« 映画 『生き残るための3つの取引』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(20) »

この国に生きる、ということ④ 金比羅山編

駐車場に戻って車に乗り、金比羅山展望台に向かってさらに登る。
ちなみに金比羅山は、入山料が発生する。
駐車場から歩いて登っても、車1台程度の人数なら1000円発生する。
P5170158

P5170159

金比羅山展望台からは、このように洞爺側、虻田(噴火湾)側の両方を望むことができる。
虻田側に関しては西山編で触れているので、以下主に洞爺側について触れていく。

P5170153

洞爺湖温泉一帯を中心に撮った一枚。
奥が洞爺湖温泉街。
導流堤(「へ」の字型の城壁みたいなもの)を挟んで、
町営温泉浴場だった「やすらぎの家」。
熱泥流に飲み込まれた公営団地「桜ヶ丘団地」の1棟。
砂防えん堤(導流堤と同様)を挟んで、一番手前に見える水たまりが、
2000年噴火で開いた「珠ちゃん火口」。
ココから見た火口と温泉街のこの距離感には、戦慄を覚える。

P5170154

Imgp0046

2000年噴火時には高々と噴煙を上げていたが、現在は静かにしている「有くん火口」。
2枚目は火口寄りに撮影したもの。
周囲の谷の谷筋に対して垂直に配置されているのは、
「床固工」や「山腹工」と呼ばれるものである。
これらは泥流の発生を抑えるのと同時に、山に緑を取り戻すために設置されている。

Imgp0044

Imgp0043

町営温泉浴場「やすらぎの湯」(1枚目)と「桜ヶ丘団地」(2枚目)。
熱泥流に飲み込まれ、不自然に埋まっている様子がよくわかるだろう。
ちなみに、「桜ヶ丘団地」の画像の右上に写っているのは、
旧国道230号線にかかっていた「木の実橋」の橋梁。

次回は、上から眺めたこれらの施設により接近して見られる「遺構編」をお送りする。

« 映画 『生き残るための3つの取引』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(20) »

寺田寅彦で読む 『地震と日本人』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/51893015

この記事へのトラックバック一覧です: この国に生きる、ということ④ 金比羅山編:

« 映画 『生き残るための3つの取引』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(20) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ