« 映画 『ブリッツ』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-22 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(38)

10/15の結果
 5勝(秋嶺S、アイルランドトロフィー、堀川特別、大形特別、雷光特別) 5敗
  回収率 50.5%

 

10/16の結果
 5勝(白秋S、清水S、京都オータムプレミアム、菅名岳特別、竹尾特別) 5敗
  回収率 35.9%
  年間回収率 71.2%
  通算回収率 71.0%

各レースの反省

10/15東京08R 昇仙峡特別(×)
 2番人気のステラロッサが勝利。
 前走の負けっぷりが悪かったので軽視したんですが…。
 この距離で全勝ち鞍を挙げているし、これより短いところは使ったことは無いようだが、
 もしかするとマイル辺りが適距離の馬なのかもしれない。
 本命のヒシカツジェームスは、惜しくも4着。
 結果だけ言えば、後ろの馬に展開か馬場が向いたレースなんでしょうけど…。
 案外、1000万下ぐらい限界の馬なのかもなぁ…。
10/15東京09R 東京ハイジャンプ(×)
 2番人気の対抗マジェスティバイオが勝利。
 惜しい競馬が続いた上に、この距離の唯一の実績馬。
 数値的に言えばこっちを本命にすべきだったし、
 まぁそういう意味では順当な勝利と言えるわけだが…。
 ただ、他がついて来ず馬券は外れ。
 本命にしたクランエンブレムは、惜しくも4着。
 最終障害飛越後の伸びが無かった、ってうか、
 マジェスティバイオにかわされた時点で前を行く馬を差す脚が無かったね。
 相手が悪かったわけでもないんだろうけどね…。よくわかりません。
10/15東京10R 秋嶺S(○)
 6番人気のパールシャドウが勝利。
 着外続きのおかげで斤量も恵まれていたわけですが、
 それ以上に久しぶりの騎乗となるヨコノリが良かったんじゃないでしょうか。
 ただ、これがハンデ戦であることを考えると、
 OP昇格後はとりあえず厳しいかもなぁ…。
 本命にしたアストレーションは2着に入り馬券はゲット。
 休み明けということもあっては3番手扱いだったが、
 重適性を重視して本命に抜擢したのが成功。
 もっとも、馬場はやや重止まりだったわけだが…。
 しかも後ろにいる馬の方は有利っぽい内容で前で残れたのが大きい。
 今後も期待大だ。
10/15東京11R アイルランドトロフィー(○)
 1番人気の本命トーセンレーヴが勝利。
 初の対古馬戦だったが、血統的なポテンシャルから見ればこのぐらいは走る馬。
 ただ、休み明けで減らして出てきたのがなぁ…。
 馬体の成長感の乏しさが、今後の不安要素と言えなくもないが…。
 3番手評価のカワキタコマンドが2着に入り、ギリギリ収支プラスのワイドゲット。
 ポルカマズルカが惜しかったなぁ…。

10/15京都09R 鳴滝特別(×)
 1番人気の対抗ムスカテールが勝利。
 本命のタニノエポレットとは確かに互角の評価だったが、
 芝で3戦3着外と良いところなしだったので対抗止まりだったんだが、
 今まで相手が悪かっただけということなんだろうか。
 勝ち時計も良かったので今後期待できそうなものだが、成績が極端なのがなぁ…。
 そのタニノエポレットは7着に敗れる。
 完全な前残りの上に、前が止まらないという、後ろからの馬には用の無い競馬。
 休み明けでもあったし、今回は度外視していいかもしれない。
10/15京都10R 堀川特別(◎)
 配当はともかく、予想自体は完璧。
 勝ったビッグスマイルは、前走惜しくも優先出走権は逃したものの、
 内容のある競馬だっただけに、ココは順当な内容。
 持ち時計も良いので、次も期待できどうだ。
10/15京都11R デイリー杯2歳S(×)
 4番人気のクラレントが勝利。
 2頭しかいない京都実績のある馬のうちの1頭ではあるが、
 どっちも休み明けだったりするしね…。
 本命のマコトリヴァーサルは5着止まり。
 前走みたいないい脚はどこへやら。極端な競馬しかできないのかなぁ…。

10/15新潟08R 大形特別(○)
 1番人気の本命タケショウカヅチが勝利。
 他は全部3歳馬だったし、現級連対実績も無いような相手だったから、
 ここは順当な勝利と言えるだろう。
 体重の急減は気になるが、安定感はそれなりにあると思うので次もそれなりに期待。
10/15新潟10R 関川特別(×)
 8番人気のメイショウスピードが勝利。
 2着で3番手評価のジョンブルクリスも逃げ馬で、前残りの展開に。
 しかし、スタート3番手の本命サイドアタックは7着まで後退。
 体重減が痛かったかなぁ。
 一方、勝ったメイショウスピードはこれが初勝利で、次走再び500万下。
 積極的に前に行く競馬が、どうやら合ってるようなので、
 今後もその路線で頑張って欲しい。
10/15新潟11R 雷光特別(○)
 5番人気のラルティスタが勝利。
 調教は良かったみたいですが、実績面では強調できるポイントが無いんでねぇ…。
 今回もハンデ戦だし、持ち時計も平凡なので。1000万下では苦戦しそうだなぁ…。
 本命のアフォードは惜しくも3着。
 体重増自体はそんなに悪いことじゃないと思うんだが、
 もうひと伸び足りなかったということは、増分に応じた実入りではなかったということか。
 
 内容は悪くないので、次も期待できるとは思う。

10/16東京09R サフラン賞(×)
 4番人気のイチオクノホシが勝利。
 右回りは未経験だが、とりあえず左回りは相当うまそうだ。
 本命のブランダムールは、惜しくも4着。
 これは、坂あった方が良さそうな馬だね。
10/16東京10R 白秋S(○)
 3番人気のツルマルネオが勝利。
 確かに前走は惜しい内容だったけど、
 テン乗りだし東京始めてだったので軽視してたんですが、
 とりあえず好調維持ということなんでしょうね。
 本命のヒットジャポットは惜しくも2着。
 距離的に言ってもちょっと短いような気がするし、
 休み明けのせいもあってひと押し足りなかったかな。
 左回り自体はそう悪くなさそうなので、次も当然期待だ。
10/16東京11R 府中牝馬S(×)
 3番手評価の5番人気イタリアンレッドが勝利。
 間隔が空いてたとはいえ、
 重賞で連勝してきた勢いは伊達ではなかったということだろう。
 いまの勢いなら、GⅠでも1発ありそうな気配を感じさせてくれる。
 本命のレディアルバローザは8着に敗れる。
 後ろから行った馬が上位を占めているように、
 前にいる馬には厳しい競馬になったようだ。スタートが良すぎたかな。
 それよりもアパパネの惨敗の方がなぁ…。終わっちゃったかもなぁ…。

10/16京都09R 壬生特別(×)
 4番人気のタガノラヴキセキが勝利。
 2着の人気薄オーセロワはともかく、3着の対抗タマモコントラバスともども、
 京都芝で実績のある馬で決まるっていうね…。
 前走の芦屋川特別での順位を重視して印打ったら、
 見事に裏切られてしまいましたとさ。
 本命のブラウニーストーンは、坂があった方が良いんだろうね、きっと…。
10/16京都10R 清水S(○)
 6番人気のミキノバンジョーが勝利。
 前走も確かに惜しい内容だったけど、それ以上に鞍上強化が効いたっぽい感じ。
 持ち時計も一気に更新で、OP昇格後にも希望が膨らむ。
 本命のダノンシャークは、なんとか3着をキープ。
 いくらなんでも位置取りが後ろ過ぎた。
 それでもあそこまで飛んでくる脚があるのだから、
 実力は充分OPでも通用すると思うのだが…。
10/16京都11R 秋華賞(×)
 4番手評価の2番人気アヴェンチュラが勝利。
 クイーンSで古馬相手に勝ち切った実力は、
 リアルインパクト同様3歳にして世代を超えた力を持つ証しだったということだろう。
 エリザベス女王杯ではさらに距離が延びるが、血統的には問題なさそう。
 あとは、1度折ってる脚なので、大事に使って欲しいものではある。
 本命のホエールキャプチャは、惜しくも3着。
 安定感はさすがではあるが、ちょっとジリ脚気味なのが、
 どうしても勝ち切れない理由か。
 連軸というか、ワイド向きの馬とも言えるが、確実にオッズが下がるんでねぇ…。
10/16京都12R 京都オータムプレミアム(○)
 4番人気のオオトリオウジャが勝利。
 近走負けが込んでいたから軽視してたんですがねぇ…。
 京都では安定した力を発揮できる馬のようなので、
 今後は注意して見て行きたい馬である。
 本命のインペリアルマーチは手堅く2着をキープ。
 オオトリオウジャの切れ味には屈したものの、
 こちらも安定した力を発揮してくれたので次も期待大だ。

10/16新潟09R 菅名岳特別(○)
 1番人気の対抗ゴールドブライアンが勝利。
 休み明けだったのでいきなりどうかなぁとは思ったのですが、
 平坦馬場でしか戦えない馬だけに1チャンスを活かしきったということか。
 時計勝負にならなかったのも、この馬には良かったかもしれない。
 それだけに、1000万下に昇格しても前途は多難だと思われる。
 本命のフクラムサイフは惜しくも2着。
 単勝では2番人気だったものの、複勝では1番人気ということは、
 安定感ではこちらの方が上という評価をされているということ。
 今回はゴールドブライアンの切れ味に屈したものの、
 前前で競馬できる馬なので順番が回ってくる日は近いと思われる。
10/16新潟11R 角田浜特別(×)
 1番人気のガンドッグが勝利。
 前走は中山で惜しい内容だったものの、
 その前3走は新潟含めた平坦馬場で大負けしていたので
 パワータイプかなと思ってたんですが…。
 人気に見合う安定感はあったので、実力は充分だったということだろう。
 本質的にはパワータイプっぽいので、
 1開催飛ばして中山で再昇級戦という手もあるか。
 本命のラベンダーカラーは、11着に惨敗。
 適体重帯に落ちたのは良いが、
 それ以前に馬体重が安定しないのは問題がある。
 精神的に弱いところがあるのかもしれないので、
 買う時は慎重になった方が良いかもしれない。
10/16新潟12R 竹尾特別(○)
 1番人気の本命ヤマカツハクリュウが勝利。
 惜しい競馬が続いていたのでようやく勝ち切った、という感じ。
 1000万下では3着したことはあるので、
 追込みの決めやすい状況にうまくはまれば、
 いきなりでもチャンスはあると思われる。

本命入れ替えは、うまく行ったり行かなかったりとマチマチ。
ファクターの拾い方がうまく行ったり行かなかったり、ということなんでしょうけど、
馬場の影響とか当日ピックアップしないといけない情報もあるので、
やっぱり難しいですね…。
10/22、10/23の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連

« 映画 『ブリッツ』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-22 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/53037244

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(38):

« 映画 『ブリッツ』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-22 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ