« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(38) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-23 »

「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-22

東京08R いちょうS(2歳OP 芝短)
  ◎ ②アーデント
  ○ ⑤ピタゴラスコンマ
  ▲ ④ニケ

東京10R 神無月S(3上1600万下 D短)
  ◎ ④ザドライブ
  ○ ⑨カリスマサンスカイ
  ▲ ⑩トウショウブリッツ
  △ ⑬サイオン

東京11R 富士S(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑨ストロングリターン
  ○ ⑯ブリッツェン
  ▲ ⑥トライアンフマーチ
 本命は、安田記念2着以来の競馬となる⑨。
 賞金別定斤量のため1㎏増量となってはいるが、
 相性の良い東京芝1600mでこのメンバーなら、まぁ問題ないと思われる。
 対抗には、これも休み明けだが安定感は買える⑯。
 鞍上は東京得意の柴田善臣騎手というのもプラスになると思われる。
 3番手には、長期休み明けだが地力は上位の⑥。
 そもそも走れる状態になってるかどうかが問題になってくるわけだが、
 逆に言えば走れる状態になっていれば上位に食い込む余地は充分あると見ている。

京都09R 北野特別(3上1000万下 芝中)
  ◎ ④ダノンスパシーバ
  ○ ⑤アドマイヤラクティ
  ▲ ③メイショウウズシオ

京都10R 古都S(3上1600万下 芝中)
  ◎ ⑦トレイルブレイザー
  ○ ⑥ドリームセーリング
  ▲ ⑤フィニステール

京都11R 室町S(3上OP D短)
  ◎ ⑤マルカベンチャー  京都コースなら
  ○ ⑩アナモリ        斤量恵まれた
  ▲ ④トーホウチェイサー 距離相性絶好

新潟10R 米山特別(3上500万下 芝短)
  ◎ ①ラブグランデー
  ○ ⑧リバーハイランド
  ▲ ⑬コスモサイキック

新潟11R 魚野川特別(3上1000万下 芝中)
  ◎ ⑬プラージュ
  ○ ⑦スーパーオービット
  ▲ ①ネオサクセス

新潟12R 稲光特別(3上500万下 芝短)
  ◎ ②サンマルヘイロー
  ○ ⑧スイートライラ
  ▲ ⑭シルクマタドール

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(38) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-23 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
今週も頑張りましょう。

10/22 富士ステークス

◎ 13番 エイシンアポロン
○ 5番 マイネルラクリマ
▲ 16番 ブリッツェン
△ 14番 ゴールスキー
△ 2番 カウアイレーン

10/23 菊花賞
◎ 14番 オルフェーヴル
○ 13番 ウインバリアシオン
▲ 1番 トーセンラー
△ 8番 ベルシャザール
△ 11番 サダムパテック

新馬勝ちをした時にオーナーから「乗り替わりはしないからダービーで勝てる馬に育ててほしい」という池添騎手と陣営が一丸となって育てて来た。
最大の焦点は史上7頭目の3冠制覇達成だ。ウインバリアシオンをダービー以上の着差で置き去りにしたオルフェーブルの3冠達成に期待したい。
8部程度の仕上げ、余裕のある作りで着差は決定的とも言えるし、上積みを考えれば常識的には逆転は考えにくい。
兄ドリームジャーニーはピッチ走法に対してこの馬はスライド走法だけに距離延長にも対応できる。

2番手はウインバリアシオンだが、前哨戦はプラス18キロでアバラが浮き上がり全てが成長分、
爪の問題と体の緩さを考えながら調整してきた春とは違い、秋はレースに向けた馬作りが完璧にできています。
後ろから行く馬でいかにもマイル型の切れ味を武器にした差し馬ですから人気ほど信頼できませんが、能力差で据え置きの2番手評価にしました。

3番手はトーセンラー、母父がミスプロ系でマイラーのリシウスですから距離に不安が残るが母母父がサドラーズウェルズで意外とスタミナがありそう。
04年菊花賞2着馬ホウキパウェーブもサドラー系のミスプロ、やや非力な部分もあるが坂の下りからスパートできる京都はパワー不要で長所を生かせる。

上位3頭は重い印をしました。

あとは、なかなか難しいところですが気になる馬も多数いてペース次第でしょうけど・・・

4番手はペルシャザール、前走は早い追い切りが一本もなく急仕上げでした。唯一勝てるとしたら消耗戦に持ち込んで粘り込むパターンだけ
斬れ味勝負では劣るがリスク承知で早めに動けば粘走を見せる可能性がわずかに残る。

サダムパテックはスタートの出遅れが、それでも前哨戦でペルシャザールを捕らえたのは、この馬の底力、
距離不安説もあるが、同じフジキセキ産駒のドリームパスポートが同じように距離不安をささやかれながら超ハイペースの菊花賞で2着。
この馬自身、アウトクロスの母系から本番でも面白いと思います。

6番手はあまり押せないがフェイトフルウォーぐらいでしょうか。
ハイペースで流れてスタミナ勝負になった時だけ来る馬ですから菊花賞向きではナイですが、
血統的にはオルフェーヴルと同じウルトラスーパーニックス。
母フェートデュヴァンは芝2600mの富良野特別を勝ったステイヤーで祖父にはニジスキー。
距離延長は歓迎ですが全ての条件が揃わないと好走できないタイプなので不発に終わるケースも・・果して。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/53052816

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-22:

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(38) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-23 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ