« 映画 『ピラミッド 5000年の嘘』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012年第2開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(7)

2/18の結果
 1勝(こぶし賞) 5敗
  回収率 10.0%

 

2/19の結果
 2勝(乙訓特別、河原町S) 5敗
  回収率 22.5%
  年間回収率 61.9%
  通算回収率 70.7%

各レースの反省

2/18東京09R 初音S(×)
 3番手評価の8番人気チャームポットが勝利。
 休み明けだけど、近走内容はそう悪くなかったのでそれなりに評価はしてたんですが…。
 体重を見る限り、2カ月かけてしっかり仕上げてきたようにも見えるしねぇ…。
 本命のビッグスマイルは、5着止まり。
 一本調子の展開なのに思ったより前が止まらなかったのだから、
 後ろから行く馬にはつらかったかなぁ。
 でも、展開の読み方って難しいんだよなぁ…。
2/18東京10R ヒヤシンスS(×)
 1番人気の対抗フリートストリートが勝利。
 ビシッと仕上げてきたっていうのもあるけど、
 鞍上が地方出身の岩田騎手っていうのも大きいと思うんだよね。
 ただ、他の馬が絡んでくれず馬券は外れ。
 本命のキングオブローは、9着に敗れる。
 スプリンターかな、この馬は…。次はファルコンS辺りに向かうようで…。
 今年から1400mになってるようで、また微妙な距離だなぁ…。
 相手次第では相当期待できそうだが…。
2/18東京11R ダイヤモンドS(×)
 ブービー人気のケイアイドウソジンが勝利。
 これだから、展開を読むのが難しいんだっていうんだけどねぇ…。
 むしろ、最近になって後ろめから競馬をしているようだが、
 もともとは前めで競馬をしており、本当はその競馬の方が合ってるみたいだね。
 印を打った馬は2~4着に全部入ってるだけに、惜しいと言えば惜しいわけだが…。
 本命のギュスターヴクライは2着。
 馬券の性質上、この馬だけが連に絡んでも仕方ないわけではあるが、
 この馬自体は本賞金を追加できたのは大きいと思う。
 ただ、時計自体が平凡以下であるので、長距離適性には疑問符がつく。

2/18京都09R こぶし賞(○)
 1番人気の本命カレンブラックヒルが勝利。
 新馬勝ちしている馬も少ないし、
 他の新馬勝ちしてる馬も昇格後イマイチだったからねぇ…。
 陣営は少し欲が出ているようだが、
 正直距離延長はあまり良くなさそうな気もするんだよねぇ…。
2/18京都10R 琵琶湖特別(×)
 3番手評価の11番人気タマモグランプリが勝利。
 さすがにこの斤量なら…、とか思ってたんですが、
 まさか勝っちゃうとはねぇ…。
 次も1000万下で出られるので、
 平坦(と言っていいのかわからんが)な中京ならチャンスはあると思うんだが…。
 本命のトウカイパラダイスは、5着止まり。
 前に行ってる馬では善戦しているが、
 結果的には後ろの馬に有利な展開になってしまったようだ。
 ダートでも一応実績はあるので、長いところならチャンスはまだまだあると思うんだが…。
2/18京都11R 山城S(×)
 3番手評価の1番人気アグネスウィッシュが勝利。
 これも、完全に後ろからの競馬になったね。
 ただ、内枠ということもあったのでちょっと控えめな評価にしてみたんだが、
 この辺りはさすが武豊と言ったところだろうか。
 成長期に入った感があるので、今後も期待だ。
 本命のツルマルジュピターは、7着に敗れる。
 これも、前に行ってる馬としては善戦しているが、
 淀みの無い展開で後半の脚が残ってなかったんだろうねぇ。
 今回は展開が向かなかったということで…。

2/19東京09R セントポーリア賞(×)
 6番人気のメイショウスザンナが勝利。
 確かにここ2戦惜しい競馬だったが、同時にさすが武豊と言ったところだろうか。
 輸送競馬が続いたので、
 ひとまずは疲労の状況を見ながらということになってくるだろう。
 本命のハイクラウンは、10着に惨敗。
 今年の3歳戦は、なかなか前が止まらないのがなぁ…。
 だからと言って、展開予想もしてみようとは、あんまり思わないんだけどねぇ…。
2/19東京10R アメジストS(×)
 2番人気のトランスワープが勝利。
 他にも昇級初戦の馬がいた(例:本命のヴァーゲンザイル)が、
 トランスワープは即通用とは行かないかなぁと思ったんですけどねぇ…。
 ただ、年齢的に上がり目には疑問が残るからなぁ…。
 その本命ヴァーゲンザイルは、5着止まり。
 逃げ切ったトランスワープよりも上がりの脚がないんだから、
 そりゃ差せるわけないわなぁ…。
 時計的にもさほど進展がないし、スピード不足なのかもしれないなぁ…。
2/19東京11R フェブラリーS(×)
 7番人気のテスタマッタが勝利。
 2ハロン目で10秒台が出てるように、先行争いが激しかったことがうかがえる。
 だから、13番手からテスタマッタが飛んできて勝ったり、
 15番手からシルクフォーチュンが飛んできて2着に入ったりしてるんだろう。
 でも、毎回そうなるわけじゃないから、競馬って難しいんだよねぇ…。
 本命のトランセンドは、7着に敗れる。
 今回は外枠というのも災いしたかもなぁ。
2/19東京12R 金蹄S(×)
 2番人気のトーセンアレスが勝利。
 休み明けだし、左回りも特に良さそうな感じしなかったんだけどねぇ…。
 ただ、いちおうOP実績もあるし、昇級後もそこそこ戦えそうな馬ではある。
 本命のコスタパルメーラは、6着に敗れる。
 体重自体は減った方がいい感じはするんだが、減った原因が問題なんだろうなぁ…。

2/19京都09R 乙訓特別(○)
 2番人気の対抗カイシュウコロンボが勝利。
 小倉では着順的にはいいところなしだったが、環境が合わなかったんだろうか。
 鞍上も、四位騎手に固まってくればまた面白いのではなかろうか。
 本命のエーシンウェズンは、なんとか3着をキープ。
 さすがに位置取りが後ろ過ぎたか。
 それでも、きっちり馬券圏内に絡んでくる安定感には、今後も注目だろう。
2/19京都10R 河原町S(◎)
 印順まで完璧な予想。
 勝ったメイショウマシュウは、これまで4着以下になったことの無い馬だけに、
 今後にも期待充分な馬と言えるだろう。
 2着の4番人気エアウルフも、休み明けでこの競馬なのだから
 次も期待充分と言えるだろう。
2/19京都11R 洛陽S(×)
 1番人気の対抗トーセンレーヴが勝利。
 2着の2番人気トウショウフリークともども、連対率の高い馬2頭であっさり決着。
 もっとも、トーセンレーヴはこんなところでモタモタしてる馬じゃないんだろうけどねぇ…。
 本命のガンダーラは、6着に敗れる。
 何でこんなに前行っちゃったかなぁ…。
 平坦じゃなきゃ勝てない馬なんだから、もう少し大事に乗ってもらいたかったなぁ…。

今週は開催全体の反省があるので、こちらではココまで。

« 映画 『ピラミッド 5000年の嘘』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012年第2開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/54053113

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(7):

« 映画 『ピラミッド 5000年の嘘』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012年第2開催を振り返って »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ