« 映画 『ドライブ・アングリー 3D』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(☆☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(34)

9/17の結果
 4勝(鋸山特別、セプテンバーS、積丹特別、TVh賞) 2敗
  回収率 72.7%

9/18の結果
 1勝(ローズS) 5敗
  回収率 57.7%

9/19の結果
 3勝(美作特別、朝里川特別、道新スポーツ杯) 2分(エニフS、エルムS) 2敗
  回収率 98.5%
  年間回収率 71.3%
  通算回収率 71.0%

各レースの反省

9/17中山09R カンナS(×)
 4番人気のビウィッチアスが勝利。
 2着のブランダムールともども、
 中山芝コースで連対実績のある両馬による1-2フィニッシュ。
 と、後から振り返るのは簡単なんですが…。
 相変わらず対応が後手後手ですなぁ…。
 本命のダームドゥラックは7着に敗れる。
 血統を見る限りは、もっと長いところの方が合いそうな気はするんですが…。
 今のスピードの出る中山の芝ではスピード不足なのかも知れない。
9/17中山10R 鋸山特別(○)
 1番人気の本命リバティバランスが勝利。
 休み明けの前走も惜しい内容だったし、
 完全にパワータイプなので今回は順当勝ちと言えるだろう。
 1600万下では連対実績もあるので、昇級しても好調維持なら期待できるだろう。
9/17中山11R セプテンバーS(○)
 9番人気のシセイカグヤが勝利。
 確かに、1600万下で実績があって、この距離も得意なんだろうけど、
 近走成績や人気を見ちゃうとちょっと手を出しにくいよなぁ…。
 まぁ、本命のボストンエンペラーが2着に入ってくれたんで回収はしてるんですが…。
 安定感はある感じなので、今後も息の長い活躍に期待したい。

9/17札幌09R 積丹特別(◎)
 5番人気の本命トキノヤマトボシが見事勝利。
 函館では芝2600mを2度使われてともに着外だったわけだが、
 ともに着順ほど着差がついてなかったので、
 今回もしぶとく走ってくれそうな予感はしていたんですが…。
 勝っちゃうと思ってなかったんですが、こういうしぶとい競馬を今後も続けられれば、
 1000万下でもそこそこ活躍できると思うんだが…。
9/17札幌10R オーロラ特別(×)
 7番人気のキングオブヘイローが勝利。
 逃げたピカンチラヴは馬群に沈んだが、
 1着~3着まで終始4番手以内に着けていた3頭で決まるという、完全な前残り。
 本命のエイブルブラッドは、良く追い込んできたものの惜しくも4着。
 ペースに合わなかったものの、相変わらず好調持続。
 まだまだ勝機はあるだろう。
9/17札幌11R TVh賞(○)
 3番手評価で4番人気のセレスマジェスティが勝利。
 2着の本命グレナディーンとは互角の評価だったんだが、
 グレナディーンは結果的にひと絞り足りなかったのかな。
 絞れてくれば、こっちにも順番が回ってくると思われるが…。

9/18中山09R 初風特別(×)
 1番人気の対抗アポロフィリーナが勝利。
 本命のウインエディンバラとは互角の評価だったんだが、
 半年以上の休み明けだったので評価を落としてみたんですが、
 よく考えたらこの状態で互角なんだから実力差があるってことだったんでしょうね。
 一応連対率も100%維持してるし、今後も短距離では面白い存在になりうるだろう。
 その本命ウインエディンバラは惜しくも4着。
 馬体が減り続けてるのが気がかり。少し休んだ方が良いのかもなぁ…。
9/18中山10R 内房S(×)
 8番人気のアナモリが勝利。
 休み前は確かに調子良かったみたいですが、これも半年以上休んでたからなぁ…。
 馬体もがっつり増えてるし…。鞍上が良かったってことなのかなぁ…。
 本命のデイトユアドリームは5着止まり。
 走れない体重じゃないんだけど、体重減の原因が問題なのかもしれないなぁ。
 輸送自体が悪いわけじゃないと思うんだけど、調子落ちしてるのかもしれない。
9/18中山11R セントライト記念(×)
 6番人気のフェイトフルウォーが勝利。
 地味に3頭しかいない重賞勝馬が1~3着に収まってるっていう、
 結果的には超わかりやすいレース。
 これが勝負強さのあるなしの差なのかもしれない。
 逆に言えば、春からあまり勢力図が変わってないということ。
 よほど長距離適性のある上がり馬でもない限り、
 春に実績のない馬には厳しい菊花賞になりそうな予感。

9/18阪神09R 野路菊S(×)
 1番人気のダローネガが順当勝ちなのに、買ってないっていうね…。
 阪神でも実績がある馬だし、前走惨敗の原因て何なんだろう。
 輸送下手なんだとしたら、今後に不安が残るねぇ。
 本命のビームライフルは6着に惨敗。
 平坦馬場で素軽さを出すタイプなのかもしれない。
9/18阪神10R 夙川特別(×)
 4番人気のシゲルソウウンが勝利。
 距離実績で言えば、確かに3勝は一番多いんだが、
 前走以外はちょっとひどい負けっぷりだったからなぁ…。
 調子自体は上がってきているので、
 1600万下を勝ち上がるにはむしろ向こう2、3戦が勝負かもしれない。
 本命のベネラは9着に敗れる。
 走れない体重ではないが、間隔が空いて馬体が緩んでしまったか。
 びっしり追った次走に改めて期待したいところだ。
9/18阪神11R ローズS(●)
 勝った本命ホエールキャプチャは、相変わらず安定感抜群。
 馬体重もマルセリーナとかエリンコートみたいに激増してないし、
 どこからでも競馬できる自在性も身につけた。
 あとは器用貧乏にならなければ、最後の栄冠に手が届く、はず…。
 2着に3番手のビッグスマイル(4着)と同枠のマイネイサベルが入り、
 枠連はなんとかゲットしたものの、予想自体は本命のみ的中という結果に…。
 春のGⅠ馬両頭は、馬体増をどうとらえるかが問題。
 成長分にできるなら、今回は調整ということで片づけられるのだろうが…。

9/19阪神08R 阪神ジャンプS(×)
 6番人気のクランエンブレムが勝利。
 地脚はある馬だったし、前走も惜しい内容ではあったけど…。
 まだ平場に未練がありそうな感じはあるねぇ…。
 とはいえ、こっちで稼げるところを見せたわけだがら、
 年末の大きいところを、ココは素直に目指してもらいたいところではある。
 本命のコウエイトライは5着に敗れる。
 得意なこの条件で勝負にならなかったのだから、引退を決めるのも無理は無い。
 ワシ的にはもう少しやれると思ったんだけどなぁ…。
9/19阪神09R 美作特別(○)
 本命のシゲルリジチョウが勝利。
 2歳時に510㎏で走ってることを考えれば、これでも成長分と言い張れるか…。
 もっとも、ワシ馬体重見て買ってないんで、
 この体重見て正直びっくりしたわけなんですが…。
 どうやら菊花賞に向かうらしいですが、
 母父を見る限り直線勝負にしなければチャンスはあると思われる。
 もっとも、この馬後ろから行く馬みたいなんですが…。
9/19阪神10R 西宮S(×)
 3番手評価でグリグリの1番人気ゴールスキーが勝利。
 マイルチャンピオンシップ3着の実績は伊達ではない、ということだろう。
 時計を見る限りまだ本調子ではないようなので、
 今年もマイルチャンピオンシップ出走を確実にするために、
 次のOPクラスでの戦いぶりに注目だろう。
 本命のリーチコンセンサスは、5着に敗れる。
 体重増のせいではないんだろうけど、
 順位的には確実に調子落ちしてきていたということだろう。
 放牧に出す理由も、その辺にあるものと思われる。
 芝ならどこでも戦えるタイプのようなので、
 調子さえ戻ればチャンスはまた巡って来るものと思われる。
9/19阪神11R エニフS(△)
 対抗評価の2番人気ダノンカモンが勝利。
 斤量を余計に背負わされてるということは、それだけ実力上位だったということ。
 斤量さえこなしてしまえば、地力の差がこのように出てしまうということだろう。
 2着に3番手評価で1番人気のケイアイガーベラが入り馬券ゲットしたものの、
 枠連では微妙にトリガミという結果に…。
 本命のマルカベンチャーは4着止まり。
 完全な前残りのレースだったのと、体重増え過ぎでしょ、これは…。
 絞れた次走に改めて期待したいところだ。

9/19札幌09R 朝里川特別(○)
 実はこの日の札幌特別戦は、全部対抗1着の本命3着。
 逆に言えば、全部馬券自体は取ってるんですが…、な感じに。
 このレースでは、タイヨウパフュームが持ち時計の差で勝ったという感じ。
 とはいえ本命のカリステジアも持ち時計だけは走ってるので、
 札幌にいるうちにもう1チャンスぐらいはあると思われるのだが…。
9/19札幌10R 道新スポーツ杯(○)
 再昇級戦だからという理由なのかハンデ±0の本命アマファソンと、
 前走着外のせいか2㎏もハンデをもらえたダノンヒデキの戦いは、
 ハンデもらった方の勝利。
 持ち時計だってダノンヒデキの方が良いんだし、
 このハンデ差はちょっとどうなんだろうか…。
 それでもきっちり3着に突っ込んでくれるのは、ありがたいわけなんだが…。
 鞍上とは合うようなので、順番が回ってるくるのも近いとは思われるが…。
9/19札幌11R エルムS(△)
 間隔が空いていたとはいえ、安定感抜群のランフォルセが重賞制覇。
 直近でGⅡ2着の実績もあったし、今が充実期ということなのだろう。
 2着のオーロマイスターは、近走実績がアレな感じでも、
 さすがは交流GⅠ勝馬ということだろう。相手にも恵まれたということかも知れない。
 ワイドだから当たったが、ワイドだからトリガミ。
 競走中止の悪影響は出てないようなので、
 今後も欲をかかずにOPでチマチマ頑張ってくれるとありがたかったりします。

とりあえず、最悪の時期は脱したと思いたいわけですが、
相変わらず2歳戦が当たる気しません。
点数絞って防御モードに入った方が身のため、ってことですかねぇ…。
9/24、9/25の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
 札幌:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『ドライブ・アングリー 3D』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(☆☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/52804464

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(34):

« 映画 『ドライブ・アングリー 3D』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(☆☆☆☆) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ