
 今週の結果を見る限り、ココで攻め切ってればなぁ…。
 両頭とも、本番どうかなぁ…。あの2頭強いからなぁ…。

5/14京都07R 紫野特別(○)
 これは順当。
 頭数が少なかったのも、後ろから行くこの馬には良かったかもしれない。
 ただ、時計は平凡だったので、昇級即通用とは行かないだろうなぁ…。
5/14京都08R 京都ハイジャンプ(○)
 対抗評価のタマモグレアーが勝利。
 本命のランヘランバが2着に入り、枠連でゲットという順当な結果に。
 単純に鞍上との相性が特に良い2頭で決まりましたね。
 3番手評価のキングジョイは落馬競走中止。
 他の2頭が来てくれたので良かったですが、
 中山グランドジャンプに向けて立て直し必至だろう。
5/14京都10R 葵S(●)
 本命のロードカナロアが勝利も、連れて来たのは13番人気のサクラベル。
 たまたま3番手のプランスデトワールと同じ枠だったので、
 枠連で拾ってしまいましたが、馬連万馬券の波乱を演出。
 ロードカナロアは、短いところはなかなか強そうだ。
 斤量の恩恵もあるので、サマースプリントシリーズを賑わす存在になれるかも…。
5/14京都11R 上賀茂S(×)
 ホントは本命でも良かったんだけどなぁ、シャア…。
 対抗に落としたらとたんに来るんだもんなぁ…。
 本命に切り替えたソリタリーキングはいいところなく10着に敗れる。
 ダートの得意な内田博幸とか岩田騎手とか乗らないとダメなのかなぁ…。
 一方のシャアは、これでOP入り。
 勝ち時計自体は悪くないので、今後もしぶとい競馬に期待したい。

5/14新潟10R 湯沢特別(×)
 5番人気ながら休み明けで馬体重22㎏増だったボンジュールメロンが勝利。
 むしろそれが良かったようで、馬体回復&リフレッシュ効果ということか。
 本命のラブグランデーは惜しくも2着。
 勝ち馬の切れ味に屈したものの、着差も僅かで次も期待できると思われる。
5/14新潟11R 中ノ岳特別(×)
 勝ったのは10番人気で終始2番手のウインリーズン、
 2着は追い込んだ7番人気トップオブカハラ、
 3着には逃げた2番人気のトウショウロジック。
 当然、馬連万馬券の波乱であり、トップオブカハラはよく追い込んできたと言える。
 勝ったウインリーズンは、浦和で勝って1000万下に昇格したとはいえ、
 中央での実績には乏しかった。ちょっと買いにくい馬。
 本命のダノンプリマドンナは、13着に惨敗。
 おおむね前残りの展開だったし、
 自信切れ味勝負できるタイプではないので、もっと前にいない厳しいだろう。
5/14新潟12R 石打特別(×)
 勝ったのは、4歳とはいえまだ芝で勝ったことのなかったヤマカツハクリュウ。
 血統もダートっぽかったので、今回もいらないかと思ったんですが…。
 2着に8番人気のマイネルドルチェ、3着に10番人気のメイショウピゴットが入り、
 馬単万馬券の波乱。
 本命のエクセリオンは、8着に敗れる。
 直線向いてから押し出しても、遅いのかもしれないね、この馬は…。
 初勝利時は2番手から勝っているわけだし、もっと前めにつけた方が良いのかも…。

5/15東京09R テレ玉杯(×)
 6番人気のラガーアンバーが勝利。
 時計勝負にならなかったのが、この馬にとっては良かったのかもしれない。
 しかし、そうなると上に行っても不安が残るわけで…。
 本命のヒットメーカーは7着に敗れる。
 休み明けで、しかも実績のない坂有コースはさすがに厳しかったか。
 平坦限定と見るべきかも…。
5/15東京10R 是政特別(○)
 5番人気のニシノヴァンクールが勝利。
 ダート得意の岩田騎手が乗った効果が大きかったか。
 とはいえ、減り続けている馬体重は気がかり。
 本命のリコリスは惜しくも2着。
 ダートではこれで5戦2着5回と、勝ち切れないが負けない戦いが続いている。
 安定感重視でダートを使い続けるのか、芝に勝ちを求めるのか、今後の動向に注目だ。
5/15東京11R ヴィクトリアマイル(▲)
 1着、2着は順当。やはり地力が抜けていたのだろう。
 3着も3番人気のレディアルバローザが入り、3連複でも3ケタ配当に。
 これは前走内容を軽視してたんですが…。
 ペースが合わなかったらしいが、まだこの馬には重賞は荷が重かったかもしれない。
5/15東京12R きぼう賞(×)
 3番手評価のエーブチェアマンが勝利。
 持ち時計を一気に2秒半も縮める快走を見せてくれた。
 いよいよ本格化と言えるかもしれない。
 この走りができるなら、OPでもそれなりに期待できるのではないだろうか。
 本命に推したミカエルビスティーは5着止まり。
 騎手のせいにはしたくないが、あんまり合ってないのかもしれないなぁ…。

5/15京都09R 烏丸S(×)
 4番人気のトレイルブレイザーが勝利。
 距離実績が足りてないから軽視してたんですがねぇ…。
 まぁ、確かに血統的にはもたなくもなさそうなんですが。
 本命に推したロイヤルネックレスは10着に敗れる。
 戦えなくはないが、やはり末が甘くなる感じですね。
 本質的には中距離馬と見えるが…。
5/15京都10R 朱雀S(×)
 対抗評価で1番人気のエアラフォンが勝利。
 2着も3番手評価のエーシンウェズンが入ってるんだけどなぁ…。
 本命のマルカベストが9着に敗れる。
 安藤勝巳らしくない位置取りのミス。前がまったく開かず、あれでは勝てないなぁ…。
 そうでなければ、1400mでも長いということになるわけだが…。
5/15京都11R 栗東S(×)
 6番人気のトーホウドルチェが勝利。
 鞍上との実績がいまいちだったんで、今回は軽視してたんですが…。
 印を打ったうち、3着までに入ったのはナムラタイタン(3着)だけ。
 輸送に弱いだけなのかなぁ…。
 本命のマルカベンチャーは5着止まり。
 10Rもそうだが、安藤勝巳はひょっとして裏開催だからって手抜いてたりしないよねぇ?

5/15新潟10R ゆきつばき賞(×)
 3番手評価もメイショウツガルが勝利。
 前走が良かったから、いい時期なのか新潟の水が合うのか…。
 対抗のアグネスウィッシュも3着に入ったものの、
 本命のフェイスフルラバーは8着に敗れる。
 テン乗りが良くなかったのかもしれないが、
 そもそも人気でなかったので実力不足だったということだろう。
 500万下でもう少し揉まれる必要があるだろう。
5/15新潟11R 邁進特別(×)
 芝実績こそ無いが2番人気のナイアードが勝利。
 ここ2戦、悪くない内容が続いていたとはいえ、ワシ的にはちょっと買いにくい馬だった。
 本命のキングオブザベストはなんとか2着を死守。
 今回も力のあるところを見せてくれたので、
 調子を維持できれば次もチャンスはあると見る。
5/15新潟12R 春日山特別(▲)
 全部入ってるんだけどなぁ…。買い方が悪かった。
 レイナソフィアは、新潟実績のある馬だけに、開催があるうちに勝てて良かっただろう。

今週は開催の反省があるので、こちらではココまで。

« 「正しく怖がる」ということ 小爆発二件(昭和10年 『文学』) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第5開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/51721244

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(17):

« 「正しく怖がる」ということ 小爆発二件(昭和10年 『文学』) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011年第5開催を振り返って »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ