« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-01-28 | トップページ | 映画 『ダーク・フェアリー』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」 2012-01-29

東京09R 立春賞(4上1000万下 芝短)
  ◎ ⑮レオパステル
  ○ ⑨サクラゴスペル
  ▲ ⑪セイウンジャガーズ
  △ ⑬ウインドジャズ

東京10R 節分S(4上1600万下 芝短)
  ◎ ⑧ドリームカトラス
  ○ ④ミカエルビスティー
  ▲ ⑪サザンスターディー
  △ ②ミヤビファルネーゼ

東京11R 根岸S(4上GⅢ D短)
  ◎ ⑤ダノンカモン
  ○ ⑭ティアップワイルド
  ▲ ⑫セイクリムズン
 本命は、距離実績の高い⑤。
 今度こそ重賞制覇、かどうかはともかく、
 相手なりには走れるので、とりあえず連軸ということで。
 対抗には、左回りに不安は残るが連勝機の⑭。
 メンバー的には実力上位なので、
 この相手なら左回りでも何とかなるのでは、と見ている。
 3番手には、D1400mで実に7勝を挙げている⑫。
 乗り替わりに不安は残るが重賞実績のある馬なので、
 その辺りの勝負強さに賭けてみたい。

京都09R 春日特別(4上1000万下 芝中)
  ◎ ②ドリームクラフト
  ○ ①ナリタプラチナ
  ▲ ③カルドブレッサ

京都10R 松籟S(4上1600万下 芝長)
  ◎ ⑥ロードオブザリング
  ○ ⑨タニノエポレット
  ▲ ⑪マナクーラ

京都11R 京都牝馬S(4上GⅢ 芝短)
  ◎ ④ショウリュウムーン
  ○ ⑩ビッグスマイル
  ▲ ⑤コスモネモシン
  △ ③ドナウブルー
 本命は、悪く言えばマイルでしか勝てない④。
 ハンデ戦とはいえ、牡馬相手に惜しい競馬ができた前走と同じ斤量で出られるのは、
 このメンバーにおいては大きいと思われる。
 対抗には、条件級でも安定感は買える⑩。
 条件級な分④と斤量差もあるし、
 ローズSでもそれなりに実績を残しているわけだから、勝負になると見ている。
 3番手には、惜しい競馬の続く⑤。
 斤量減は大きなプラス案件だが、やや距離不足の感はあるのでこの評価。
 あとは、休み明けでも京都でしか勝てない③も、
 外人騎手の爆発力に期待したい。

小倉10R くすのき賞(3歳500万下 D中)
  ◎ ⑥スタンドバイミー
  ○ ②[地]ダイリンウィーク
  ▲ ⑬イースターパレード

小倉11R 紫川特別(4上1000万下 芝短)
  ◎ ③グッドルッキング
  ○ ⑪ヤマニンポンプアン
  ▲ ⑧メイショウツガル

小倉12R 小倉城特別(4上500万下 芝中)
  ◎ ⑧マコトサンパギータ
  ○ ②スマートリバティー
  ▲ ⑦マイネルガヴロシュ

« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-01-28 | トップページ | 映画 『ダーク・フェアリー』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます、
さっそく予想です。

01/29 根岸ステークス

◎ 5番 ダノンカモン
○ 12番 セイクリムズン
▲ 11番 テスタマッタ
△ 15番 タイセイレジェンド
△ 8番 ヒラボクワイルド

過去10年、ここをステップにフェブラリーSを制したのが僅か1頭でメイショウボーラー
前哨戦としては寂しい戦績だが、06年勝ち馬ビッググラスや07年勝ち馬ワイルドワンダーが
本番で3着に好走しているように、ここで強い競馬を見せれば
本番でも通用の可能性が出てきそうです。
今年はフェブラリーSと同じ東京1600mで行われた昨秋の
南部杯2、3着馬のダノンカモン、シルクフォーチュンが実績上位ですが、
適距離と思えるダノンカモンが本命です。

01/29 京都牝馬ステークス

◎ 5番 コスモネモシン
○ 11番 アスカトップレディ
▲ 4番 ショウリュウムーン
△ 3番 ドナウブルー
△ 6番 クィーンズバーン

年が明けて最初の牝馬重賞ですね。
ヴィクトリアマイルが創設された06年以降は勝ち馬全てが、
同年のヴィクトリアマイルに出走しており、
09年の覇者ヒカルアマランサスはその本番でも2着に好走している。
ドナウブルーやダンスファンタジア、ビッグスマイルなど賞金加算が命題となる明け4歳世代、
ブエナビスタが引退した牝馬戦線の勢力図を考慮すれば、
例年以上に本番へ向けて重要な一戦となりそです。

先週まで行われていた1回京都開催はとにかく前が止まらない馬場だっただけに、
AコースからBコースに変更された当週は勝敗に大きく左右するが、
本命は充実著しいコスモネオシンが本命です。
カシオペアステークスではダイワファルコンに屈しましたが、その後ダイワが中山金杯を制しており
その時3着だったのがショウリュウムーン
札幌記念でもトーセンジョーダンの0.3秒差の4着
牡馬相手に好走しており、牝馬限定戦ならやってくれると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/53848319

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2012-01-29:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-01-28 | トップページ | 映画 『ダーク・フェアリー』(☆☆☆) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ