« 映画 『ラスト・ターゲット』(☆☆☆) | トップページ | この国に生きる、ということ⑥ 修学旅行の意義を問う »

映画 『マイティ・ソー』(☆☆)

とりあえず、3Dで観るには暗いシーンが多すぎ
(しかも、思い切って3Dでしか公開しないとか…)。
アスガルドのシーンなんか、
フルCGアニメーションと見紛うばかりだし、
キャラクターだってステレオタイプで捻りがないし
(マンガが原作だから仕方ないけど)。
浅野忠信だって、別にいてもいなくても…、
みたいな立ち位置だし。
ハリウッド映画に出ることって、多分相当すごいことなんだろうけど、
やっぱり扱いには疑問を持ってしまうね。

ブルース・リーやジャッキー・チェン、
ジェット・リーなんかがアメリカでやっていけたのは、
取りも直さずカンフーアクションの第一人者だからであって、
じゃあ日本人にそれだけの武器があるかって言うと、ねぇ…。
なまじ日本のマーケットが大きいから、
メジャーリーグの日本人選手みたいに
客寄せ的な扱いなのかも知れないな、やっぱり…。
そこで実力を示せば、野茂やイチローみたいに
定着してリスペクトもされるんだろうけど…。
ヴィクトワールピサみたいに、
日本人が世界的映画で主役を張れる日は、
いつになることやら…。

« 映画 『ラスト・ターゲット』(☆☆☆) | トップページ | この国に生きる、ということ⑥ 修学旅行の意義を問う »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『マイティ・ソー』(☆☆):

« 映画 『ラスト・ターゲット』(☆☆☆) | トップページ | この国に生きる、ということ⑥ 修学旅行の意義を問う »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ