« 映画 『再生の朝に -ある裁判官の選択-』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-08-06 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(28)

7/30の結果
 1勝(寺泊特別) 1分(筑後川特別) 8敗
  回収率 16.7%

7/31の結果
 1勝(豊栄特別) 3分(足立山特別、筑紫特別、響灘特別) 6敗
  回収率 33.0%
  年間回収率 75.6%
  通算回収率 71.4%

各レースの反省

7/30新潟09R 寺泊特別(○)
 1番人気で本命のキングレオポルドが勝利。
 最後までウィルパワーと本命を迷ったがココは正しい選択ができた。
 1000万下でも連対できる力があったわけだから、
 単純に実力上位だったということかも知れない。
 こういうわけだから、昇級してもいきなり面白い存在にはなりうるだろう。
7/30新潟10R 麒麟山特別(×)
 6番人気のタカオノボルが勝利。
 重馬場が相当うまいのか、持ち時計も一気に2秒更新する快勝。
 大幅馬体増も、むしろ減っていた馬体が戻っただけと見ることもできる。
 今のところ左回りのダート戦でしか勝っていないので、
 今後もひとまずその方面では狙って行ける馬だろう。
 本命のパクサは、8着に敗れる。
 前残りの決着だったので、単純に位置取りが悪かったとしか言えないなぁ。
 条件さえ合えば今回の勝ち馬ぐらいは勝てるので、
 相手次第では充分戦えると思うのだが…。
7/30新潟11R 新潟日報賞(×)
 2番人気のトゥニーポートが勝利。
 休み明けを嫌ってみたんだが、1600万下では実力上位だったということだろう。
 ただ、上に行ったからって使える馬かというとなぁ…。
 本命のランリュウオーは惜しくも2着。
 良い脚を使ってはいるが、勝ち馬に気持ち良く行かれ過ぎたか。
 安定感はあるので、遠からず順番は回ってくるだろう。

7/30小倉08R 小倉サマージャンプ(×)
 10番人気のドングラシアスが勝利。
 半年以上の休み明けとはいえ、小倉が相当合うということかも知れない。
 とはいえ、休み明けでこの馬体減はなぁ…。
 まぁ、重賞を獲ったわけだからこの体重が合ってるのかもしれないが…。
 本命のスプリングカエサルは3着。
 ひとつ叩いた上積みはあるのだろうが、まだ完調とは行ってないのかもしれない。
7/30小倉09R 筑後川特別(△)
 3番手評価のメイショウナルトが勝利。
 休み明けだからこその評価だが、
 究極の仕上げでここまで持ってきたと言えるかもしれないが、
 デビュー時より馬体が減ってしまったこの状況で、
 暑い夏競馬を戦い続けるのはどうなんだろうか…。
 本命のタムロスカイは2着に入ったものの、
 対抗のゴールドサクセスが6着に敗れて痛み分けの結果に。
 どうやらパワータイプのようなので、小倉ではやや厳しいのかも知れない。
7/30小倉10R 豊前特別(×)
 4番手評価の1番人気コウユーヒーローが勝利。
 小倉はあんまり合わないかな、と思ってたんですが…。
 相手なりには走りそうなので、上に行っても案外やれそうな気はする。
 本命のアキノモーグルは15着と惨敗。
 外枠の逃げが厳しかったのもそうだが、
 一緒に逃げたキクノフレヴァン(大差のビリ)とケンカして共倒れになったのは致命的。
 とりあえず、2番手からでも競馬できるようになった方が良いかもね。
7/30小倉11R 西部スポニチ賞(×)
 2番人気のミキノバンジョーが勝利。
 降格組とはいえ負けが込んでたからねぇ…。
 1000万下では強いんだろうけど、上じゃあ使えないんだろうな、きっと…。
 本命のラッキーポケットは5着に敗れる。
 いい加減太過ぎるんじゃないだろうか…。
 500㎏前後まで減らないと、ちょっと買いにくいかなぁ…。

7/30函館10R 北洋特別(×)
 対抗評価で4番人気のコスモセンシティブが勝利。
 思いのほか良い脚で飛んできましたねぇ。
 洋芝も合うようだし、秋に向けて飛躍が期待できそうだ。
 本命のヤマニンリップルは惜しくも2着。
 今回はコスモセンシティブの切れ味に屈したが、
 こちらも洋芝適性は高そうなので、遠からず順番は回ってくるだろう。
7/30函館11R 漁火S(×)
 2番人気のアヴェンチュラが勝利。
 2歳重賞とはいえ、重賞2着は伊達ではないということか。
 持ち時計も一気に2秒更新で、伸びしろもまだありそうだ。
 本命のシルクアーネストは、惜しくも2着。
 位置取りの差が出たと言えばそれまでだが、
 切れ味がありそうなタイプではないのでもう少し前にいないとなぁ…。
7/30函館12R 七重浜特別(×)
 3番人気のミオリチャンが勝利。
 これも降格組ながら負けっぷりが悪過ぎたんだがねぇ…。
 1つ叩いた上がり目が大きかったということなんだろうけど、
 上に行っても使えなさそうだな、これも…。
 本命のオレンジティアラは6着に敗れる。
 前半のペースが速いレースになってしまったのは、逃げ馬には厳しいだろうね…。
 とはいえ、こういうことはゲートが開いてみないと分からないことだしねぇ…。

7/30新潟09R 燕特別(×)
 3番手評価の1番人気ストーンヘンジが勝利。
 今回は福永騎手騎乗が鞍上強化につながったと見るべきだろう。
 今後も乗ってくれるなら面白い存在になりそうだ。
 本命のタングルジャングルは5着に敗れる。
 やっぱりダート馬なのかなぁ、これは…。
 それに脚質も一定してないし、まだ探り探り使ってる感じかもしれない。
7/30新潟10R 豊栄特別(○)
 本命の1番人気ドリームカトラスが勝利。
 持ち時計は良い方なので、地力を活かせば勝てる相手なのだろうが、
 今回の時計では1600万下では不安が残る。
 ただ新潟は合うようなので、開催中にもうひと勝負されたら取捨に困るかもなぁ…。
7/30新潟11R NST賞(×)
 5番人気のドスライスが勝利。
 クラス的にOPと重賞の間に壁があるのか、
 距離的に1200mと1400mの間に壁があるのかわからないが、
 今回は条件がうまく重なったということかも知れない。
 2着に本命のアースサウンド、3着に対抗評価のサウンドアクシスが入ったので、
 ワイドなら当たってた(400円だけど)んだがなぁ…。

7/30小倉08R 足立山特別(△)
 本命の1番人気サトノパンサーが勝利。
 休み明け3走目で走り頃だったと言えるかもしれないが、
 体重を増やしつつ順位が上がってきているので、成長期に突入したかもしれない。
 持ち時計も伸ばしてきたので、次も相手次第では1発狙ってみるのもいいかもしれない。
 対抗のダンスラナキラが5着に敗れたため、馬券的には痛み分け。
 前が止まってくれなければ、この順位も仕方ないか…。
7/30小倉09R 筑紫特別(△)
 対抗評価の2番人気ハノハノが勝利。
 ここ2戦、対古馬戦でも戦えていたのでクラス慣れしたということかも知れない。
 これもまだこれからな3歳馬なので、
 いきなりではなくても力をつければ面白い存在になって行く可能性はあると思われる。
 本命のブラウニーストーンは6着に敗れる。
 直線で不利ありだったそうだが、内枠で後ろから行く馬だからこれは仕方ない面はある。
 その辺りが、自分で競馬を作れない馬の悲哀なわけだが…。
 着差は悪くないので、もう少し頭数の少ないレースならまだまだ狙えるはず。
7/30小倉10R 響灘特別(△)
 本命で3番人気のスエズが勝利。
 着順も着差も惜しいところで安定していたので、
 ようやく順番が回ってきたというところだろう。
 相手なりに走れそうな馬なので、上に行っても案外着を拾ってくる可能性はあるだろう。
 対抗のトップコマチが13着に敗れて、馬券的には痛み分け。
 もっと前にいたかったのだろうが、今回は同系に強い馬が多かったということか。
 切れるタイプではないので、これでは厳しい。
7/30小倉11R 小倉記念(×)
 対抗評価に落としたイタリアンレッドが勝利。
 ただのハンデキャップホースではなくなった、
 というかようやく本格化ということかも知れない。
 本命に推したコスモファントムは、14着に惨敗。
 馬格がある割には斤量に弱い面があるようで、57kg以上ではめっきり弱くなる。
 むしろこっちの方がハンデキャップホースかも知れない。
 別定戦などでは今後厳しいなぁ、こういうことでは。

7/31函館10R かもめ島特別(×)
 1番人気のギンザボナンザが勝利。
 2階級降格馬とはいえ、距離経験も函館経験も無いから軽視したんだけどねぇ…。
 このクラスでは実力上位だし、血統的にはもっと長くても良さそうな馬なので、
 ちょっと軽く見過ぎた感はある。上に行っても充分通用はすると思われる。
 本命のサクラシオンは5着止まり。
 せっかく馬体重が戻り始めていたのに、今回また派手に減らしてしまった。
 少し休ませた方が良いのかもしれない。
7/31函館11R UHB杯(×)
 本命で1番人気のパドトロワが逃げ切り勝ち。
 重賞ではともかく、OPなら勝ち切る力は充分にあるということだろう。
 重賞でも、多分相手次第といった程度の差だとは思うのだが…。
 しかし他の馬が馬券に絡まず、馬券ゲットはならず。
 ビスカヤが首差の4着だったんだよなぁ…。もうひと頑張り欲しかったが…。
7/31函館12R 檜山特別(×)
 4番手評価で5番人気のイーグルカザンが勝利。
 初の対古馬戦だったが、相手なりに走れる馬だったので、
 上に行ってもいきなり面白いかもしれない。
 本命のセイプロスペリティは5着に敗れる。
 完全な前残りで、直線の短い函館では仕方ないことなんだろうが…。
 函館開催も終わるわけだし、直線の長い新潟に転進のもいいかもしれない。

購入点数を増やしたこともあり、派手に負けてしまったわけだが、
まぁどっかでこうやって狙って行かないと大きな上積みは望めないわけで…。
まぁ、またじっくり積み直して行きますわ。
今週の買い方は以下の通り。
 新潟:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
 小倉:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
 函館:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

« 映画 『再生の朝に -ある裁判官の選択-』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-08-06 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/52387136

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(28):

« 映画 『再生の朝に -ある裁判官の選択-』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-08-06 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ