« 映画 『孫文の義士団』(☆☆) | トップページ | この国に生きる、ということ④ 金比羅山編 »

映画 『生き残るための3つの取引』(☆☆☆☆)

ラスト20分ぐらいの展開で評価が二転三転する、
今までにないタイプの怪作。
そして、一貫したそのドロドロ感と後味の悪さは、
ある意味『ポチの告白』以上で、
韓国社会の闇と不条理を見事に描き出している。

ワシ的にはあのラスっとにはちょっと憤りを感じるので、
心情的には☆3つにしたいのだが、
鑑賞価値としては☆4つは充分と見るね。

« 映画 『孫文の義士団』(☆☆) | トップページ | この国に生きる、ということ④ 金比羅山編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『生き残るための3つの取引』(☆☆☆☆):

« 映画 『孫文の義士団』(☆☆) | トップページ | この国に生きる、ということ④ 金比羅山編 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ