« 映画 『カウボーイ&エイリアン』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-29 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(39)

10/22の結果
 2勝(北野特別、古都S) 1分(いちょうS) 6敗
  回収率 31.3%

10/23の結果
 7勝(八神峰特別、ブラジルC、かえで賞、三年坂特別、京都クラウンプレミアム、
 岩船特別、金倉山特別) 4敗
  回収率 54.4%
  年間回収率 70.4%
  通算回収率 70.9%

各レースの反省

10/22東京08R いちょうS(△)
 1番人気の本命アーデントが勝利。
 2着の対抗ピタゴラスコンマにも言えることだが、
 複数回戦って全て掲示板を外してない芝実績のある馬で決まってる。
 ワシ的にも安定して力を発揮できる馬が好みなので、
 常にこういう感じに決まってくれればありがたいわけであるが、
 データの無い2歳戦では、なかなかそれを捕えるのが難しいわけで…。
 たまに捕えても、こんな風にトリガミになっちゃうしねぇ…。
10/22東京10R 神無月S(×)
 1番人気のビギンマニューバーが勝利。
 近走負けが込んでたからちょっと厳しいかなぁと思ってたんですがねぇ…。
 ヨコノリにうまく乗られちゃったかなぁ。
 持ち時計も伸ばしてきているし、
 この血統にしてはまだポテンシャルがある、のかなぁ…。
 本命のザドライブは、8着に惨敗。
 前走休み明けで増えた分減ってきたのが本来は良い方向に向くはずが、
 結果的には単に減らしただけになってしまったのかも。
 つまり、まだ実入りが休み前の状態に戻ってないということではなかろうか。
 こういう調子では、次もちょっと期待しにくいかな…。
10/22東京11R 富士S(×)
 1番人気のエイシンアポロンが勝利。
 約1年ぶりの出走となった前走で確かに激走したわけだが、
 東京コースが取り立てて良いわけでもないと思ってたので、
 そんなに評価してなかったんですがねぇ…。
 1年休んでるだけあってまだ伸びしろがありそうな感じもするので、
 順調に使えればGⅠ戴冠まであるかも。
 本命のストロングリターンは、惜しくも4着。
 休み明けながらよく仕上げてきたようだが、
 骨折したぐらいだから無理がたたったのかもしれない。
 じっくりと治してもらいたいです。

10/22京都09R 北野特別(◎)
 人気順、かつ印順で決まる、終わってみれば簡単なレース。
 勝ったダノンスパシーバは、むしろようやく勝ち切ったといった感じ。
 1600万下でも連対実績のある実力派なので、
 いきなりでも勝ち負け充分と見る。
10/22京都10R 古都S(○)
 4番人気のリッツィースターが勝利。
 もともと4番手評価ぐらいの馬なので、ある意味人気通りの評価なのだが、
 体重が減って身軽になったのが良かったのかもしれない。
 とはいえ、今回はハンデ戦による勝利なので、
 OP昇格後即昇級とはちょっと行きにくいんじゃないかな、と…。
 本命のトレイルブレイザーは惜しくもハナ差の2着。
 斤量差を考えれば、リッツィースターよりも力があることになるし、
 休み明けにしてはよく走っているので次も期待大だろう。
10/22京都11R 室町S(×)
 
 3番人気のレディルージュが勝利。
 これは、鞍上が良かったからかなぁ。定着すると怖い存在になる、かなぁ…。
 本命のマルカベンチャーはなんとか3着に食い込んだものの、
 他が絡んでくれず馬券ゲットはならず。
 後ろから行く馬だけに、競馬を作れないのが、
 この馬の最大の弱点なんだろうけどねぇ…。

10/22新潟10R 米山特別(×)
 13番人気のシルクフラッシュが勝利。
 成長分の実入りが大きかったのか、
 単にリフレッシュに成功したのかは分からないが、
 前者なら今後どんどん勝てるようになって行くかもしれない。
 本命のラブグランデーは惜しくも4着。
 鞍上のせいにはしたくないけどなぁ…。
10/22新潟11R 魚野川特別(×)
 3番手評価で6番人気のネオサクセスが勝利。
 今回は、時計勝負にならなかったのがこの馬には特に良かったのかもしれない。
 ただ、今回はハンデ戦による勝利なので、昇級即通用とは行きにくいだろう。
 本命のプラージュは、13着に惨敗。
 この展開では位置取りが後ろ過ぎたなぁ。
 症状的にはマルカベンチャーと同じなので、展開の助けが必要ということになる。
 今後買いにくくなる馬だなぁ、これは…。
10/22新潟12R 稲光特別(×)
 4番人気のアポロノカンザシが勝利。
 芝は向かないのかな、と思ってたんですが…。
 もしかすると、コーナリングが下手なだけなのかも…。
 本命のサンマルヘイローは惜しくも5着。
 人気より走ってはいるし、着差も無いので力はあると思われるのだが…。
 思い切って逃げて行くぐらいでも良いのかもしれないなぁ…。

10/23東京09R 八神峰特別(○)
 2番人気の本命マナクーラが勝利。
 距離相性も良さそうだったのし4戦連続2着と勝ち切れない内容が続いていたので、
 ようやく勝ち切れたというところだろう。
 距離的にはこのぐらいが良さそうなのだが、
 そうなるとレースを選ぶことになるんだよねぇ…。
10/23東京10R 甲斐路S(×)
 4番手評価の3番人気モンテエンが勝利。
 休み明けとはいえ安定感のある馬で、
 中団より前ならどこでも競馬できそうな器用さは今後の強みなってくるかもしれない。
 本命のエーブチェアマンは、10着に惨敗。
 休み明けなのにこんなに減って出てくるなんて…。
 とりあえず、馬体の回復が急務と思われるが…。
10/23東京11R ブラジルC(○)
 3番手評価の3番人気インバルコが勝利。
 関西馬なんだけど、左回りとの相性が良いんですよね、この馬。
 しかも安定感があるし、とりあえず入れとけ的な馬ではありますね。
 対抗で1番人気のフリソが2着に入りワイドゲットも、
 本命のタカオノボルが惜しくも4着でパーフェクトはならず。
 仕掛けが早すぎたかな。若さってやつかもしれませんね。

10/23京都08R かえで賞(○)
 3番手評価の3番人気ヴェアデイロスが勝利。
 鞍上強化が功を奏したというところか。前走もそんなに悪い内容じゃないしね。
 本命のゴーイングパワーは惜しくも2着。
 1枠の利を活かして快調に逃げたが、最後はヴェアデイロスの切れ味に屈した。
 とはいえ、OP2着の実績もあるし、
 競馬を作れる強みがあるので今後も期待できる存在ではある。
10/23京都09R 三年坂特別(○)
 7番人気のエーシンハーバーが勝利。
 休み明けだし、案の定たっぷり体重増やしてるんだけどねぇ…。
 単純に京都コースが向く馬なんだと思う。
 2着に本命のエーシンミズーリが入り、エーシン丼完成。
 今回はエーシンハーバーに気持ちよく行かれてしまったが、
 安定感はこっちの方があるので馬券的にはこっちの方が使いやすくはある。
 今後もこの調子で頑張ってもらいたい。
10/23京都10R 桂川S(×)
 12番人気のナイアードが勝利。
 確かに休み前にOP戦に各上挑戦して惜しい競馬もしてるけど、
 そもそも休み明けだからなぁ…。
 それこそOPで惜しい競馬をしてるわけだから、
 調子さえ良ければ相手次第でいきなりなんとかなるかも…。
 本命のボストンエンペラーは、10着に惨敗。
 休み前から実に12㎏減っているので、疲れてしまってる可能性はある。
 少なくとも実入りが悪くなってる可能性はあるので、しばらくは様子見かなぁ…。
10/23京都11R 菊花賞(×)
 断然の1番人気オルフェーブルが勝ち、見事三冠達成
 しかし、2着、3着とも人気順で決まって馬券ゲットならず。
 ハーバーコマンド惜しかったなぁ。ちょっと仕上げ過ぎたのかもなぁ…。
 相手なりに走れる馬なので、自己条件になるだろう次走に期待だ。
10/23京都12R 京都クラウンプレミアム(○)
 1番人気の本命トウショウフリークが逃げ切り勝ち。
 少頭数とはいえ、1枠から快調に逃げられれば、そりゃ勝ち負けになりますわ。
 この距離との相性が良さそうなので、次もこの距離なら期待して良さそうだ。

10/23新潟10R 岩船特別(○)
 5番人気のサトノシュレンが勝利。
 ワシの評価もそのぐらいだが、そこまで勝ってたらキリがないしなぁ…。
 この馬は、やっぱりハナを主張するのが良いんだろうね。
 本命のダイワリューリンは6馬身離された2着。
 サトノシュレンに気持ち良く行かれた上に、全く止まらないっていうね…。
 今回は相手が悪かったということで、次に期待しよう。
10/23新潟11R  信越S(×)
 11番人気のブルーミンバーが勝利。
 OP昇格後良いところが無かったから、
 OPはちょっと厳しいのかな、とか思ったのですが、
 よく見れば敗因がはっきりしてるような気も…
 (淀短距離Sは輸送のせい、BSN賞は休み明け)。
 その辺を念入りに評価すれば…、やっぱワシには買えないよ、多分。
 本命のスギノエンデバー(12着)を筆頭に、印を打った馬は全滅。
 スタートでつまづく感じになり、その後引っ掛かったらしい。
 この馬もまだ気性が若いようで、
 しかももしかすると左回りもあんまりうまくないのかも…。
 次は京都で走るようだが、ちょっと間隔が狭いようなので、
 その辺が気がかりではある。
10/23新潟12R 金倉山特別(○)
 8番人気のヴァンダライズが勝利。
 今回は後ろから行ったのだが、それが直線の長い新潟コースに合ったのかもしれない。
 でも、そういうのって走ってみないと分からないからねぇ…。
 次もどんな走り方してくるかわからないので、ちょっと買いにくい馬ではある。
 本命のサクラボールドは、惜しくも2着。
 勝ったヴァンダライズの切れ味と、
 3着のプレミアムテーストの差し脚にを相手に回して、
 前めの競馬で唯一掲示板に乗ったのは評価できる。
 ああいうしぶとさがある馬は、複勝なんかを買う上では非常に買いやすい。
 新潟限定かもしれないが、次も期待できる馬ではある。

特に日曜なんかは、「小さく勝って大きく負ける」の典型。
勝負どころの菊花賞、信越Sを外してしまい、他の収入が少ないのでは、
そりゃ勝てませんわ…。
10/29、10/30の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

« 映画 『カウボーイ&エイリアン』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-29 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/53102525

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2011-(39):

« 映画 『カウボーイ&エイリアン』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2011-10-29 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ