« 映画 『哀しき獣』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』(☆☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(1)

1/5の結果
 3勝(初日の出S、初夢S、京都金杯) 3敗
  回収率 116.4%
1/8の結果
 5勝(寒竹賞、迎春S、ジャニュアリーS、許波多特別、寿S) 2敗
  回収率 100.7%
1/9の結果
 2勝(サンライズS、新春S) 4敗
  回収率 52.0%
  年間回収率 93.7%
  通算回収率 71.0%

各レースの反省

1/5中山09R ジュニアC(×)
 3番人気のオメガホームランが勝利。
 休み明けとはいえ、メンバー中唯一のOP経験馬という実績がモノを言ったということか。
 また、同じ中山芝1600mの特別戦で上位入着の経験(芙蓉S4着)もあった。
 この点は2着のセイクレットレーヴ、3着のモエレフルールも同様
 (ともにひいらぎ賞で3着、2着)だったので、
 このレースに関してはその辺りで狙い撃ちできた可能性はある。
 本命のステージスナーヴは6着に敗れる。
 前走新馬勝ちのアーカイブに後れをとってるようじゃぁ、やや力不足かもなぁ…。
1/5中山10R 初日の出S(○)
 8番人気のコンフォーコが勝利。
 正月早々三浦皇成騎手が特別2連勝。
 奥さんのプレッシャーが厳しいんですかねぇ…。
 それはともかく、昇級即通用しそうな感じに見えなかったんでねぇ…。
 何がきっかけなのか、勢いを得た感じなんだろうか。
 さすがにOPでは厳しいんじゃないかなぁとは思うんですがねぇ…。
 本命のデイトユアドリームは、惜しくも3着。
 上位3頭が追込で決まる、完全な上がりの競馬で、
 その中での位置取りの差でこの順位。
 もうひと押しが足りない感じなのかなぁ…。
1/5中山11R 中山金杯(×)
 3番手評価の2番人気フェデラリストが勝利。
 連勝中で中山も2戦2勝。
 中央に入ってからは成績こそ極端だが、坂のあるコースでのパワフルさが身上。
 地方出身なので、ダートでも面白そうな存在ではある。
 しかし、2着にディセンバーSで人気を裏切ったダイワファルコンが入り、
 馬券ゲットはならず。前走は何が悪かったんだろうか…。
 本命のアドマイヤコスモスは、競走中に故障を発生させながらなんとかゴール
 (もちろんビリだけど)。
 「好事魔多し」という言葉もあるが、無事に復帰することを切に願う。

1/5京都09R 初夢S(◎)
 印順まで完璧な入線。
 勝った本命のシルクシュナイダーは、
 近5走で着外が2着入線から降着した見附特別(13着)のみ。
 昇級初戦とはいえ、相手なりに走れるし明け4歳ということで
 成長力でも勝っていたということだろう。
 とはいえ、いつも言うがダートOPクラスは層が厚いので、
 いきなり一線級に通用するほど格別な力があるとは思えないので、
 とりあえず大事にレースを選んで使って行ってもらいたい。
1/5京都10R 万葉S(×)
 9番人気のゴールデンハインドが勝利。
 そう言えば、札幌日経OPの時もこの馬にやられたっけ…。
 なんでこの血統で長距離走ってるんだかわからないわけだが、
 相変わらずノーザンダンサー系ってよぉわからんですわ。
 この馬は多分この距離が向くけど、
 この距離の重賞は絶対数が少ない上に相手が集まるので
 この馬には力不足だということだろう。OPまでの馬と見る。
 本命のメイショウクオリアは、9着に惨敗。
 いくらなんでも体重増え過ぎっていうのもあるけど、
 3000mはこの馬には長すぎるんじゃないかなぁ…。
1/5京都11R 京都金杯(○)
 3番人気の対抗マイネルラクリマが勝利。
 2着の本命ダノンシャークも明け4歳馬で、やはり現在の古馬短距離勢の層の薄さに、
 明け4歳馬が付け込んでいるという構図が見えてくる。
 今回における両馬の差は、OPでの実績の差と思われるが、
 お互いもう少し距離が合ってもいい感じだし、適距離がかぶってるようなので、
 良きライバルとして切磋琢磨し合う関係になるようだと面白そうだ。

1/8中山08R 中山新春ジャンプS(×)
 3番人気のトーセンオーパスが勝利。
 地脚はあるけど、負けが込んでたからちょっと軽視してたんですが、
 前走勝って勝ちの味を思い出したということなんだろうか。
 次の問題は、4000m級の障害戦に対応できるかどうかだろう。
 本命のサトノバロンは惜しくも2着。
 勝てないが負けない、というタイプの馬なのでこの結果ならまぁナットク。
 今回は、地脚の差かなぁ…。
1/8中山09R 寒竹賞(○)
 6番人気のメイショウカドマツが逃げ切り勝ち。
 2番手のキングクリチャンがビリまで潰れたことを考えると、
 今回は鞍上が中舘騎手というのも大きいんじゃなかろうか。
 自分で競馬を作れるのは、今後にとって大きな財産になると思われる。
 本命のセコンドピアットは3着をキープ。
 本命を迷ったジュングルールも2着に入ったので、
 結果的にはどっちを本命にしても良かったわけだが、
 今週はわりとチョイスがうまく行ってるので、その辺りは伸ばして行きたい。
1/8中山10R 迎春S(○)
 2番人気の本命コスモロビンが勝利。
 ワシの想定と違って後ろから行ったんだが、見事な差し切り。
 充実期に入ったかな、これは。
 本来の本命メイショウドンタクも3着に入ってたから、
 結果的にはどっちでもいい感じなんだけど、
 読みを外しながら当たってるって、今がワシの運のピークってこと?
1/8中山11R ジャニュアリーS(◎)
 コッチなんか4着まで印通り。
 勝ったティアップワイルドは、
 OP実績があって、安定感があって、中山実績があるっていう、
 3拍子揃った状態だったからねぇ。
 ハンデキャッパーも力を認めてるわけだし、この相手なら負けられないところだろう。
 フェブラリーSがスプリント戦なら、この馬でも勝負になるんだろうけどねぇ…。
 JBCスプリントに向けて、さらに力をつけてもらいたいね。

1/8京都09R 許波多特別(○)
 1番人気の本命ロードオブザリングが勝利。
 前走の惜しい3着を見ても調子が上向きだったのは間違いないが、
 実入りの充実が大きいのかも知れない。
 パワーアップもしてるっぽいし、坂のある競馬場での活躍にも今後は期待したい。
1/8京都10R 寿S(○)
 11番人気のスイートマトルーフが勝利。
 負けが込んでるんだけど、牝馬とはいえここまでのレース選択が無茶だよなぁ、これは…。
 これは、この馬の実力を反映してない馬柱だってことだね。
 だからって買える馬でもないわけだが…。
 で、OP昇格なわけだが、馬柱を見る限り厳しいと思うんだが…。
 本命のアナバティックは2着。
 タガノエルシコと迷ったわけだが、
 タガノエルシコはワシの中ではこれ以上出世の無い馬だと思ってるので、
 選択正解というよりも、もう確信に近いね。
 安定感のある馬なので、OP昇格のチャンスはまだまだおおいにあるだろう。
1/8京都11R シンザン記念(×)
 2番人気のジェンティルドンナが勝利。
 新馬勝ち即OP勝ちは何度か経験したが、
 未勝利勝ち即OP勝ちまで出てくるとはねぇ…。
 3歳戦は、落ち着くまで厳しい戦いが続きそうだなぁ。
 本命のオリービンは7着に敗れる。
 展開が向かなかったのもあるが、
 先行の馬群が固まっていたせいか外を回らざるを得なかったのも
 この馬には厳しかったことだろう。
 そういう意味では、やはり自分から競馬を作れる馬の方に優位を感じるわけだが…。

1/9中山09R 成田特別(×)
 8番人気のアイノカゼが勝利。
 中山D2400mの持ち時計はトップだから、このコース自体が合うのかもしれない
 (全然時計勝負になってないわけだが)。
 障害戦を1つ叩いて腰の辺りが強くなったのかもしれないなぁ。
 ただ、この距離は絶対数が少ないから、馬券的にニーズが少ないのがねぇ…。
 本命のトレジャーバトルは、11着に惨敗。
 もう去年ほどの力はないのかもなぁ…。
1/9中山10R サンライズS(○)
 2番人気の対抗ダノンフェアリーが勝利。
 3連勝中の勢いと、円高モードのルメールで突き抜けちゃったね。
 この距離じゃいまだ負け知らずで、ここでも短距離の明け4歳馬の勢いを見せた。
 よもや、今年の高松宮記念戴冠まであるかも、と思わせる勢いである。
 次走も要注目である。
 もっとも、馬券的には3着に入ってくれた
 6番人気の本命ミスクリアモンの複勝270円が、断然おいしいわけですが…。
 今回はダノンフェアリーの勢いに屈した感じだが、
 積極的にレースを作っていくスタイルが、この馬には合っていそうな感じはする。
1/9中山11R フェアリーS(×)
 3番人気の対抗トーセンベニザクラが勝利。
 同じようにこの距離で2勝し、中山でも実績のあるチェリーメドゥーサとの違いは、
 OP経験ぐらいかな。
 でも、2着のマイネエポナは未勝利上がりだしなぁ…。
 ラジオNIKKEIの実況でも実力差は紙一重って言ってたし、
 
 本番近くなってメンバーが固まってこないと、難しそうだな、やっぱり…。
 本命のチェリーメドゥーサは追い込んで5着。
 良い脚使ってるが、いかんせんペースと合わなかった。
 切れ味は確かなようなので、賞金さえ積めれば本番でも一角を担う可能性はある。

1/9京都09R 福寿草特別(×)
 10番人気のサイレントサタデーが勝利。
 自分で競馬作れる馬が強いなぁ。
 でもそれって、馬があんまり競馬覚えてないってことかも…。
 本命のヒストリカルは惜しくも4着。
 良い脚は持ってるんですが、展開がちょっと向かなかったかな。
1/9京都10R 新春S(○)
 3番人気のオーセロワが勝利。
 昇級初戦だったし、どっちかというとパワータイプかなと思って軽視してたんですが、
 この馬も逃げ切りか…。
 開幕週だから芝の状態が良いっていうのもあるんだろうなぁ。
 本命のトーホウシンバルは、惜しくもハナ差の2着。
 惜しい競馬が続くなぁ。
 まぁ、安定して力を出してくれているのはありがたいわけなんですが…。
1/9京都11R 淀短距離S(×)
 2番人気のエーシンダックマンも逃げ切り勝ち。
 特別3戦全部逃げ切り勝ちか…。馬場状態が良過ぎだよぅ…。
 対抗のスギノエンデバーが2着、
 本命のドリームバレンチノが3着とワイドなら的中だったが、
 ともに相変わらず状態は良さそうなので
 次も状況次第では逆転も充分だろう。

第1週としては、まぁ悪くないスタート。
とりあえず初重賞もゲットしたし(京都金杯)、
3連複的中予想も2本出たし(初夢S、ジャニュアリーS)、
本命チョイスもとりあえず問題無く機能していたので、
この調子をとりあえずはキープしつつ、
追加される小倉でさらなる上積みを図りたい。
1/14、1/15の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『哀しき獣』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』(☆☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/53705812

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(1):

« 映画 『哀しき獣』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』(☆☆☆☆) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ